ホーム > ニュースな数字 > 1日15m掘り進めば、地下700mの33人を救助できるのは47日目

1日15m掘り進めば、地下700mの33人を救助できるのは47日目

「元気だが空腹」…チリ落盤事故、通話に成功

 【リオデジャネイロ=浜砂雅一】南米チリ北部コピアポ近郊の鉱山の地下約700メートルの避難所に作業員33人が閉じこめられた落盤事故で、チリのゴルボルネ鉱業相は23日、救助隊が作業員らと電話ケーブルを通じて会話に成功したことを明らかにした。
 作業員らは「みんな元気で、空腹だ」と話し、食料の供給や換気対策などを求めたという。

(2010年8月24日 読売新聞)

 読んでいるだけで胸が苦しくなってくるようなニュース。

 記事によれば、避難所の広さは約50平方メートル。わずか15畳ほどの場所に、33人の成人男性が閉じこめられているわけだ。気温・湿度は高く、換気も十分ではない。救出用の穴を掘る掘削機が用意されたが、避難所に到達するまで3~4カ月かかるらしい。
 状況は非常に厳しい。しかし、希望はある。事故が起きたのは今月5日。つまり、半月以上、外部との連絡も補給もなしで、彼らは生き延びてきたのだ。また、8月24日付け朝日新聞記事「33人生き埋め救出、チリ保健省がNASAに協力要請」中の図版を見ると、落盤が発生したのは地下400~500メートル付近。避難所からはそれなりに離れている。ということは、安全性は劣るかもしれないが、避難所周辺の坑道も生存スペースとして利用できるということだろう。使える領域がわずか50平方メートルなら、ゴミや糞尿の処理にも困難が伴うし、伝染病などが発生した場合に著しく不利。しかし、その何倍ものスペースがあれば、対処の幅はグッと広がる。
 さらに、電話ケーブルや、食料などをやりとりできるパイプが設置されたことは大きい。外部との絆が持てたことで、彼らのには精神的余裕が持てるようになったはず。人が生きるのに最も力となるのは、希望なのだ。この希望を支えにして、彼らにはなんとか、あと3カ月を生き延びて欲しい。

 ところで、上述の朝日新聞記事で報道されているとおり、チリ政府はNASAに協力を要請するという。宇宙飛行士が宇宙ステーションで長期間過ごす際のノウハウが、作業員が生き抜くために役立つかもしれないからだ。日本でも、技術やノウハウを提供できないものだろうか? 例えば宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、「若田宇宙飛行士による軌道上遠隔医療の技術実証」や、国立極地研究所と共同で「南極と宇宙に共通する過酷な環境下での健康管理に関する医学研究」などを行っている。また、原子力燃料の企業・公益法人などから、素早く坑道を掘る技術などを提供できないだろうか。テレ朝NEWSの「チリ鉱山事故 地下700Mからの救出早くて2カ月後」によると、救助用の穴を掘るための掘削機は、1日で最大15メートル掘り進めるらしい。700メートル÷15メートル=46.7日と考えれば、最短で47日目に救助できる計算だ。もし、1日に掘り進める距離が長くなれば、それだけ作業員が救われる可能性は高くなる。

 ただ金を出すだけのODAより、今回のようなケースで救いの手をさしのべる方が、よっぽど国際貢献になると思うのだ。政府には、ぜひ機敏に動いて欲しいのだが……。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:2

BLITZ 2010年8月25日

生存が確認できただけでも奇跡です。

食料等、僅かずつでも供給できるとしても、作業員の精神状態が心配ですね。

無事救出されることを祈ります。

白谷 2010年8月25日

BLITZさん、こんにちは。
.
>生存が確認できただけでも奇跡です。
ホントに、その通りですね。
.
暗く狭い坑道で、じっと救出を待っている気持ち、
想像しただけで気が遠くなります……。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2010/08/24/1%e6%97%a515m%e6%8e%98%e3%82%8a%e9%80%b2%e3%82%81%e3%81%b0%e3%80%81%e5%9c%b0%e4%b8%8b700m%e3%81%ae33%e4%ba%ba%e3%82%92%e6%95%91%e5%8a%a9%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%af47%e6%97%a5/trackback/
トラックバックの送信元リスト
1日15m掘り進めば、地下700mの33人を救助できるのは47日目 - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 1日15m掘り進めば、地下700mの33人を救助できるのは47日目

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る