ホーム > ニュースな数字 > 電子レンジの単価は20年間で4割減、電気がまと洗濯機は3割増

電子レンジの単価は20年間で4割減、電気がまと洗濯機は3割増

白物家電出荷額11%増、エコポイントなど影響

 日本電機工業会(JEMA)が25日発表した2010年の白物家電の国内出荷額は、昨夏の記録的な猛暑と家電エコポイント制度の影響で、前年比11・9%増の2兆2191億円となり、01年(2兆2274億円)以来、9年ぶりの高水準となった。

(2011年1月26日 読売新聞)

 日本電機工業会の統計資料「民生用電気機器 国内出荷実績」によれば、2010年における白物家電の国内出荷は好調だった。主な原動力は、上の読売新聞でも解説されている「エコポイント」。対象商品であるエアコンは、国内出荷額が前年より25.6%増え、冷蔵庫も前年より15.7%伸びた。
 それ以外の商品の中にも、売り上げを伸ばしたものが多い。上記「民生用電気機器 国内出荷実績」で取り上げられている24種類の白物家電のうち、出荷額が前年割れしたのは、空気清浄機、ジャーポット、加湿器、扇風機、電気温水器の5つだけ。残りの19種は、全て出荷額を伸ばした。白物家電の出荷額がV字回復しつつあるのは、確かにエコポイントの影響が大きい。しかし、エコポイント対象外の商品も、着実に売り上げを伸ばしている。やはり、日本の消費市場には明るさが見え始めているのだ。

 ところで、一口に「白物家電」と言っても、売れ行きはさまざまだ。そこで日本電機工業会の統計資料「家庭用電気機器 出荷推移表」を基に、典型的な4商品について、1990年と2009年の出荷金額、出荷台数、単価を比較してみようと思う。

 まずはルームエアコン。

ルームエアコン
  1990年 2009年 増減
出荷金額(A) 1兆1892億円 8652億円 ▼27.2%
出荷台数(B) 842万台 637万台 ▼24.3%
単価(A÷B) 14万1200円 13万5800円 ▼3.9%

 エアコンの出荷台数は、20年間で24.3%減った。ところが、単価はさほど変わっていない。そのため、出荷台数が減った分だけ、出荷金額も小さくなっている。

 次は電子レンジ。

電子レンジ
  1990年 2009年 増減
出荷金額(A) 1627億円 611億円 ▼62.4%
出荷台数(B) 501万台 319万台 ▼36.3%
単価(A÷B) 3万2500円 1万9200円 ▼41.0%

 こちらは、出荷台数が36.3%減。単価は41.0%も安くなった。昔は高級家電だった電子レンジだが、コスト削減によって安価な家電商品という位置づけに変わり、同時に、過程への普及が一巡してしまったため、出荷台数も単価も落ち込んだのだろう。その結果、出荷金額は20年間で3分の1近くにまで小さくなってしまった。

 最後は、電気がまと電気洗濯機。

電気がま
  1990年 2009年 増減
出荷金額(A) 841億円 942億円 △12.1%
出荷台数(B) 758万台 654万台 ▼13.7%
単価(A÷B) 1万1100円 1万4400円 △29.8%
電気洗濯機
  1990年 2009年 増減
出荷金額(A) 1958億円 1937億円 ▼1.0%
出荷台数(B) 559万台 429万台 ▼23.2%
単価(A÷B) 3万5000円 4万5100円 △28.9%

 2つの商品ともに、単価が上昇している。出荷台数は20年前に比べて減ったが、単価の伸びでカバーに成功した。電気がまに至っては、出荷台数が減ったのに、市場規模自体は拡大している。ドラム式洗濯乾燥機、圧力IH炊飯器といった高級機種のヒットが、単価上昇の原因だろう。

 市場がしぼんでしまった電子レンジの開発担当者も、新たな付加価値を生み出そうと頭をひねっているに違いない。今日も電機メーカーの研究室で、誰も見たことのないサンプルが試作されているのだ。
 いつか「ヘルシア」のような画期的な商品が登場する日を、僕も楽しみにしておこう。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2011/01/26/%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%81%ae%e5%8d%98%e4%be%a1%e3%81%af20%e5%b9%b4%e9%96%93%e3%81%a74%e5%89%b2%e6%b8%9b%e3%80%81%e9%9b%bb%e6%b0%97%e3%81%8c%e3%81%be%e3%81%a8%e6%b4%97/trackback/
トラックバックの送信元リスト
電子レンジの単価は20年間で4割減、電気がまと洗濯機は3割増 - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 電子レンジの単価は20年間で4割減、電気がまと洗濯機は3割増

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る