ホーム > ニュースな数字 > 日本シリーズの放映権料はバラエティ番組制作費の2倍

日本シリーズの放映権料はバラエティ番組制作費の2倍

日本シリーズ第1・2戦、地上波の全国中継なし

 中日―ロッテの顔合わせとなったプロ野球日本シリーズで、ナゴヤドームで開催される第1戦(10月30日)と第2戦(31日)は、地上波の全国テレビ中継がないことが24日、明らかになった。千葉マリンスタジアムでの第5戦(11月4日)も同様となる可能性が高い。プロ野球日本一を決めるシリーズでは、極めて異例の事態だ。

(2010年10月24日 朝日新聞)

 プロ野球・日本シリーズの視聴率は、右肩下がりの状況だ。全戦がナイトゲームで行われるようになった1995年以降の、関東地方における視聴率は下記の通り(ビデオリサーチ「過去の視聴率データ~プロ野球日本シリーズ」より)。

カード 平均視聴率 最高視聴率 最低視聴率
1995 オリックス対ヤクルト 32.0% 35.2% 29.0%
1996 オリックス対巨人 37.1% 43.3% 29.0%
1997 西武対ヤクルト 25.1% 28.9% 20.8%
1998 西武対横浜 25.1% 29.9% 20.9%
1999 ダイエー対中日 22.1% 16.8% 27.3%
2000 ダイエー対巨人 31.8% 36.4% 25.7%
2001 近鉄対ヤクルト 16.6% 19.0% 14.3%
2002 西武対巨人 28.7% 30.5% 25.8%
2003 ダイエー対阪神 22.6% 26.1% 19.5%
2004 西武対中日 16.0% 20.0% 13.0%
2005 ロッテ対阪神 18.2% 20.0% 15.8%
2006 日本ハム対中日 19.0% 25.5% 16.1%
2007 日本ハム対中日 12.3% 17.6% 9.2%
2008 西武対巨人 20.2% 28.2% 15.7%
2009 日本ハム対巨人 18.0% 21.6% 15.9%

 1996年の「オリックス対巨人」では、関東地方におけるシリーズ平均視聴率が37.1%にも達した。第2戦の視聴率は43.3%で、これは年間視聴率ランキングで紅白歌合戦に続く2位。また、第1戦(43.1%・3位)、第5戦(36.3%・10位)も、年間ランキングに入っている。ちなみに、この年はアトランタ五輪も開催されたが、年間ランキング入りを果たしたのは、男子マラソン(4位)と女子マラソン(9位)だけ。この頃の日本シリーズは、テレビ局にとってオリンピックをしのぐ大イベント。まさに超の付くドル箱番組だった。
 風向きが変わったのは2001年。この年、関東での平均視聴率が、初めて20%を割り込んだ。続く2002年、2003年は盛り返したが、2004年以降は再び20%割れ。2007年の「日本ハム対中日」では、平均視聴率12.3%、最低視聴率9.2%と低迷した。今回、テレビ局が全国中継を見送ったのは、「ロッテ対中日」の視聴率が2007年並みになると見積もったからだろう。

 現在、テレビ局は番組制作費の削減を進めている。例えば、フジ・メディア・ホールディングスの2009年度決算説明会向け資料によると、2009年度におけるフジテレビの番組制作費は1049億円で、前年より4.8%減。日本テレビの決算説明会向け資料によると、日本テレビでは947億円で、前年より15.6%減だった。視聴率12%程度のバラエティ番組なら、1時間あたり2000万円前後でまかなってしまうはずだ。
 一方、2010年10月16日付けZAKZAK記事「日本シリーズ“企画倒れ”冠スポンサー見つからず…」によれば、日本シリーズの放映権料は1試合あたり9450万円。放映権料だけで1時間あたり3500~4000万円程度かかる計算になる。ざっと見積もって、バラエティ番組の2倍。他に中継にかかる経費も必要で、これではテレビ局も手を出せまい。

 このままでは、来期以降の日本シリーズも、全国中継されない危険性がある。阻止するには、放映権料の引き下げが必要だが、高コスト体質の日本プロ野球界にそれができるかどうか……。気になるところだ。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:2

BLITZ 2010年10月31日

セの在京球団のシリーズ進出がないこともあって、民放のキー局は放映を見送ったんでしょうね。

シーズン中の放送も昔のように数字が取れず、延長もなくなった現在ならしょうがないのかな。

観客数の大きな減少はないようで、テレビ離れなんでしょうね。

一方で、バラエティーの製作費が高いのも驚きです。

白谷 2010年10月31日

BLITZさん、こんにちは。
昔は高視聴率だったジャイアンツ戦も、
今では一ケタが当たり前という時代ですからね。
恐らく来年は、野球の全国ネットは壊滅状態になるでしょうね。
.
バラエティ番組の制作費は、むしろ安いのではないかと思います。
特に、芸人を並べて彼らに任せるというスタイルの番組は、
かなりお安く仕上げているように思いますね。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2010/10/25/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%81%ae%e6%94%be%e6%98%a0%e6%a8%a9%e6%96%99%e3%81%af%e3%83%90%e3%83%a9%e3%82%a8%e3%83%86%e3%82%a3%e7%95%aa%e7%b5%84%e5%88%b6%e4%bd%9c%e8%b2%bb/trackback/
トラックバックの送信元リスト
日本シリーズの放映権料はバラエティ番組制作費の2倍 - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 日本シリーズの放映権料はバラエティ番組制作費の2倍

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る