ホーム > ニュースな数字 > アフリカ勢の戦績は1勝4分7敗~南アW杯は「地元の利」が生きない大会

アフリカ勢の戦績は1勝4分7敗~南アW杯は「地元の利」が生きない大会

南米5カ国、各組でトップ 戦術の「世界共通化」影響

 1次リーグ2戦目を終え、南米勢は10戦して8勝2分け。5カ国すべてが各組の首位に立った。南米の全チームが決勝トーナメントに進出すれば、32カ国が参加するようになった1998年大会以降、初めての記録になる。欧州以外で開催された8度のW杯は、すべて南米勢が優勝している、というデータもある。

(2010年6月22日  朝日新聞)

北朝鮮惨敗、アジア勢苦戦で出場枠削減も

 北朝鮮がポルトガルに大量7点を奪われる惨敗を喫した。

 今大会で4点以上を失ったのは、いずれもアジア連盟の代表(21日現在)。アジアの出場枠「4・5」を守るためにも、奮起が望まれる。

(2010年6月22日  読売新聞)

 サッカー・ワールドカップのグループリーグは、全チームが2試合を消化した。
 昨日の記事「3分の1以上が引き分けのW杯~元凶は前回より11.5%も低い『枠内シュート率』」でも触れたが、今回のワールドカップではヨーロッパの強豪国が苦戦している。一方、南米勢は絶好調だ。ブラジル、アルゼンチンの2強は相変わらずの強さを発揮しているし、チリ、パラグアイ、ウルグアイも、いまだ負けなし。上で紹介した朝日新聞の記事にもあるとおり、全ての国が各グループで首位に立っている。また、読売新聞ではアジア勢の苦戦が指摘されているようだ。

 ここで、現時点における各地域の勝敗、勝ち点、得失点をまとめておく。

※アジア勢は、オーストラリア、韓国、北朝鮮、日本の4カ国。アフリカ勢は、アルジェリア、ガーナ、カメルーン、コートジボワール、ナイジェリア、南アフリカの6カ国。オセアニア勢はニュージーランドの1カ国。南米勢はアルゼンチン、ウルグアイ、チリ、パラグアイ、ブラジルの5カ国。北中米勢はアメリカ、ホンジュラス、メキシコの3カ国。ヨーロッパ勢はイタリア、イングランド、オランダ、ギリシャ、スイス、スペイン、スロバキア、スロベニア、セルビア、デンマーク、ドイツ、フランス、ポルトガルの13カ国。

地域 勝ち

(勝率)

分け

(分け率)

負け

(敗率)

勝ち点

(1試合毎)

得点

(1試合毎)

失点

(1試合毎)

アジア勢 2 1 5 7 6 19
25.0% 12.5% 62.5% 0.88 0.75 2.38
アフリカ勢 1 4 7 7 6 15
8.3% 33.3% 58.3% 0.58 0.50 1.25
オセアニア勢 0 2 0 2 2 2
0.0% 100.0% 0.0% 1.0 1.0 1.0
南米勢 8 2 0 26 18 4
80.0% 20.0% 0.0% 2.60 1.80 0.40
北中米勢 1 3 2 6 6 7
16.7% 50.0% 33.3% 1.00 1.00 1.17
ヨーロッパ勢 10 8 8 38 29 20
38.5% 30.8% 30.8% 1.46 1.12 0.77
※全体の平均 34.4% 31.3% 34.4% 1.34 1.05 1.05

  比較のため、前回ドイツ大会のグループリーグ終了時点の成績も掲載しよう。

※アジア勢はイラン、韓国、サウジアラビア、日本の4カ国。アフリカ勢は、アンゴラ、ガーナ、コートジボワール、チュニジア、トーゴの5カ国。オセアニア勢はオーストラリアの1カ国。南米勢は、アルゼンチン、エクアドル、パラグアイ、ブラジルの4カ国。北中米勢はアメリカ、コスタリカ、トリニダードトバゴ、メキシコの4カ国。ヨーロッパ勢はイタリア、イングランド、ウクライナ、オランダ、クロアチア、スイス、スウェーデン、スペイン、セルビアモンテネグロ、チェコ、ドイツ、フランス、ポーランド、ポルトガルの14カ国。

地域 勝ち

(勝率)

分け

(分け率)

負け

(敗率)

勝ち点

(1試合毎)

得点

(1試合毎)

失点

(1試合毎)

アジア勢 1 4 7 7 9 24
8.3% 33.3% 58.3% 0.58 0.75 2.00
アフリカ勢 3 3 9 12 14 23
20.0% 20.0% 60.0% 0.80 0.93 1.53
オセアニア勢 1 1 1 4 5 5
33.3% 33.3% 33.3% 1.33 1.67 1.67
南米勢 8 1 3 25 22 7
66.7% 8.3% 25.0% 2.08 1.83 0.58
北中米勢 1 3 8 6 9 22
8.3% 25.0% 66.7% 0.50 0.75 1.83
ヨーロッパ勢 23 10 9 79 58 36
54.8% 23.8% 21.4% 1.88 1.38 0.86
※全体の平均 38.5% 22.9% 38.5% 1.33 1.67 1.67

 まずは南米。今大会の1試合あたり勝ち点は驚きの2.60で、他の地域を全く寄せ付けない水準。これに対し、やはりヨーロッパは大変な状況だ。前回は1試合あたり勝ち点が1.88で、南米(2.08)と遜色なかった。ところが、今回は1.46と激減。勝率も4割を切ってしまっている。
 苦戦が伝えられているアジア勢だが、1試合あたりの勝ち点は、前回の0.58から0.88と上向いている。今後、日本と韓国が決勝トーナメント進出できれば、現在の出場枠を確保できる公算は高まるだろう。また、北米中勢も、前回と比べれば好成績を挙げている。
 問題は、地元アフリカ勢だ。12試合を終えた段階で、勝利を収めたのはガーナ(1勝1分)だけ。1試合あたり勝ち点はわずか0.58で、他の地域より格段に低い。とりわけ深刻なのは、1試合あたりわずか0.5点という得点力の低さだろう。

 前回ドイツ大会で、開催国ドイツは3位。2002年日韓大会では、日本がベスト16、韓国がベスト4入りを果たした。そして、1998年フランス大会では、フランスが初優勝を飾っている。一般に、ワールドカップには「地元の利」があると言われるが、今回はそれが全く生かされていない。
 南アフリカは現時点で、0勝1分1敗。「開催国初のグループリーグ敗退」という危機が、ひたひたと迫っている。果たして今日の対フランス戦、地元の意地を見せられるだろうか?

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2010/06/22/%e3%82%a2%e3%83%95%e3%83%aa%e3%82%ab%e5%8b%a2%e3%81%ae%e6%88%a6%e7%b8%be%e3%81%af1%e5%8b%9d4%e5%88%867%e6%95%97%ef%bd%9e%e5%8d%97%e3%82%a2w%e6%9d%af%e3%81%af%e3%80%8c%e5%9c%b0%e5%85%83%e3%81%ae/trackback/
トラックバックの送信元リスト
アフリカ勢の戦績は1勝4分7敗~南アW杯は「地元の利」が生きない大会 - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > アフリカ勢の戦績は1勝4分7敗~南アW杯は「地元の利」が生きない大会

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る