ホーム > ニュースな数字 > 深さ2mの雪が落ちた際の重みは、自動車1台分に匹敵

深さ2mの雪が落ちた際の重みは、自動車1台分に匹敵

雪に埋もれ男性死亡/青森

 4日午前1時40分ごろ、青森市浪打2丁目の店舗兼住宅に住む女性(72)から「屋根から落ちた雪に人が埋まっているかもしれない」と119番通報があった。

(2011年2月4日 東奥日報)

 今年の雪害は、本当に深刻だ。

 消防庁の「平成22年版 消防白書」によれば、2000~2009年の雪害による死者数は439人。年平均で44人の方が亡くなっている。ところが、消防庁の災害情報「今冬(平成22年11月から平成23年2月3日まで)の雪による被害状況等(速報値)」によると、この冬は2月3日の段階で、既に96人の方が犠牲になった。他にも、1130人が重軽傷を負っている。

 上で紹介した東奥日報記事も、やはり雪害による悲劇を伝えている。記事によれば、亡くなった方は、軒下に積もった約2メートルの雪の中から発見された。
 北国出身の友人に言わせれば、雪は恐ろしいほど重いのだそうだ。だが、暖かい地域で生まれ育った僕には、雪の怖さが実感できない。そこで、僕をすっぽり覆い隠すほどの雪が、屋根から落ちてきたと想像してみる。雪は底面が2メートル×1メートル、高さ2メートルの直方体だと仮定しよう。
 気象庁サイトの「気象等の知識~積雪計/障害事例と対策」ページには、「長期的に積もった雪の比重は、0.2~0.4程度」とある。つまり、雪の重さは2メートル×1メートル×2メートル×0.2~0.4=0.8~1.6トンだ。
 0.8トン(=800キログラム)といえば、スズキのワゴンRといった軽自動車並みの重さだ。1.6トン(=1600キログラム)なら、ホンダのステップワゴンなど、ミニバンクラスの重量に匹敵する。なるほど、こんなに重たいものが屋根の上から落ちてきたら、僕などひとたまりもあるまい。

 今日は立春。北国が豪雪に悩まされる時期も、そろそろ終わってくれるといいのだが……。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2011/02/04/%e6%b7%b1%e3%81%952m%e3%81%ae%e9%9b%aa%e3%81%8c%e8%90%bd%e3%81%a1%e3%81%9f%e9%9a%9b%e3%81%ae%e9%87%8d%e3%81%bf%e3%81%af%e3%80%81%e8%87%aa%e5%8b%95%e8%bb%8a1%e5%8f%b0%e5%88%86%e3%81%ab%e5%8c%b9/trackback/
トラックバックの送信元リスト
深さ2mの雪が落ちた際の重みは、自動車1台分に匹敵 - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 深さ2mの雪が落ちた際の重みは、自動車1台分に匹敵

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る