ホーム > ニュースな数字 > 一人負けのドコモ、スマートフォン時代到来で逆襲か?

一人負けのドコモ、スマートフォン時代到来で逆襲か?

iPad効果でソフトバンクが首位キープ

 携帯電話通信各社が7日発表した2010年5月の携帯電話契約の純増数によると、ソフトバンクモバイルが25万1100件となり、4月に続き2カ月連続で首位を保った。

(2010年6月7日 msn産経ニュース)

 総務省統計局の「人口推計月報(平成22年5月)」によると、2010年5月時点における日本の15歳以上人口は1億1043万人。一方、社団法人電気通信事業者協会によれば、2010年5月末時点の携帯電話・PHS契約数の合計は、1億1713万件に達している。既に「1人1台」は実現。携帯電話の普及率は、天井に近い。
 そんな中、ソフトバンクは順調に契約数を伸ばしているようだ。報道によれば、4月と5月の契約純増数はともに20万件を超え、NTTドコモ(5月の純増数11万3200件)、KDDI(5月の純増数5万4700件)といったライバルを大きく引き離している。iPadの契約分が上乗せされる6月も、恐らく純増数首位の座を維持できるだろう。

 ところで、ここ数年の大手携帯電話キャリアの契約数は、どのように推移しているのだろうか? 電気通信事業者協会の「携帯電話・PHS契約数」ページで、3大キャリアの、2005年5月以降の契約数と、対前年比を調べてみた。

  NTTドコモ KDDI ソフトバンク 3社合計
2005年5月 4925万件 1996万件 1496万件 8418万件
2006年5月 5153万件

(4.6%増)

2331万件

(16.8%増)

1522万件

(1.8%増)

9007万件

(7.0%増)

2007年5月 5277万件

(2.4%増)

2790万件

(19.7%増)

1624万件

(6.6%増)

9691万件

(7.6%増)

2008年5月 5355万件

(1.5%増)

3029万件

(8.6%増)

1895万件

(16.7%増)

1億0279万件

(6.1%増)

2009年5月 5475万件

(2.3%増)

3095万件

(2.2%増)

2084万件

(10.0%増)

1億0655万件

(3.7%増)

2010年5月 5635万件

(2.9%増)

3203万件

(3.5%増)

2234万件

(7.2%増)

1億1072万件

(3.9%増)

05年5月から

10年5月の伸び率

14.4% 60.5% 49.3% 31.5%

 5年間で、大手3社の総契約件数は31.5%増えた。この間、KDDIの契約件数は60.5%、ソフトバンクは49.3%伸びている。ところが、NTTドコモの契約件数は14.4%しか増えていない。その結果、3社の中でのNTTドコモのシェアは、5年間で58.5%から50.9%に低下。現在も、地盤沈下に歯止めがかからない状況だ。
 ただし、他の2社も安穏としてはいられない。KDDIは、番号ポータビリティ制度が導入された2006年前後、端末のデザイン性、音楽との親和性の高さ、いち早いパケット定額制の導入などで人気を集めた。しかし、この2年ほどは停滞。とりわけ、「2台目需要」を狙う上で武器となるスマートフォン分野で出遅れたのが痛い。また、「新サービスを打ち出す企業」というイメージも、いつの間にか薄れてきたように思える。
 そして、現在絶好調のソフトバンクも問題を抱えている。中でも深刻なのが、パケット定額制見直し問題だ。後発であるソフトバンクは、NTTドコモに比べてインフラ面で遅れを取っていると言われる。一方、ソフトバンク最大の武器であるiPhoneやiPodといった端末は、ネットに接続される頻度が極めて高い。今後、データの通信量が大幅に増えた場合、ソフトバンクは対応できるのだろうか? 折しも、アメリカでiPhoneを販売しているAT&Tが、パケット定額制プランを廃止して従量制プランの導入を決めた(6月4日付けITmedia「AT&TがiPhoneのパケット定額廃止、日本は大丈夫? 『悩ましい問題』とソフトバンク孫社長」参照)。iPhone、iPadが売れることは、ソフトバンクにとって諸刃の剣であるのだ。

 携帯電話市場が飽和するのは、時間の問題だ。新規顧客の開拓はますます難しくなり、ゼロサムゲームの様相が強まる。一方、スマートフォンがさらに普及すると、利用者1人あたりのデータ通信料は飛躍的に伸びるはず。そこで問題になるのが、各社のインフラ整備状況だ。
 この数年間は「草刈り場」になっていたNTTドコモ。しかし、その資金力はインフラ整備で強みを発揮しそう。1人負けを喫していた巨人が逆襲に転じる可能性は、十分にあると見る。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:2

BLITZ 2010年7月22日

スマートフォンの普及は、各キャリアにとって今後のカギを握るでしょう。

iPhoneを抱えるSBが一歩リードしているけど、
電波のカバーエリアは、全国的にまだまだdocomoです。

商品の普及に伴い、基地局の増設が急務のようです。

白谷 2010年7月22日

iPhoneの商品力は圧倒的ですねえ。
ただ、スマートフォンを活用できる層って、
言うほど多くないような気もします。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2010/06/07/%e4%b8%80%e4%ba%ba%e8%b2%a0%e3%81%91%e3%81%ae%e3%83%89%e3%82%b3%e3%83%a2%e3%80%81%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%b3%e6%99%82%e4%bb%a3%e5%88%b0%e6%9d%a5%e3%81%a7%e9%80%86/trackback/
トラックバックの送信元リスト
一人負けのドコモ、スマートフォン時代到来で逆襲か? - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 一人負けのドコモ、スマートフォン時代到来で逆襲か?

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る