ホーム > アーカイブ > 2010年8月6日のアーカイブ

2010年8月6日のアーカイブ

中学3年生の29人に1人が不登校~学年が上がるほど不登校率も上昇

不登校は12万2000人 学校基本調査

 8月6日、文科省は学校基本調査、児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査の速報を発表した。速報によると昨年度の長期欠席者数(年間30日以上)は18万1000人で前年度より1万1000人減少した。このうち、不登校は2年連続で減少し、12万2000人(前年度比4500人増)。全児童に占める割合は1・15%だった。

(2010年8月6日 全国不登校新聞社「Fonte」)

 1年間に30日以上学校を欠席する「不登校」状態の小・中学生は、1997年度に10万人の大台を突破。2001年には13万8722人と、過去最高を更新した。2009年度の不登校者数は12万2000人あまり。上の記事でも書かれているようにここ2年は減少傾向だが、それでも、依然として高い水準にあると言える。
 下の表は、「学校基本調査」と、「平成21年度児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」をもとに、学年ごとの不登校者数、不登校率(不登校者数÷全児童・生徒数)を算出したもの。なお、「中学校」の項目には、中等教育学校(中高一貫教育の学校で、中学校に相当する課程)も含んでいる。

  在学者数 不登校者数 不登校率
小学1年 114万2706人 1080人 0.09%
小学2年 116万9019人 1612人 0.14%
小学3年 117万6304人 2561人 0.22%
小学4年 118万2002人 3765人 0.32%
小学5年 120万0634人 5769人 0.48%
小学6年 119万2941人 7540人 0.63%
小学校合計 706万3606人 2万2327人 0.32%
中学1年 119万9995人 2万2384人 1.87%
中学2年 118万0887人 3万5502人 3.01%
中学3年 123万1865人 4万2219人 3.43%
中学校合計 361万2747人 10万0105人 2.77%
小・中学校合計 1067万6353人 12万2432人 1.15%

 不登校児童・生徒の割合は、学年が上がるごとに高くなる。中学3年生の不登校率は3.43%。29人に1人は不登校に陥っているわけだ。また、小6と中1における不登校率の差は1.24%、中1と中2の差は1.14%。他に比べて伸び率が突出しており、この時期が子供にとって「つまずきやすい季節」であることを示している。

 なお、不登校率が最も低いのは秋田県で、0.85%。全国平均(1.15%)の74%、最も高い神奈川県(1.40%)の61%に過ぎない。
 秋田県といえば、2010年7月30日付けmsn産経ニュース「【学力テスト】都道府県で反応さまざま 『格差の現実、直視必要』」などでも伝えられているように、学力上位県として知られる。不登校と学力の間に相関関係はあるのか。また、秋田県の教育方法には際だった特色があるのか。ぜひ、続報を追いかけてみたいと思う。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


ホーム > アーカイブ > 2010年8月6日のアーカイブ

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る