ホーム > ニュースな数字 > 大阪府公立中学の完全給食実施率は7.9%で、全国平均より67.5%低い

大阪府公立中学の完全給食実施率は7.9%で、全国平均より67.5%低い

橋下知事「5年で300億円かける」 中学給食の完全実施

 公立中学校の給食実施率が1割前後と全国最下位となっていることを受け、大阪府の橋下徹知事は28日、新年度予算から5年間で、市町村が給食事業を行うための初期投資として300億円を計上する考えを明らかにした。新年度予算を議論する知事ヒアリングで給食事業を担当する府教委に指示した。

(2011年1月28日 msn産経ニュース)

 僕は千葉県出身だ。通っていた公立の小・中学校では、当たり前のように給食を食べていた。現在、千葉県内の公立中学校に通っている僕の子供たちも、やはり当たり前のように、学校で給食を食べている。
 ところが、上で紹介したmsn産経ニュース記事では、大阪府の公立中学校における給食実施率が1割前後だと伝えられている。どうやら、僕の「当たり前」は、日本全国で通じるわけではないらしい。そこで、文部科学省の統計情報「学校給食実施状況等調査」を調べてみた。
 この調査によれば、大阪府における公立中学校の完全給食実施率は、生徒数ベースで7.9%。全国平均の75.4%より、67.5%も低い。他に5割を切っているのは、神奈川県(12.9%)、京都府(26.3%)、兵庫県(33.9%)、滋賀県(38.1%)、三重県(40.3%)、和歌山県(42.9%)、高知県(43.1%)。神奈川県と高知県を除けば、全て近畿圏に集中している。

 ところで、大阪府と神奈川県と言えば、学校での暴力行為が多いことでも知られる。文部科学省の「平成20年度『児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査』について」によれば、国公私立の小・中・高等学校における暴力行為発生件数は、神奈川県が9232件で1位、大阪府が7426件で2位だった。
 そこで、上記の2府6県について、前出の「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」から、児童・生徒1000人あたりの暴力行為発生件数の全国順位を抜き出した。また、文部科学省が実施した学力テスト(全国学力・学習状況調査)体力テスト(全国体力・運動能力、運動習慣等調査)の全国順位も付け加えている。

  給食実施率 暴力行為発生率 学力順位 体力順位
高知県 43.1%(40位) 7.8件(43位) 46位 37位
和歌山県 42.9%(41位) 5.3件(36位) 36位 40位
三重県 40.3%(42位) 4.0件(29位) 30位 39位
滋賀県 38.1%(43位) 3.2件(23位) 26位 27位
兵庫県 33.9%(44位) 6.2件(40位) 17位 32位
京都府 26.3%(45位) 9.2件(44位) 22位 22位
神奈川県 12.9%(46位) 10.2件(47位) 32位 42位
大阪府 7.9%(47位) 7.7件(42位) 42位 41位
(全国平均) 75.4% 4.2件    

 こうしてみると、給食実施率の低い府県は、暴力行為の発生率が比較的高い。また、学力・体力テストの成績もふるわない傾向にあるようだ。
 ちなみに、学力テスト・体力テストの双方で上位を占める秋田県と福井県は、こうなっている。

  給食実施率 暴力行為発生率 学力順位 体力順位
秋田県 100.0%(1位) 0.8件(2位) 2位 2位
福井県 89.4%(30位) 0.8件(2位) 1位 1位

 もちろん、給食の実施率を高めれば、子供の学力や体力が自動的に伸びるということではあるまい。ただ、給食実施率の低迷が予算不足に由来している場合、その地域の教育体制は貧弱であると推測できるのではないか。例えば、朝日放送公式サイトの「シリーズ『ウラドリ』 『実施率に差』中学給食事情」ページでは、大阪府の給食実施率が低い理由として、校舎建設費や校舎の耐震化工事費などに予算を取られたことなどを挙げている。仮にこの報道が正しい場合、給食以外の分野でも教育予算が不足しているだろうと、容易に想像できる。

 大阪府・橋本知事の政策には、賛否両論がある。しかし、この給食実施率を高めるために予算を増強するという考え方については、絶対に正しい。
 地域、そして国にとって最大の財産は、なんといっても人なのだ。何を犠牲にしても、人材育成に最優先で資源をつぎ込む姿勢は、大阪府以外でもぜひ参考にしてもらいたいと思う。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:6

なお 2011年5月7日

この記事は、100%正確とはいえないけど、参考になりますね。 私はとある投稿をしてた人の書き込みを見て、知ったのですが。。大阪や神奈川は低いですね。 横浜はやってないですし。 あきれましたよ。 けど、この数字はサイトによって。。 たしか私が最初にいきついてみたのは、神奈川16%、今はこれのようです。 50%きったのは、3、4県ほどだったとか。 西日本で低い傾向はあったけど、京都は半分は余裕で超えてましたね。 いろんな記事があったどれが正確かはとても見えにくい。 新聞の仕事の人なども矛盾したこといって、この情報化の時代も本当のことを知るのはけっこう難しいですが?。。。あと、もうひとつの不登校の記事だけど、自分は当時の小1は112、3万人と記憶してますが。。けど、子供の人数推測では今の小1から小3はたしか、もっと多いはずなのに、なぜか極端に人数が少ない。 日本人口もかなりそのときによって変動していて、不自然に増えている。 どれが、本当なのか、いささか不確かさや、情報のいい加減さを感じて、電話をしたことはあるが、この時代にも100%完全なデータは残念ながらムリぽいですね。

神奈川県民 2011年11月8日

神奈川県は暴力なんか無いですよ
いつの時代の話ですか?いつまでも暴走族がいる千葉県に言われたく無いですが。

給食と県民性を一緒にしないでいただきたい

関東の田舎者には解らないかも知れませんがね

大学生 2012年1月5日

私は卒業研究で、「給食においての食物アレルギー児への対応」について研究しています。たまたま大阪府箕面市の完全給食全面実施の記事からこちらの記事に飛びました。
私は給食実施率≠暴力行為実施率かなと感じます。学力≒体力はあるかなと思いますが。もともと都会は、交通渋滞も多いため、給食実施率は低い傾向にあります。なので給食センターが設置できない場合、自校給食か、弁当や市販のパン持参、カフェテリア利用となっています。
橋本知事ではなくなり、大阪府の公立中学校完全給食実施はどうなるのでしょうか。また、アレルギー対応は自校給食だからといって優れているわけではない。自校給食だと、かえって学校に責任任されるため、学校にいる栄養士の力量にかかっていると思います。

知識のない大学生がコメントしてすみません。

白谷 2012年1月5日

大学生さん、こんにちは。
丁寧なコメント、どうもありがとうございます。
私は、我が子の保育園時代に除去食を経験したことがありますので、
大学生さんの卒業研究には親しみを感じます。
.
>私は給食実施率≠暴力行為実施率かなと感じます。学力≒体力はあるかなと思いますが。
,
確かに、給食実施率と暴力行為実施率を直接結びつけるのは、
ちょっと強引だと思いますね。
ただ、給食実施率と教育予算額には相関関係があるのではないかと思いますし、
同時に、教育予算額と暴力行為の数についても、
ある程度の関連があるのではないかと推測もしています。
,
>もともと都会は、交通渋滞も多いため、給食実施率は低い傾向にあります。なので給食センターが設置できない場合、自校給食か、弁当や市販のパン持参、カフェテリア利用となっています。
.
都会の給食実施率が低いというのは、本当でしょうか?
例えば、平成21年度版の「学校給食実施状況等調査」では、
東京都における公立中学校の完全給食実施率は96.5%、
愛知県では90.2%となっています。
これを見ると、「都会=給食を実施しにくい」とは言いづらいと思うのです。
このあたりの事情については、おそらく大学生さんの方がお詳しいと思いますので、
ぜひ、お教えいただけると嬉しいです。
.
>知識のない大学生がコメントしてすみません。
.
とんでもありません!
.
僕もこのブログで、間違ったことを数多く書いています。
でも、たとえ稚拙で誤りを含んだ記事であっても、
論拠をきちんと示し、自分の言葉で書いていれば、
きっと誰かの役に立つと思って記事をアップしているのです
(時には反面教師として役立つこともあるのでしょうが(^^;)。
ですから、真面目に研究をしているであろう学生さんから
ツッコミを入れていただくのは、とても嬉しいですよ(^^)。
,
卒業研究、ぜひ頑張ってください。
どこかで大学生さんの研究を読める日を楽しみにしています。

中学校給食実施率半分以下問題 2014年3月15日

どうして神奈川県は36%大阪府は18%しか実施していないのでしょうか。

白谷 2014年3月16日

中学校給食実施率半分以下問題さん、こんにちは。
ご質問の件ですが、残念ながら私には分かりません。
もしヒントが見つかったら、ぜひ私にもお教えくださいませ。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2011/01/28/%e5%a4%a7%e9%98%aa%e5%ba%9c%e5%85%ac%e7%ab%8b%e4%b8%ad%e5%ad%a6%e3%81%ae%e5%ae%8c%e5%85%a8%e7%b5%a6%e9%a3%9f%e5%ae%9f%e6%96%bd%e7%8e%87%e3%81%af7-9%ef%bc%85%e3%81%a7%e3%80%81%e5%85%a8%e5%9b%bd/trackback/
トラックバックの送信元リスト
大阪府公立中学の完全給食実施率は7.9%で、全国平均より67.5%低い - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 大阪府公立中学の完全給食実施率は7.9%で、全国平均より67.5%低い

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る