ホーム > ニュースな数字 > 『KAGEROU』の著者は6000万円、出版社は1億2000万円を既に確保

『KAGEROU』の著者は6000万円、出版社は1億2000万円を既に確保

水嶋ヒロさん小説大賞受賞作に責任販売制 注文40万部超も売れ残り懸念

 俳優、水嶋ヒロさん(26)=筆名(本名)・齋藤智裕=が書いた第5回ポプラ社小説大賞受賞作『KAGEROU』(15日発売、1470円)の売れ行きに注目が集まっている。文芸書では10万部売れれば大ヒットといわれる中、ポプラ社には全国の書店から40万部を超える事前注文が殺到した。出版不況に苦しむ書店は年末商戦の目玉にと、もくろむが、過剰発注で大量の売れ残りを抱えることを懸念する声も出ている。

(2010年12月15日 msn産経ニュース)

 今回のポプラ社のやり方は、ちょっとあからさますぎる。「売り逃げ」と呼ばれても仕方ないというのが、僕の率直な感想だ。

 上のmsn産経ニュースによれば、『KAGEROU』の注文部数は40万部以上。1部1470円だから、総売上額は1470円×40万部=5億8800万円となる。2010年7月20日付けの当ブログ記事『電子書籍の普及は、埋もれていた書物の発掘をもたらす!』でも触れたが、このうち1割が著者、2割が出版社の取り分というのが、おおよその目安だ。この本は責任販売制なので、現時点で水嶋ヒロさんは6000万円、ポプラ社は1億2000万円程度を確保したと考えられるだろう。

 小説が面白くて、今後も重版がかかれば素晴らしい。著者も出版社も書店も読者も、全員が幸せになれる。しかし、どうやらそんな状況ではないようだ。Amazonのレビューを眺める限り、大半は酷評。僕自身は未読なので断定はできないが、この調子では売り上げを伸ばすのは難しそうだ。むしろ、初版40万部をさばき切れるかどうかの心配をすべきかもしれない。
 一番苦しい立場に置かれているのが書店だ。この本は責任販売制なので、通常より有利な条件で仕入れられた可能性はある。それでも、売値の7~8割を支払うことになっているはずだ。1冊売れ残れば、1100円程度の損失。中小規模の書店にとっては、軽くない負担だ。もし、売れ残りが大量に出れば、ポプラ社の信頼は地に落ちる。次からは、同社に対する仕入れを絞る書店が増えるだろう。

 しかし、ポプラ社は大変だなあ。一時的に売り上げは立つだろうが、書店や取り次ぎの信頼は失う危険性が高い。明らかに、今後の商売はやりにくくなるはずだ。
 まるで、タコが己の足を食べるようなもの。逆に言えば、それだけこの出版社は追い込まれているのだろう。だが、こうした近視眼的なやり方は、他の業界関係者や読者までも、まとめて不幸にしてしまうと思うんだよなあ……。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2010/12/15/%e3%80%8ekagerou%e3%80%8f%e3%81%ae%e8%91%97%e8%80%85%e3%81%af6000%e4%b8%87%e5%86%86%e3%80%81%e5%87%ba%e7%89%88%e7%a4%be%e3%81%af1%e5%84%842000%e4%b8%87%e5%86%86%e3%82%92%e6%97%a2%e3%81%ab%e7%a2%ba/trackback/
トラックバックの送信元リスト
『KAGEROU』の著者は6000万円、出版社は1億2000万円を既に確保 - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 『KAGEROU』の著者は6000万円、出版社は1億2000万円を既に確保

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る