ホーム > ニュースな数字 > 浦和の試合あたり観客数はJ初年度の4倍に。一方、東京Vは6分の1に激減

浦和の試合あたり観客数はJ初年度の4倍に。一方、東京Vは6分の1に激減

【Jリーグ】開幕からの通算入場者数が1億人を突破

 Jリーグは8日、1993年に始まったリーグ戦の通算入場者数が同日で1億人を突破したと発表した。ヤマザキナビスコ・カップや年間王者を決めるチャンピオンシップなどを除き、1部(J1)と2部(J2)の合計8055試合で、1億9816人になった。

(2010年8月8日 msn産経ニュース)

 Jリーグが発足してから、今年で18年目。ついに、通算入場者数が1億人を突破した。
 1試合あたりの入場者数が最も多かったのは、発足2年目の1994年。2万人近い入場者が、毎試合スタジアムを埋めていた。いわゆる「Jリーグバブル」が起こり、入場券がプラチナチケット化していた時期だ。ところが、そこから転げ落ちるのはあっという間だった。1997年の1試合あたり入場者数は1万人割れ寸前まで落ち込み、しばらく低空飛行が続いた。
 潮目が変わったのは2001年。日韓ワールドカップの前年だ。1試合あたり入場者数は、50%近くも伸びた。そして、その後も着実に動員数はアップ。2007年以降は1万9000人台を維持し、ピーク時に迫る勢いを示している。

 しかし、全てのクラブが入場者数を伸ばしているわけではない。上手くいっているところもあれば、そうでないところもある。そこで今回は、Jリーグ公式サイトの「年度別入場者数推移(J1)」「年度別入場者数推移(J2)」をもとに、2つのクラブの1試合あたり入場者数を比較してみよう。浦和レッドダイヤモンズ(レッズ)と、東京ヴェルディ1969(ヴェルディ)だ。

  J1平均 浦和レッズ 東京ヴェルディ
1993年 1万7976人 1万1459人 2万5235人
J1・10位 J1・1位
1994年 1万9598人 1万8475人 2万4926人
J1・12位 J1・1位
1995年 1万6922人 1万9560人 2万0834人
J1・4位 J1・1位
1996年 1万3353人 2万4329人 1万7653人
J1・6位 J1・7位
1997年 1万0131人 2万0504人 1万0933人
J1・10位 J1・15位
1998年 1万1982人 2万2706人 1万3338人
J1・6位 J1・12位
1999年 1万1658人 2万1276人 9379人
J1・15位(降格) J1・7位
2000年 1万1065人  1万6923人 7609人
J2・2位(昇格) J1・10位
2001年 1万6548人 2万6720人 1万9396人(東京移転)
J1・10位 J1・14位
2002年 1万6368人 2万6296人 1万5128人
J1・11位 J1・10位
2003年 1万7351人 2万8855人 1万7563人
J1・6位 J1・8位
2004年 1万8965人 3万6660人 1万5059人
J1・2位 J1・9位
2005年 1万8765人 3万9357人 1万4716人
J1・2位 J1・17位(降格)
2006年 1万8292人 4万5573人  5705人
J1・1位 J2・7位
2007年 1万9081人 4万6667人  7327人
J1・2位 J2・2位(昇格)
2008年 1万9278人 4万7609人 1万4837人
J1・7位 J1・17位(降格)
2009年 1万9126人 4万4210人  5521人
J1・6位 J2・7位
2010年  1万9165 人 4万3971人  4451人
 -

※赤い地色の部分は、J2での成績・1人あたり入場者数。入場者数の下に掲載したのは、各年度の年間順位

 両クラブとも、1993年のJ発足当初からリーグに参加。いわゆる「オリジナル10」の一員だ。ところが、当時の立場は、今とはかなり違っていた。
 ヴェルディは1993年、初代のJリーグ年間チャンピオンに輝いた。翌1994年にも連覇を達成。そして、この間の1試合あたり入場者数でも1位の座を占めている。人気でも実力でも、抜きん出た存在と言えた。一方のレッズは、1993年、1994年ともに最下位。1試合あたり入場者数でも、1993年は最下位、1994年も下から4番手と下位に甘んじていた。あの頃のレッズは、「リーグのお荷物」と揶揄されるクラブだったのだ。
 しかし、状況はほどなく逆転する。Jリーグ人気が急降下した1995年からの3年間で、ヴェルディの1試合あたり入場者数は半分以下に激減。一方、レッズは1996年、入場者数トップに躍り出た。以後、1999年までその地位を守っている。
 レッズにとって最大の危機は、1999年のJ2降格だっただろう。しかし、1試合あたり入場者数は、J1時代に比べて2割ほどしか減らなかった。それどころか、J2の方が試合数が多かったため、1シーズンの総入場者数では前年を上回ったほどだ。そして、1年でJ1復帰を果たした後は、2004、2005年を除き、入場者数1位はレッズの指定席になっている。
 これに対し、ヴェルディは2005年と2008年にJ2降格を経験。降格後の1試合あたり入場者数は、対前年比61.2%減(2006年)、62.8%減(2009年)と大きく落ち込んだ。つまり、レッズサポーターは降格後も熱い声援を送っていたのに対し、ヴェルディファンの多くは、成績が下降するとともにクラブから離れてしまったわけだ。

 そして、2010年。レッズの1試合あたり入場者数は、1993年に比べて約4倍の水準だ。一方、ヴェルディは1993年の6分の1近くまで落ち込んでいる。
 ここまで大きな差が、どうして生まれてしまったのか?

 通算入場者数が1億人を超えた今日、そんなことを考えてみるのも乙なものかもしれない。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:2

BLITZ 2010年8月10日

去年の春先だったか、仕事で浦和のスタジアム近くまで行ったけど、周りの環境も良くて、素晴らしいスタジアムです。
ただ、駅から遠いのが難点かな。

勝負の世界だから、強くないことにはファンはつきません。
スター選手と話題性も欲しいですね。

白谷 2010年8月10日

BLITZさん、こんにちは。
.
レッズの凄いところは、生え抜きの選手が多いことですね。
山田直輝や原口元気といったユース出身者もいるし、
高校・大学卒業後、レッズ一筋という選手もたくさんいます。
地域密着という軸がピンと通っている感じで、
非常にうらやましいですね。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2010/08/09/%e6%b5%a6%e5%92%8c%e3%81%ae%e8%a9%a6%e5%90%88%e3%81%82%e3%81%9f%e3%82%8a%e8%a6%b3%e5%ae%a2%e6%95%b0%e3%81%afj%e5%88%9d%e5%b9%b4%e5%ba%a6%e3%81%ae4%e5%80%8d%e3%81%ab%e3%80%82%e4%b8%80%e6%96%b9%e3%80%81/trackback/
トラックバックの送信元リスト
浦和の試合あたり観客数はJ初年度の4倍に。一方、東京Vは6分の1に激減 - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 浦和の試合あたり観客数はJ初年度の4倍に。一方、東京Vは6分の1に激減

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る