ホーム > ニュースな数字 > 日本の囲碁・名人戦の持ち時間は、世界戦に比べて2.67倍も長い

日本の囲碁・名人戦の持ち時間は、世界戦に比べて2.67倍も長い

世界囲碁名人争覇戦、井山名人が敗退

 日中韓3カ国の「名人」のタイトルを持つ棋士が競う「中国常徳杯・世界囲碁名人争覇戦」(人民日報社、中国囲棋協会主催、朝日新聞社後援)の第2戦は25日、中国湖南省常徳市で打たれ、中国の古力(クー・リー)名人(27)が日本の井山裕太名人(21)に白番4目半勝ちした。これで井山名人の敗退が決定した。

(2010年7月25日 朝日新聞)

 国際棋戦で、また日本の棋士が敗れた。

 上の記事によれば、井山名人は「途中までは僕のほうが形勢が良かったと思う。決め手もあったはずだが、秒読みになってから何度もミスをしてしまった」と話しているそうだ。
 世界囲碁名人争覇戦の持ち時間は、各3時間となっている。これに対し、日本における名人戦の持ち時間は各8時間で、世界戦より2.67倍長い。持ち時間に対する感覚のずれが、井山名人の敗因の1つであった可能性は否定できない。

 日本、韓国、中国には、それぞれ「7大棋戦」と呼ばれるタイトル戦がある。それらの持ち時間と、代表的な国際棋戦の持ち時間をまとめたのが下の表だ。情報は全て、井上徳昭さんが運営しているサイト「囲碁データベース」を参照させていただいた。

  棋戦名 持ち時間
日本 棋聖戦 8時間
名人戦 8時間
本因坊戦 8時間
十段戦 4時間
天元戦 3時間
王座戦 3時間
碁聖戦 4時間
韓国 名人戦 2時間
電子ランド杯・王中王戦 10分
GSカルテックス杯プロ棋戦 3時間
十段戦 10分
国手戦 3時間
物価情報杯プロ棋戦 10分
バッカス杯・天元戦 1時間
中国 倡棋杯プロ棋士戦 3時間30分
天元戦 3時間
阿含桐山杯・早碁オープン戦 なし(1手30秒)
NEC杯・早碁戦 なし(1手30秒)
リコー杯囲碁戦 3時間
招商銀行杯・中国圍棋電視快棋戦 なし(1手30秒)
名人戦 3時間
国際棋戦 応昌期杯・世界プロ囲碁選手権戦 3時間30分
BCカード杯世界選手権戦 2時間
LG杯・世界棋王戦 3時間
三星火災杯・ワールド囲碁マスターズ 2時間
春蘭杯・世界プロ囲碁選手権戦 3時間
富士通杯・世界囲碁選手権戦 3時間

 ご覧の通り、国際棋戦の持ち時間は2~3時間というところが多い。韓国・中国でも、早碁を除いた棋戦の持ち時間は、3時間制が中心だ。これに対し、日本のタイトル戦の持ち時間は長い。とりわけ、棋聖戦・名人戦・本因坊戦の3大タイトルは、どれも2日制・持ち時間各8時間で行われている。3時間という持ち時間に不慣れな点は、国際棋戦に出場する日本の棋士にとって、かなりの足かせになっているのだ。

 しかし、国際棋戦に合わせて2日制のタイトル戦を廃止する必要は、全くないと思っている。なぜなら、2日制タイトル戦には、日本独自の「囲碁観」が反映されているからだ。

 韓国・中国における囲碁は、「勝負」であり「競技」だ。彼らは限られた時間のなかで、「最善手」ではなく「相手に勝つための手」を繰り出し、徹底して勝負にこだわる。序盤の、いくら考えてもきりがないような局面で、無駄に時間を使うことは少ないという印象だ。
 これに対し、日本の囲碁は「芸」の色合いが濃い。局面での最善手を求め、時に序盤でも湯水のように時間を使う。その代表格が、昨年亡くなった梶原武雄氏だろう。2日制の対局で1日目に9手しか打たず、「今日の蛤は重い」とつぶやいたエピソードは有名。Wikipediaで紹介されている「碁は序盤こそが学問、中盤は戦争屋に、終盤は能吏にまかせておけばよい」というセリフも、いかにも梶原先生らしいものだ。勝負よりも、美しい碁を打つ方が、優先順位はずっと高いのだ。
 このあたりの事情は、総合格闘技とプロレスとの関係に似ている。ロマンを大切にするプロレスは、勝利だけを一直線に求める総合格闘技に駆逐されかけた。だが、テレビのゴールデンタイム枠から追い出されても、プロレスを愛する人はまだまだたくさんいる。僕も、国際棋戦の流れから遅れていようが、2日制にこだわる日本の囲碁が好きなのだ。

 もちろん、韓国や中国の棋士に、日本の棋士が負け続けるのはつらい。藤沢秀行、林海峰、大竹英雄、加藤正夫、石田芳夫、武宮正樹、小林光一、そして趙治勲といった巨人たちが激しく争っていた1980年代のように、日本の囲碁界が輝きを取り戻して欲しい。そのためには、井山名人と同世代のライバルが、国内にもう1人登場することが必要。20歳前後で、韓・中の若手に対抗できる有望株が現れることを、心から期待している。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:3

つりきち 2010年7月28日

こんにちは。

>2日制にこだわる日本の囲碁が好きなのだ。
私もそうです。

>その差は2.67倍
その差は5時間です。

白谷 2010年7月28日

つりきちさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
>>その差は2.67倍
>その差は5時間です。
確かに仰るとおりですね。
該当部分を修正させていただきました。
ご指摘感謝します。

日本人 2016年5月20日

プロレスと総合格闘技の例えは、どう考えも違う気がする。日本の囲碁はストーリーの決まっている八百長かい。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2010/07/26/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e5%9b%b2%e7%a2%81%e3%83%bb%e5%90%8d%e4%ba%ba%e6%88%a6%e3%81%ae%e6%8c%81%e3%81%a1%e6%99%82%e9%96%93%e3%81%af%e3%80%81%e4%b8%96%e7%95%8c%e6%88%a6%e3%81%ab%e6%af%94%e3%81%b9/trackback/
トラックバックの送信元リスト
日本の囲碁・名人戦の持ち時間は、世界戦に比べて2.67倍も長い - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 日本の囲碁・名人戦の持ち時間は、世界戦に比べて2.67倍も長い

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る