ホーム > ニュースな数字 > 佐賀県の人口10万人あたり交通事故死者数は東京都の4.6倍

佐賀県の人口10万人あたり交通事故死者数は東京都の4.6倍

秋の全国交通安全運動:エコドライブ取り入れ--豊田 /愛知

 秋の全国交通安全運動初日の21日、豊田市逢妻地区でエコドライブを取り入れた交通安全運動が始まった。市は今年度、市民団体などと協力して従来の二酸化炭素削減、経費削減に交通事故防止を加味したエコドライブプロジェクトを始動し、逢妻地区はモデル地区に選ばれている。

(2010年9月22日 毎日新聞)

秋の全国交通安全、犠牲者10年連続減めざす~北見方面は前年比3倍の非常事態

 悲惨な交通事故の抑止を目指す「秋の全国交通安全運動」が21日、全国一斉に始まった。紋別ではパトカーと紋別自動車学校教習車両による車両パレードが行われたが、同学校近くの道道では大型トレーラーが対向車線反対側の2階建物置(元家屋)に突っ込む事故があり、関係者に緊張が走る一幕もあった。10日間の運動最終日は「交通事故死ゼロを目指す日」。全国各地で10年連続死亡事故減少の達成に向けた、様々な活動が繰り広げられる。

(2010年9月22日 北海民友新聞社)

 9月21日、秋の全国交通安全運動が始まった。各地で、さまざまな取り組みが行われている。

 日本における交通事故死者数が最悪を記録したのは、1970年のこと。当時は、1年間に1万6765人が交通事故で亡くなっていた。1970年代後半には8千人台にまで減少し、1980年代後半には再び1万人を突破したが、その後は右肩下がりで推移。2000年以来、9年連続で交通事故死者数は減り続けている。昨年は、ピーク時から7割も少ない4914人。交通安全運動は、十分に成果を挙げているといえるだろう。

 ところで、ニュースでは交通事故死者数の多い都道府県として愛知県や北海道が挙げられるケースが多い。なるほど、警察庁の「平成21年中の交通事故死者数について」の「都道府県別交通事故死者数」によれば、都道府県別の交通事故死者数は下記の通り。

2009年 都道府県別交通事故死者数
1位 愛知県 227人
2位 北海道 218人
3位 埼玉県 207人
4位 東京都 205人
4位 大阪府 205人

 中には、この顔ぶれを見て「愛知県と北海道の道路は、道幅が広くて直線部も長い。だから事故が起こりやすいのでは?」と推測する人もいる。だが、それは間違いだ。「平成22年警察白書」から、人口10万人あたりの交通事故死者数を抜き出してみた。

2009年 都道府県別人口10万人あたり交通事故死者数
1位 東京都 1.7人
2位 神奈川県 2.1人
3位 大阪府 2.2人
4位 長崎県 2.8人
5位 沖縄県 3.1人
6位 埼玉県 3.3人
10位 愛知県 3.7人
15位 北海道 4.1人
43位 岐阜県 6.7人
44位 福井県 6.8人
45位 茨城県 7.1人
46位 高知県 7.4人
47位 佐賀県 7.9人

 ご覧の通り、愛知県や北海道、埼玉県は、むしろ人口あたり交通事故死者数が少ない地域なのだ。また、人口あたり死者数が最少である東京に比べ、最悪だった佐賀県の死者数は4.6倍にも及んでいる。
 ランキング上位には、人口密度が高く、公共交通機関網が密に張り巡らされている都道府県が入っている。恐らく、これらの地域では、車を利用する機会が他の地域より少ないのだろう。一方、下位県に共通する点は何だろう? 都道府県別の鉄道営業キロ数、鉄道駅数、アルコール消費量、自動車販売台数、高速道路の総距離などを調べてみたが、相関関係の高そうなデータは見つからなかった。
 佐賀県、高知県、茨城県などの地域では、なぜ人口あたり交通事故死者数が多いのだろうか? ご存じの方がいたら、ヒントだけでもお教えいただけると大変嬉しい。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:2

BLITZ 2010年9月23日

電車での移動が多い東京に比べ、愛知、岐阜は車社会の県です。
名古屋に住んでいたけど、人口に対しての車の台が多いかもしれません。
運転が荒いと聞いたことがあるし、未熟なドライバーが東京に比べて多いのかも。
茨城も運転が荒い地域のようです。
もしかしたら、理由の一つとして考えられるかな?

北海道は、長くまっすぐな道で気が弛み、事故ってしまうのかも。
これは単なる思いつきです(笑)

白谷 2010年9月23日

BLITZさん、こんにちは。
.
確か、愛知県って自動車保有台数は日本一なんですよね。
ただ、一人あたりの保有台数に直すと、
それほど上位ではなかったような気が……。
.
茨城って運転が荒い地域なんですか!
なるほど、自動車保有台数とか道路の総距離より県民性の方が、
死亡事故の多寡に影響しているのかもしれませんね。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2010/09/22/%e4%bd%90%e8%b3%80%e7%9c%8c%e3%81%ae%e4%ba%ba%e5%8f%a310%e4%b8%87%e4%ba%ba%e3%81%82%e3%81%9f%e3%82%8a%e4%ba%a4%e9%80%9a%e4%ba%8b%e6%95%85%e6%ad%bb%e8%80%85%e6%95%b0%e3%81%af%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e9%83%bd/trackback/
トラックバックの送信元リスト
佐賀県の人口10万人あたり交通事故死者数は東京都の4.6倍 - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 佐賀県の人口10万人あたり交通事故死者数は東京都の4.6倍

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る