ホーム > ニュースな数字 > サッカー・アジア杯の日本代表は、W杯より2.6歳若返った

サッカー・アジア杯の日本代表は、W杯より2.6歳若返った

ザック明言!今回の代表チームが今後のベース

 アジア杯で日本代表を優勝に導いたアルベルト・ザッケローニ監督(57)が31日、スタッフらとともに成田空港に到着した。ザック監督は今回の代表チームを今後のベースにする意向を示した。
 成田空港で約500人のサポーターから大声援を受けたザック監督は、すでに次の戦いに目を向けていた。関係者に「このチームがベースになる? 当然。このグループで結果を出しているので、そう考えている」と明言。南アW杯から大幅に若返ったイレブンを軸にブラジルW杯を目指す考えを示した。

(2011年2月1日 スポーツ報知)

 アジアカップで見事に優勝を果たした、サッカーの日本代表。このチームが素晴らしいのは、彼らにたっぷりと「伸びしろ」が期待できる点だ。

 W杯南ア大会直前の2010年5月10日、僕は「サッカー日本代表の平均年齢は過去最高~経験豊富だが体力に不安?」という記事を書いた。当時の代表選手の平均年齢は、27.7歳。これは過去4大会を通じ、最も高い水準だった。これに対し、今回アジアカップに参加した代表チームは、下記のような年齢構成になっている。
 なお、データは日本サッカー協会のサイト「SAMURAI BLUE」を参考にした。また、年齢・キャップ数はアジアカップ開幕日を基準に表記している。

——————–

○2011年 アジアカップ
監督/アルベルト・ザッケローニ

34歳……
33歳……
32歳……
31歳……
30歳……★遠藤保仁(MF/100)
29歳……松井大輔(MF/29)、★前田遼一(FW/7)
28歳……岩政大樹(DF/4)
27歳……★川島永嗣(GK/16)、★今野泰幸(DF/40)、永田 充(DF/1)
26歳……★長谷部誠(MF/37)、藤本淳吾(MF/6)
25歳……伊野波雅彦(DF/0)、本田拓也(MF/0)、李 忠成(FW/0)
24歳……西川周作(GK/3)、森脇良太(DF/0)、★長友佑都(DF/34)、細貝萌(MF/3)、★本田圭佑(MF/23)、★岡崎慎司(FW/35)
23歳……柏木陽介(MF/1)
22歳……★内田篤人(DF/34)、★吉田麻也(DF/1)
21歳……権田修一(GK/1)、★香川真司(MF/17)
20歳……
19歳……
18歳……

※名前の前の★はレギュラー格の選手。ポジションの後の数字は代表キャップ数。

平均年齢……25.1歳(レギュラー格……25.1歳)
平均キャップ数……17.0

——————–

 代表の平均年齢は、前回W杯より2.6歳も若返った。特に注目したいのは、24歳以下の選手が増えていること。長友、本田圭、岡崎、内田、吉田、香川という合計6人の24歳以下選手が、レギュラー格として活躍している。世代交代は、急ピッチで進められていると言えるだろう。

 ところで、若い代表と聞いて僕が真っ先に連想するのは、このチームだ。

——————–

○2000年 アジアカップ
監督/フィリップ・トルシエ

34歳……
33歳……
32歳……
31歳……
30歳……
29歳……
28歳……★森島寛晃(MF)
27歳……★服部年宏(DF)、海本慶治(DF)、望月重良(MF)、★名波 浩(MF)
26歳……高桑大二朗(GK)、三浦淳宏(MF)
25歳……★川口能活(GK)、★森岡隆三(DF)
24歳……下田 祟(GK)、奥 大介(MF)、★西澤明訓(FW)、久保竜彦(FW)
23歳……★松田直樹(DF)、柳沢 敦(FW)
22歳……中澤佑二(DF)、★中村俊輔(MF)、★明神智和(MF)、北嶋秀朗(FW)
21歳……★稲本潤一(MF)、小野伸二(MF)、★高原直泰(FW)
20歳……
19歳……
18歳……

※名前の前の★はレギュラー格の選手。当時のキャップ数は不明だったので、記載していない。

平均年齢……24.1歳(レギュラー格……24.1歳)

——————–

 このときの代表は、名波などフランスW杯を戦った選手と、松田、稲本、高原といった若い世代の融合を目指していた時期。最年長が28歳の森島という、極端に若い年齢構成だった。24歳以下のレギュラー格選手は、今回のアジア杯と同じ6人。
 2000年のアジア杯で、日本は優勝を果たした。その後、中田英寿、川口、松田などのアトランタ五輪出場選手が中心となって日韓W杯を戦ったのは、皆さんご存じの通り。同様に、今回のアジア杯で戦った若い世代が3年後のW杯ブラジル大会で主力になるのは、ごく自然な成り行きだろう。しかも、レベルの高い海外リーグで経験値を高めている選手には本田圭、長友、岡崎、内田、香川などがおり、「黄金世代」以上に多い。彼らに日韓W杯以上の成果を期待してしまうのは、もっともなことだと思う。

 ところで、2000年アジア杯に出場した26歳以上の選手は7人。そのうち、2002年W杯に出場したのは、森島と服部だけだった。当時の代表は完全に名波のチームだったが、その名波も、怪我でW杯出場はならなかった。
 今回、主力として活躍した遠藤、前田、川島、今野、長谷部といったあたりも、3年後については不透明だ。彼らのうち、何人がサバイバルに勝ち抜けるかという点にも、ぜひ注目しておきたい。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2011/02/01/%e3%82%b5%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%a2%e6%9d%af%e3%81%ae%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%bb%a3%e8%a1%a8%e3%81%af%e3%80%81w%e6%9d%af%e3%82%88%e3%82%8a2-6%e6%ad%b3%e8%8b%a5/trackback/
トラックバックの送信元リスト
サッカー・アジア杯の日本代表は、W杯より2.6歳若返った - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > サッカー・アジア杯の日本代表は、W杯より2.6歳若返った

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る