ホーム > ニュースな数字 > 就農者1人あたり耕地面積が10年間で45.3%増~農業の省力化は急ピッチで進行中?

就農者1人あたり耕地面積が10年間で45.3%増~農業の省力化は急ピッチで進行中?

農業人口:75万人減少で260万人に 高齢化も進む

農業就業人口と就業者の平均年齢 農林水産省が7日発表した10年の農林業センサス(速報値)によると、日本の農業就業人口は05年の前回調査より75万人減少し、260万人になった。5年間の減少率は22.4%で、現在の調査方法になった85年以降では過去最大。

(2010年9月7日 毎日新聞)

 上のニュースでも伝えられているとおり、日本の農業就業人口は急激に減りつつある。農林水産省の「2010年世界農林業センサス結果の概要(暫定値)」によれば、2010年の農業就業人口は260万人。335万人だった2005年に比べ、22.4%も減少した。
 これに対し、2010年の経営耕地面積は364万ha。2005年の369万haに対し、1.5%という減少率で踏みとどまった。就農者が激減しているのに、耕地面積はさほど減っていない。つまり、1人が耕す面積が広くなっているのだ。

 下の表は、2000年以降の農業就業人口と経営耕地面積から、1人あたりの耕地面積を割り出したもの。参考のため、農業就業人口の平均年齢も書き添えた。

  2000年 2005年 2010年
農業就業人口の平均年齢 61.1歳 63.2歳 65.8歳
農業就業人口 389万人 335万人 260万人
経営耕地面積 373万ha 369万ha 364万ha
1人あたり耕地面積 0.96ha 1.10ha 1.40ha

 8月18日付けの当ブログ記事「『新規就農者』の50.3%が60歳以上」でも触れたように、就農者の高齢化は着々と進行中。平均年齢は、10年間で4.7歳も上がっている。それなのに、1人あたりの耕地面積は0.96haから1.40haへと、45.3%も増えた。ここから読み取れるのは、「農業の省力化」が急ピッチで進んでいるということではないか。年輩の就農者でも広い土地を耕せるだけの条件が、揃いつつあるのだ。
 従来の農業は、「キツい・汚い・臭い」という3K職業だと言われることもあった。しかし今の農業は、少なくとも昔ほどは「キツい仕事」ではないのかもしれない。もし僕の想像が事実なら、農業を仕事にしようと考える若者にとっては、一つのアピール材料になると思うのだが……。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:2

BLITZ 2010年9月8日

昔ほどきついことはないとあるけど、大変であることに変わりはないでしょう。

農業を目指す人が増えているようだけど、現実は必ずしもそうではないんですね。
うちの田舎でも、専業で生計を立てるのは厳しいようで、農業人口が増えるには、まだ時間がかかるかもしれない。

白谷 2010年9月8日

BLITZさん、こんにちは。
,
農業は、昔ほど「肉体的にキツい仕事」ではなくなりつあると思うんです。
そうでなければ、就農者の平均年齢が65歳以上という現実は説明できませんから。
ただ、他にも「キツさ」があることに思い至りました。
例えば、休みが取りにくいとか、都会に出にくいとか、
地域の人間関係に気を使わなければならないとか……。
.
肉体的に楽になっても、農業がまだまだ大変な仕事であることは、
BLITZさんがご指摘の通りだと思います。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2010/09/07/%e5%b0%b1%e8%be%b2%e8%80%851%e4%ba%ba%e3%81%82%e3%81%9f%e3%82%8a%e8%80%95%e5%9c%b0%e9%9d%a2%e7%a9%8d%e3%81%8c10%e5%b9%b4%e9%96%93%e3%81%a745-3%ef%bc%85%e5%a2%97%ef%bd%9e%e8%be%b2%e6%a5%ad%e3%81%ae/trackback/
トラックバックの送信元リスト
就農者1人あたり耕地面積が10年間で45.3%増~農業の省力化は急ピッチで進行中? - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 就農者1人あたり耕地面積が10年間で45.3%増~農業の省力化は急ピッチで進行中?

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る