ホーム > ニュースな数字 > テレビの「ながら視聴」時間は35.6%~裸眼対応しなければ3Dテレビの普及は不可能

テレビの「ながら視聴」時間は35.6%~裸眼対応しなければ3Dテレビの普及は不可能

3Dテレビ全然売れない!主要4社参戦も「期待外れ」

 3D(3次元)立体映像テレビの国内主要4社の製品が出そろった。3Dビデオカメラなど周辺機器の投入も相次いでいる。ただ、薄型テレビの販売台数全体に占める割合はわずか1%程度にとどまり、今年を「3D普及元年」とするかけ声とは裏腹に、今のところは期待外れとなっている。

(2010年7月29日 zakzak)

 テレビ局や新聞社にとって、家電メーカーは重要な顧客。だから、メーカーが最も注力している3Dテレビにケチをつけるニュース・記事は、なかなか表に出てこない。だが、多くの人は思っているはずだ。「3Dテレビなど、売れるはずがない」と。
 上で紹介した記事は、3Dテレビが期待ほど売れていない現状を伝えている。そして、普及していない原因について、3D対応ソフトの不足と、割高な価格を挙げている。もちろん、その2つは大きな障害だろう。しかし、それより重大な問題がある。それは、現在の3Dテレビが、「ながら視聴」に全く対応できないということだ。

 NHK放送文化研究所の「2005年国民生活時間調査報告書」によれば、日本人の平均テレビ視聴時間は、1日あたり3時間39分。このうち、テレビだけを見ている「専念視聴時間」は2時間21分に過ぎない。35.6%にあたる1時間18分は、他のことをしながらテレビを見る「ながら視聴」なのだ。なかでも、主婦や自営業者、30~50代の女性といった層の「ながら視聴」時間は多い。
 しかも、これは2005年のデータだ。この5年間で、テレビをめぐる環境は大きく変わった。gooリサーチの「『メディア利用状況』に関する調査結果」によれば、テレビを見ながらPCでインターネットやメールを利用する人は64.1%。テレビを見ながら携帯電話でインターネットやメールを利用する人は46.8%。特に、若年層ほどテレビとネットを並行利用する傾向が強い。インターネットの普及で、「テレビをつけっぱなしにしながらネットを使う」という場面が、大幅に増えているのだ。

 テレビのニュース番組を流しながら、出勤の支度をする。生活情報番組を見ながら家事をする。食事中に、バラエティ番組をちら見しながら家族の会話を楽しむ。スポーツ中継や話題のドラマを見ながら、ツイッターやSNSでリアルタイムの会話を楽しむ……。そのようなスタイルでテレビを楽しむ人は、明らかに増えている。ところが、3Dテレビでは「ながら視聴」は不可能だ。なぜなら、現状の3Dテレビを見るには、専用のメガネが欠かせないから。メガネをかけたら最後、メールも家事もできない。後はただ、テレビ画面に向かってじっと座るだけだ。
 3Dテレビの最大のボトルネックは、「ながら視聴」を妨げる専用メガネだ。だから、裸眼でも楽しめる機種が開発されるまで、普及などあり得ない。

 「ながら派」の一員である僕は、そう確信している。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:2

BLITZ 2010年7月31日

ラジオを「聴きながら」はあっても、テレビを「見ながら」はないかも。
やはり画面を見てしまいます。

高品位テレビ→ハイビジョンとして商品化されるまで、20年以上の時間がかかり、当初は重くて高額でした。
3Dにしても、専用メガネが必要なうちは、普及しないでしょう。

白谷 2010年7月31日

BLITZさん、こんにちは。
.
実は、我が家にはラジオの受信機が一つもありません。
ガキの頃は、オールナイトニッポンをはじめ、
ラジオばっかり聞いてたんですけどね。
.
でも、ラジオって「ながら」向きのメディアですよね。
業界団体などが強引にテレビの3Dを進めたら、
ラジオの復権もあるかもしれないと思ったりします。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2010/07/30/%e3%83%86%e3%83%ac%e3%83%93%e3%81%ae%e3%80%8c%e3%81%aa%e3%81%8c%e3%82%89%e8%a6%96%e8%81%b4%e3%80%8d%e6%99%82%e9%96%93%e3%81%af35-6%ef%bc%85%ef%bd%9e%e8%a3%b8%e7%9c%bc%e5%af%be%e5%bf%9c%e3%81%97/trackback/
トラックバックの送信元リスト
テレビの「ながら視聴」時間は35.6%~裸眼対応しなければ3Dテレビの普及は不可能 - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > テレビの「ながら視聴」時間は35.6%~裸眼対応しなければ3Dテレビの普及は不可能

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る