ホーム > ニュースな数字 > 有効求人倍率が1.0倍を超えたのは、35年のうち6年だけ

有効求人倍率が1.0倍を超えたのは、35年のうち6年だけ

求人倍率微増の0・57倍 失業率は横ばい

厚生労働省が二十八日発表した、求職者一人に対する求人数を示す十一月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月より〇・〇一ポイント上昇の〇・五七倍で、七カ月続けて改善した。有効求人倍率は四月の〇・四八倍が「底」。五月に〇・五〇倍となり、改善が続いている。

(2010年12月28日 東京新聞)

 厚生労働省の報道発表資料「一般職業紹介状況(平成22年11月分)について」によれば、有効求人倍率が戦後最悪の水準に達したのは、2009年8月のこと。当時の有効求人倍率は、わずか0.42。100人の求職者に対し、42人分の求人しかなかったわけだ。
 あれから1年あまり。全国の有効求人倍率は0.57倍にまで回復した。夜はまだまだ暗いが、東の空にはようやく黎明が近づきつつある、というところだろうか。

 下のグラフは、1975年以降の有効求人倍率の推移。

ratio_of_job

 そもそも日本において、有効求人倍率が1.0倍を上回っていた時期は短い。オイルショック後の1974年10月以降に限れば、1988年6月~1992年10月までの4年4カ月間と、2005年12月~2007年10月までの1年11カ月間だけ。約35年間のうち、6年あまりでしかないのだ。
 確かに、現在の0.57倍という求人倍率は低い。だが、あまりに煽りすぎるのはどうか。経済が回復に向かい始めている現状を、もう少しポジティブに眺めてもいいと思う。

 ただし、地方によっては、そうそう楽観視してもいられない状況だ。下表は、2010年11月時点の都道府県別有効求人倍率の中から、上位・下位5都道府県を抜粋したもの。参考のため、2009年11月の有効求人倍率も付している。

    2009年11月 2010年11月 増加分
1位 福井県 0.60倍 0.94倍 0.34ポイント
2位 香川県 0.61倍 0.79倍 0.18ポイント
島根県 0.62倍 0.79倍 0.17ポイント
4位 富山県 0.50倍 0.76倍 0.26ポイント
5位 徳島県 0.57倍 0.74倍 0.17ポイント
(全国平均) 0.43倍 0.57倍 0.14ポイント
43位 秋田県 0.32倍 0.45倍 0.13ポイント
44位 北海道 0.38倍 0.44倍 0.06ポイント
45位 神奈川県 0.36倍 0.43倍 0.07ポイント
46位 青森県 0.28倍 0.40倍 0.12ポイント
47位 沖縄県 0.29倍 0.33倍 0.04ポイント

 福井県を筆頭に、有効求人倍率が順調に回復している県もある。一方、北海道、沖縄県などでは停滞気味だ。こうした地域の求人がもっと増えれば、自信を持って「夜明け前」と呼べるのだろうが……。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2010/12/28/%e6%b1%82%e4%ba%ba%e5%80%8d%e7%8e%87%e3%81%8c1-0%e5%80%8d%e3%82%92%e8%b6%85%e3%81%88%e3%81%9f%e3%81%ae%e3%81%af%e3%80%8135%e5%b9%b4%e3%81%ae%e3%81%86%e3%81%a16%e5%b9%b4%e3%81%a0%e3%81%91/trackback/
トラックバックの送信元リスト
有効求人倍率が1.0倍を超えたのは、35年のうち6年だけ - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 有効求人倍率が1.0倍を超えたのは、35年のうち6年だけ

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る