ホーム > ニュースな数字 > 来春の花粉飛散量は、例年並みかやや多い程度

来春の花粉飛散量は、例年並みかやや多い程度

花粉シーズン2月上旬から 飛散量、今春の10倍以上も

 気象情報会社「ウェザーニューズ」(東京)は8日、来春のスギとヒノキ(北海道はシラカバ)の花粉飛散予測を発表した。2月上旬に東日本(関東甲信、東海、北陸)と西日本(近畿―九州)で徐々に飛散が始まるとみている。

(2010年12月8日 47NEWS・共同通信)

 来年は今年に比べ、スギ・ヒノキ花粉の飛散量が多いらしい。花粉症の友人たちの、このニュースを聞いて苦り切っている姿が浮かぶようである。
 でも、見出しの「飛散量、今春の10倍以上」という文言を見て絶望するのは早い。なぜなら、来年の花粉飛散量は、例年とさほど変わらない程度だからだ。

 環境省の報道発表資料「平成22年春のスギ・ヒノキ科花粉の飛散状況及び終息時期について」によれば、2010年4月9日までに実測された花粉飛散量は、東京都千代田区で例年の26%、大阪府東大阪市で10%、愛知県名古屋市では3%にとどまった。今年は、花粉症患者にとって夢のような1年。いつもの年の数分の1しか、花粉が飛ばなかったのだ。
 日本気象協会の「2011年春の花粉飛散予測(第2報)」ページによれば、来年、愛知県では今年の10倍以上の花粉が飛ぶと予測されている。しかし、これは「例年の10倍以上」ではない。飛散量が異常に少なかった今年と比べれば、確かに「急増」と言えるのだろう。しかし、例年と比べればごくごく普通の量なのである。

 皆さんに安心してもらうため、上記の日本気象協会のページから、地域別に見た来春の花粉飛散量予測を抜粋しておく。

地域 例年と比べた花粉飛散量(予測)
北海道 50~70%
東北 北部70~110%、南部110~200%
関東・甲信 110~200%
北陸・新潟 110~200%
東海 110~200%
近畿 90~110%
中国・四国 90~150%
九州 70~110%

 地域によっては、例年より多少飛散量が多いところもある。それでも、花粉症が猛威をふるった2005年などに比べれば、ずいぶんマシなのだ。
 花粉症患者の皆さんは、ぜひ前向きにがんばってほしい。今のところ花粉症とは無縁な僕が言っても、皆さんから「オマエに何が分かる!」と白い目で見られるだけかもしれないけどね(^^;。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2010/12/08/%e6%9d%a5%e6%98%a5%e3%81%ae%e8%8a%b1%e7%b2%89%e9%a3%9b%e6%95%a3%e9%87%8f%e3%81%af%e3%80%81%e4%be%8b%e5%b9%b4%e4%b8%a6%e3%81%bf%e3%81%8b%e3%82%84%e3%82%84%e5%a4%9a%e3%81%84%e7%a8%8b%e5%ba%a6/trackback/
トラックバックの送信元リスト
来春の花粉飛散量は、例年並みかやや多い程度 - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 来春の花粉飛散量は、例年並みかやや多い程度

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る