ホーム > ニュースな数字 > 原発のある町村のうち、約4割が「不交付団体」の座を維持

原発のある町村のうち、約4割が「不交付団体」の座を維持

横浜、千葉、名古屋が交付団体へ 22年度地方交付税 景気低迷で不交付団体が半減

 原口一博総務相は23日午前の閣議で、地方自治体の財源不足を補う普通交付税の配分額を示す「平成22年度普通交付税大綱」を報告した。景気後退による法人税収の落ち込みで、政令指定都市ではさいたま、千葉、横浜、相模原、名古屋の5市が交付団体に転落、不交付団体は75自治体と平成に入って最小となった。

(2010年7月23日 msn産経ニュース)

 景気の低迷によって、地方自治体の財政状況が悪化している。総務省の報道資料「平成22年度普通交付税の算定結果等」ページによると、2009年度の不交付団体(地方税などの税収が十分で、地方交付税交付金を受けなくても済む地方自治体)数は152。ところが、2010年度には75団体と半数以下に落ち込んだ。

 「平成22年度普通交付税の算定結果等」を眺めていると、あることに気付く。税収が多くて財政力に余裕のある地方自治体は、おおよそ4つに分類できるのだ。
 1つ目は、東京近郊の人口密集地帯だ。都道府県のうち、不交付団体とされているのは東京都のみ。また、74ある市町村の不交付団体のうち、39.2%にあたる29団体が、埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県にある。やはり、首都圏には富が集中しているのだ。
 2つ目は、超大型企業の「企業城下町」。最も多くの不交付団体を抱える都道府県は愛知県(16団体)で、2位の神奈川県(10団体)、3位の東京都(8団体)を大きく引き離している。これらの自治体が潤っているのは、言うまでもなく、トヨタ(豊田市)、デンソー(刈谷市)といった自動車関連企業があるから。他にも、茨城県鹿嶋市(住友金属工業)、三重県亀山市(シャープ)といったあたりが、企業城下町として潤う自治体の代表格だろう。
 3つ目は、有力な観光スポットを抱える自治体。東京ディズニーランドのある浦安市をはじめ、新潟県湯沢町、長野県軽井沢町などが該当する。
 そして4つ目は、発電所の関連施設が域内にある自治体だ。特に、原子力発電所のおかげで裕福な自治体が目立つ。Wikipediaの「原子力発電所」ページによれば、日本国内で現在稼働中の発電所は18カ所。そのうち、北海道泊村(北海道電力泊発電所)、宮城県女川町(東北電力女川原子力発電所)、福島県大熊町(東京電力福島第一原子力発電)、新潟県刈羽村(東京電力柏崎刈羽原子力発電所)、茨城県東海村(日本原子力発電東海第二発電所)、静岡県御前崎市(中部電力浜岡原子力発電所)、佐賀県玄海町(九州電力玄海原子力発電所)の7カ所(38.9%)が不交付団体となっている。
 これらの自治体は、人口にも地場産業にも観光資源にも恵まれていない。そうした地域にとって、原発は「命の綱」なのであろう。最大級の「迷惑施設」を誘致し、その結果、自治体の財政は潤っている。だが、老朽化が進んだり、原子力発電政策の方針変更が行われて施設がなくなった場合はどうなるのだろうか?
 ちょっと想像しただけで寒くなるような話だが、そんな疑問がふと湧いたニュースだった。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2010/07/23/%e5%8e%9f%e7%99%ba%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%8b%e7%94%ba%e6%9d%91%e3%81%ae%e3%81%86%e3%81%a1%e3%80%81%e7%b4%844%e5%89%b2%e3%81%8c%e3%80%8c%e4%b8%8d%e4%ba%a4%e4%bb%98%e5%9b%a3%e4%bd%93%e3%80%8d%e3%81%ae/trackback/
トラックバックの送信元リスト
原発のある町村のうち、約4割が「不交付団体」の座を維持 - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 原発のある町村のうち、約4割が「不交付団体」の座を維持

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る