ホーム > ニュースな数字 > 100km2あたりガソリンスタンド数は、大阪府が70カ所、北海道は2.5カ所

100km2あたりガソリンスタンド数は、大阪府が70カ所、北海道は2.5カ所

「ガソリンスタンド過疎」…廃業・撤退相次ぎ

 経済産業省が、過当競争や需要の低迷などで廃業や撤退が相次ぐガソリンスタンドの支援に乗り出すことが24日、分かった。
 30日に業界団体や自治体の代表者らによる研究会を設立して支援策を検討する。
 全国のスタンド数は、ピークだった1994年には約6万件だった。だが、毎年1000~2000件程度減り続け、現在は約4万件になっている。

(2010年11月25日 読売新聞)

 全国石油協会の資料「都道府県別給油所数の推移」によると、2009年度末時点における全国のガソリンスタンド数は4万0357カ所。1999年度末(5万5172カ所)に比べ、26.9%減少した。
 上の読売新聞記事では、「ガソリンスタンド過疎地域」が増えていると解説されている。では、「過疎地域」とは具体的にはどこなのだろう。それを知るため、まずは都道府県別のガソリンスタンド減少率を算出してみた。

    1999年度 2009年度 減少率
1位 東京都 2412カ所 1502カ所 -37.7%
2位 大阪府 2015カ所 1327カ所 -34.1%
3位 福岡県 1762カ所 1188カ所 -32.6%
4位 山形県 838カ所 575カ所 -31.4%
5位 熊本県 1346カ所 929カ所 -31.0%
(全国) 5万5172カ所 4万0357カ所 -26.9%
43位 富山県 581カ所 460カ所 -20.8%
44位 青森県 894カ所 716カ所 -19.9%
45位 秋田県 743カ所 596カ所 -19.8%
46位 新潟県 1472カ所 1181カ所 -19.8%
47位 沖縄県 446カ所 372カ所 -16.6%

 減少率が最も高かったのは東京都。この10年間で4割近くも減っている。続いて、大阪府、福岡県が上位にランクイン。都市部の方が、減少率が高い傾向にあるようだ。過当競争による利益率の低下、公共交通機関の充実、渋滞といった大都市圏特有の事情が、主な原因なのだろう。
 では、「過疎対策」を行うべきは都市部だろうか? 答えはNOである。その根拠が、下表で示した、100平方キロメートルあたりのガソリンスタンド数だ。

    100km2あたりガソリンスタンド数
1位 大阪府 69.9カ所
2位 東京都 68.6カ所
3位 神奈川県 52.2カ所
4位 埼玉県 38.1カ所
5位 愛知県 36.8カ所
(全国平均) 10.7カ所
43位 山形県 6.2カ所
44位 高知県 6.2カ所
45位 秋田県 5.1カ所
46位 岩手県 4.4カ所
47位 北海道 2.5カ所

 大阪府には、100平方キロメートルにつき、約70カ所のガソリンスタンドがある。東京都も、ほぼ同水準だ。これらの地域の消費者から見れば、ガソリンスタンドがいくつか減ったところで、さほどの問題は起こらない。どこかが廃業しても、隣のガソリンスタンドを利用すればいいのだ。
 これに対し、北海道では100平方キロメートルあたり、わずか2.5カ所のガソリンスタンドしかない。最寄りが廃業した場合、「隣のガソリンスタンド」までの距離が遠すぎるのだ。特に、暖房器具などに使う灯油を、ガソリンスタンドからの配達によってまかなう地域住民にとっては死活問題といえる。
 ガソリンスタンドの経営環境は厳しい。特に地方では、資金援助や税制面での優遇措置だけでは間に合わないかもしれない。場合によっては、公営、あるいは第3セクター運営によるガソリンスタンドを増やすことも、検討されてしかるべきだと思うのだ。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2010/11/25/100km3%e3%81%82%e3%81%9f%e3%82%8a%e3%82%ac%e3%82%bd%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%89%e6%95%b0%e3%81%af%e3%80%81%e5%a4%a7%e9%98%aa%e5%ba%9c%e3%81%8c70%e3%82%ab%e6%89%80%e3%81%ab/trackback/
トラックバックの送信元リスト
100km2あたりガソリンスタンド数は、大阪府が70カ所、北海道は2.5カ所 - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 100km2あたりガソリンスタンド数は、大阪府が70カ所、北海道は2.5カ所

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る