ホーム > ニュースな数字 > 近所づきあいのある男性は女性より15%少ない

近所づきあいのある男性は女性より15%少ない

「親しい人なし」男性は44%も 八王子市が中高年生活調査

 中高年世代(五十歳以上八十四歳以下)で「親しくしている近所の人がいない」と答えた人は男性では44・6%に上り、女性(32・2%)を大きく上回ったことが、八王子市が十一日に発表した中高年世代の生活実態と生活意識に関する調査で分かった。

(2011年1月12日 東京新聞)

 上で紹介した東京新聞記事は、八王子市が行った「中高年世代の生活実態と生活意識に関する調査」を取り上げている。あと数年で「中高年世代」の仲間入りをする僕としては、考えさせられ、身につまされる報告だった。以下、気になった部分を抜き書きしてみたい。

【中高年世代のみの世帯は、全体の49.5%】

 「一人暮らし」が11.0%、「配偶者とふたり暮らし」が35.0%、「親と自分のみ」が1.3%、「親と自分たち夫婦」が2.2%。つまり、中高年以上の世代だけで構成されている世帯は49.5%に上る。一方、「自分たち夫婦と未婚の子ども」や「自分たち夫婦と子ども夫婦」など、若い世代と同居しているケースは48.1%だった。
 なお、「一人暮らし」の割合は、75~79歳の世代で14.7%、80歳以上の世帯で15.6%となっている。恐らく、配偶者との死別や子供の独立などが原因なのだろう、一人暮らしを余儀なくされる危険性は年齢を重ねるほど高くなるようだ。

気にかけてくれる人は、やはり家族】

 「とくに用事がなくても、変わったことがないか、あなたに声をかけてくれる相手は?」という問いに対し、「同居の家族」と答えた人は66.5%、「別居している子または親」と答えた人は51.7%、「それ以外の親族」と答えた人は47.5%だった。一方、「近所の人」は31.9%、「仕事関係の人」は15.6%、「近所、仕事関係以外の親しい友人」は32.7%。
 やはり、互いに最も気遣い合える相手は、家族ということなのだろう。

頼りにできる友人がいない人は28.0%】

 「頼りにし、親しくしている友人の合計人数は?」という問いに対し、「0人」と答えた人が28.0%もいた。「1人」は14.0%、「2人」は17.7%、「3~4人」は17.4%、「5人以上」は22.4%だった。また、「頼りにし、親しくしている近所の方の人数は?」という問いには、「0人」と答えた人が37.6%もいた。

近所の人との交流がある男性は、女性より15%も少ない】

 近所の人と立ち話をすると答えた男性は64.4%、女性は79.7%。男性の方が、女性より15.3%も少なかった。また、近所の人におすそわけをする男性は48.5%で、女性は63.2%。こちらも、男性の方が14.7%も低かった。上で紹介した東京新聞でも触れられているように、男性の方が近隣との関係が希薄だと言える。

 信頼できる家族が身近にいれば、歳をとっても安心して暮らせるし、孤独だって避けられる。しかし、家族と離れて1人暮らしをする可能性は、誰にだってある。そんなとき、近所に信頼できる友人がいるかどうかは、生活の質を大きく左右するはずだ。
 近所づきあいは、己を守るためのセイフティネットだ。病気や災害の際に助け合ったり、有益な近隣情報を得ることだってできる。何より、人間関係が豊かになって人生を楽しめるのだ。
 特に、近所づきあいが希薄になりがちな男性は、近隣での人間関係構築に対し積極的に行動すべきではないか。自戒を込めて、そんな風に思っている。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2011/01/12/%e8%bf%91%e6%89%80%e3%81%a5%e3%81%8d%e3%81%82%e3%81%84%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%8b%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%81%af%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%82%88%e3%82%8a15%ef%bc%85%e5%b0%91%e3%81%aa%e3%81%84/trackback/
トラックバックの送信元リスト
近所づきあいのある男性は女性より15%少ない - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 近所づきあいのある男性は女性より15%少ない

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る