ホーム > ニュースな数字 > 「3きょうだいで合計300歳」の達成者が、今後続々と現れるか?

「3きょうだいで合計300歳」の達成者が、今後続々と現れるか?

3姉妹計294歳「ギネス」目前 大宜味村田嘉里出身

【西原】3人合わせて294歳の長寿の姉妹がいる。宮城マカさん(107)=西原町、照屋早苗さん(95)=沖縄市、仲村秀子さん(92)=浦添市=の3姉妹は長寿で有名な大宜味村の田嘉里出身。照屋さんの長男全功さん(63)=千葉県在住=が「これは世界一では」とギネスブックに問い合わせたところ、「きょうだい3人計300歳」の世界記録があり、惜しくも及ばなかったが、家族は3姉妹が健康で仲良く、いつまでも長生きしてほしいと願っている。

(2011年1月4日 琉球新報)

 新年なので、とてもおめでたい記事をご紹介。年齢の合計が300歳になろうとしている3姉妹の話題だ。

 厚生労働省の「平成21年簡易生命表の概況について」によれば、92歳まで生きられる女性は100人のうち37.2人。95歳まで生きられるのは、100人のうち23.7人とされている。37.2%×23.7%=8.82%。およそ11分の1の確率だから、95歳と92歳の姉妹がご存命というだけなら、さほど珍しいことではない。
 ところが、ここに107歳の女性が加わると、確率はグッと小さくなる。厚生労働省の「百歳高齢者に対する祝状 及び記念品の贈呈について(訂正後)」によると、107歳以上で存命だった女性は、2005年時点で327人。男性を含めても、わずか369人でしかない。いくら高齢化が進んでいると言っても、ここに入ることが大変なのだ。さらに3姉妹そろって長寿というのは、現在のところ、とても珍しいケースなのだろう。

 ところで、1980年以降、100歳以上の高齢者数は下記のように推移している(厚生労働省「百歳高齢者に対する祝状及び記念品の贈呈について」より)。

  100歳以上の高齢者数
1980年 968人
1990年 3298人
2000年 1万3036人
2010年 4万4449人

 100歳を超える方の数は、等比級数的に増えている。日本では少子化が進んでいるが、現在100歳前後の方は、明治末期から大正初期に生まれた世代。きょうだいの人数も、それなりに多いはずだ。
 とすれば、今後「3きょうだいで合計300歳」を達成する人々が続出する可能性は、決して小さくないはず。ぜひ、ギネスブックのランキング上位を、日本人の名前で埋めてほしいものだ。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2011/01/04/%e3%80%8c3%e3%81%8d%e3%82%87%e3%81%86%e3%81%a0%e3%81%84%e3%81%a7%e5%90%88%e8%a8%88300%e6%ad%b3%e3%80%8d%e3%81%ae%e9%81%94%e6%88%90%e8%80%85%e3%81%8c%e3%80%81%e4%bb%8a%e5%be%8c%e7%b6%9a%e3%80%85/trackback/
トラックバックの送信元リスト
「3きょうだいで合計300歳」の達成者が、今後続々と現れるか? - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 「3きょうだいで合計300歳」の達成者が、今後続々と現れるか?

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る