ホーム > ニュースな数字 > 金の埋蔵量は、たったの50mプール1つ分だけ

金の埋蔵量は、たったの50mプール1つ分だけ

東京金、27年ぶり高値 一時3490円

 9日の東京工業品取引所の金先物価格は、商いの中心となる2011年2月きりが大幅上昇して一時、1グラム=3490円を付けた。日中取引終値は前日比42円高の3488円。いずれも1983年4月以来、27年ぶりの高値水準。

(2010年4月9日 47NEWS・共同通信)

 金相場が上がっている。上で紹介した記事の通り、現在の相場は1グラム3500円に迫る勢いだ。
 田中貴金属工業のサイトによると、1990年における1グラムあたり小売価格は平均1826円。その後は右肩下がりの傾向が続き、2000年には平均1014円まで落ち込んだ。ところが、アメリカの同時多発テロが起きた2001年を境にグラフは反転。2006年には平均2287円、2008年には平均2937円と上昇してきた。そして、今回の高値。10年前に比べ、金の価格はおよそ3.5倍も上昇したことになる。
 理由はいくつもあるのだろう。米ドルの信用低下によって、ドルを手放し金に交換する動きがあること。近い将来のインフレに備え、インフレ耐性の強い金を保有しようとする人が増えていること。中国やインドなどの新興国を中心に、金保有の動きや、金実需の高まり(不景気で宝飾品としての需要が落ちても、携帯電話など電子部品向けの需要は高まっている)が見られること……。どれも、金の需要を高める方向に作用している。
 一方、供給側にも大きな問題がある。それは、金資源の枯渇だ。アメリカ内務省「ミネラル・イヤーブック」などによると、2000年、2004年、2008年の世界の金生産量は下記の通り。

○2000年
南アフリカ……431トン
アメリカ……353トン
オーストラリア……296トン
中国……180トン
世界……2550トン

○2004年
南アフリカ……341トン
オーストラリア……259トン
アメリカ……258トン
中国……215トン
世界……2430トン

○2008年
中国……285トン
アメリカ……233トン
オーストラリア……215トン
南アフリカ……213トン
世界……2260トン

 世界全体で見た生産量は、8年間で11.4%減少。中国を除き、主な産出国はどこも減産状態に陥っている。特に目をひくのが南アフリカ。産出量は年間200トン強で、これは1990年代初頭の3分の1ほどの水準だ。発掘が容易な鉱山は、既に掘り尽くしてしまったとも言われている。
 社団法人日本金地金流通協会Q&Aページによると、有史以来の金の産出量は、わずか14万6000トン。金の比重は19.3なので、今、世界中にある金を全て集めると、その容積は下記のようになる。
14万6000トン÷19.3=7565m3
 これは、長さ50m×幅25m×深さ2mのプール(2500m3)3つ分の量にしかならない。
 一方、金の埋蔵量は、5万トンから6万トンとされている。容積で言えば、2600m3から3100m3といったところ。つまり、地下に残っている金は、プール1つ分しかないというわけだ。
 まだ掘り起こされていないものも含めても、世界中でわずかプール4つ分。それだけしかないものを全人類が奪い合うんだから、そりゃ、値段も上がるし、戦争も起こるわなあ。

 それとともに、今後は金の拡散を防ぐ作業が重要になるはず。今、金は携帯電話やデジタル家電の部品の一部として、世界中にばらまかれつつあるのだ。いわば、プールの水は刻々と漏れ出しつつあるわけ。

 独立行政法人物質・材料研究機構によれば、電子部品などに含まれている再生可能な金は、日本国内に6800トンもあるという。これは、世界の金生産量の3年分に相当。今後、日本の金属リサイクル施策は、もっともっと強化されるはずだ。携帯電話などのリサイクルが義務化される日も、さほど遠くないかも知れない。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:1

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2010/04/10/%e9%87%91%e3%81%ae%e5%9f%8b%e8%94%b5%e9%87%8f%e3%81%af%e3%80%81%e3%81%9f%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%81%ae50m%e3%83%97%e3%83%bc%e3%83%ab1%e3%81%a4%e5%88%86%e3%81%a0%e3%81%91/trackback/
トラックバックの送信元リスト
金の埋蔵量は、たったの50mプール1つ分だけ - 白谷のノート(3冊目) より
trackback - 放射線から家族を守る 便利な災害対策グッズ より 2011年5月21日

京都大と九州大のチーム、パラジウムと同質…

京大凄すぎワロタ レアメタルのパラジウムと同質の合金を作成成功 中国ざまあああああああああああああhttp://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1305982578/1:名無しさん@涙目です。(チベット…

ホーム > ニュースな数字 > 金の埋蔵量は、たったの50mプール1つ分だけ

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る