ホーム > ニュースな数字 > AKB48と嵐のおかげで、CDシングルの総売上は2006年以来の増加に

AKB48と嵐のおかげで、CDシングルの総売上は2006年以来の増加に

嵐、オリコン史上最多7冠! AKBとシングルTOP10独占

 人気グループ、嵐が音楽・映像ソフトを販売している全国3万9580店舗の実売データをもとに集計された「第43回オリコン年間ランキング2010」で、売り上げ総額No.1アーティストに2年連続で輝いたことが19日、発表された。

(2010年12月20日 msn産経ニュース)

 オリコンの「2010年 オリコン年間ランキング」によると、今年のCDシングルランキングは、AKB48の楽曲が1、2、5、8位に、嵐が3、4、6、7、9、10位にランクイン。この2組だけで、ベスト10を独占してしまった。
 1組のアーティストがCDシングル年間ベスト10に4曲を送り込む快挙は、昨年の嵐に続いて2年連続。ただし、その前になると、1988年の光GENJI(1位「パラダイス銀河」、2位「ガラスの十代」、3位「Diamondハリケーン」、7位「剣の舞」)までさかのぼらなければならない。押しも押されもせぬ大記録を、2組が同時に達成したのだから驚きだ。

 日本レコード協会の「最新の生産実績」ページによれば、2010年10月までのシングルCD生産数量は、対前年同期比で12%増。ずっと右肩下がりだったCDシングルの売り上げだが、今年は2006年以来のプラスに転じそうな勢いだ。そして言うまでもなく、AKB48と嵐の2組の貢献度は大きい。
 では、2組がどれだけCD売り上げ増に寄与しているか見てみよう。下表は、各年にCDシングルベスト10入りした10曲の売り上げ枚数を合計したものと、CDシングルの総生産枚数を抜粋したもの。前者はオリコン、後者は日本レコード協会のデータを使用している。

  ベスト10合計枚数(A) 総生産枚数(B) A÷B
2005年 630万8064枚 6274万5000枚 10.1%
2006年 624万5007枚 6586万1000枚 9.5%
2007年 479万6396枚 6132万4000枚 7.8%
2008年 484万4917枚 5348万8000枚 9.1%
2009年 444万7224枚 4474万2000枚 9.1%
2010年 670万2599枚 5138万0400枚※ 13.0%

※2010年のCDシングル総生産数量は、10月分までしか出ていない。そこで、それまでのデータを10で割って1カ月あたりの数量を算出し、それを12倍した数値を掲載している。

 2005年から2009年までは、ベスト10曲の合計枚数は全体の8~10%程度で推移していた。ところが、2010年には13.0%に急増。ヒットランク上位曲、すなわちAKB48と嵐のCDが売れたことで、全体の枚数が底上げされたのだ。逆に言えば、恐らくランキング下位曲の生産枚数は、前年とさほど変わっていないと推測できる。

 となれば、焦点はAKB48と嵐の勢いがどこまで続くかである。もし、来年も2組が快進撃を続け、さらに2組のノウハウを取り入れて売れ行きを伸ばすアーティストが現れれば、CDシングル市場は活況を取り戻すだろう。反対に、2組の勢いが止まるようなことになれば、業界は再び縮小局面に入る危険性が高い。

 音楽業界の期待を背負う2組。来年は、いったいどうなるだろうか?

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2010/12/20/akb48%e3%81%a8%e5%b5%90%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%8b%e3%81%92%e3%81%a7%e3%80%81cd%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%81%ae%e7%b7%8f%e5%a3%b2%e4%b8%8a%e3%81%af2006%e5%b9%b4%e4%bb%a5%e6%9d%a5%e3%81%ae/trackback/
トラックバックの送信元リスト
AKB48と嵐のおかげで、CDシングルの総売上は2006年以来の増加に - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > AKB48と嵐のおかげで、CDシングルの総売上は2006年以来の増加に

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る