ホーム > ニュースな数字 > 米国防予算は、他の上位14カ国の軍事費合計より大きい

米国防予算は、他の上位14カ国の軍事費合計より大きい

米国防予算、戦費を圧縮し56兆円に 同時テロ以降初の減少

 米政府は14日に公表した2012会計年度(11年10月~12年9月)の予算教書で、アフガニスタンやイラクでの戦費を圧縮、国防予算として総額6710億ドル(約55兆9千億円)を計上した。11年度比で約5%減。01年の米中枢同時テロ以降、初めて減少に転じた。

(2011年2月15日 msn産経ニュース)

 国防予算が56兆円、か。こういう報道に接すると、アメリカという国の突出した存在感が、改めて身にしみる。

 日本の財務省が発表した「平成23年度予算政府案」によれば、2011年度における我が国の国防予算は4兆7752億円だ。これは世界で6位、アジアに限れば中国に次いで2位。かなり大きな金額だと言える。しかしアメリカに比べると、たったの12分の1に過ぎない。
 そもそも、この分野でアメリカに対抗できる国など、どこにもありはしないのだ。下の表は、ストックホルム国際平和研究所サイトの資料「The 15 countries with the highest military expenditure in 2009」から、2009年時点における上位15カ国の軍事費と、世界の総軍事費に占める割合を抜粋したもの。

順位 国名 軍事費 世界シェア
1位 アメリカ 6610億ドル 43.2%
(2-15位までの合計) 5925億ドル 38.7%
2位 中国 1004億ドル 6.6%
3位 フランス 639億ドル 4.2%
4位 イギリス 583億ドル 3.8%
5位 ロシア 533億ドル 3.5%
6位 日本 510億ドル 3.3%
7位 ドイツ 456億ドル 3.0%
8位 サウジアラビア 412億ドル 2.7%
9位 インド 363億ドル 2.4%
10位 イタリア 358億ドル 2.3%
11位 ブラジル 261億ドル 1.7%
12位 韓国 241億ドル 1.6%
13位 カナダ 192億ドル 1.3%
14位 オーストラリア 190億ドル 1.2%
15位 スペイン 183億ドル 1.2%

 世界2位の中国から15位のスペインまでの軍事費を合わせても、アメリカ一国に及ばない。軍事費の多寡が軍事力に比例すると仮定すれば、これらの国が束になってもアメリカには勝てないわけだ。また、2~4位を占める中国・フランス、イギリスの軍事費合計は、222.2億ドル。これは、アメリカのほぼ3分の1に相当する。いわゆる「攻撃三倍の法則」(攻撃側が勝つためには、守備側の3倍の兵力を必要とするというもの)を適用すると、アメリカはこれらの3国に同時に攻め入っても、勝つ可能性が十分にあるわけだ。これほど抜きんでた軍事力を持つ国は、歴史上、他に例を見ないのではないか?

 しかし、莫大な予算を軍事費に割り当てているアメリカでも、テロリストからの攻撃に怯えなければならないのは皮肉だ。いや、軍事力が強いからこそ、テロの恐怖に怯えなければならないのかもな。昔、学校で習った「作用・反作用」みたいなもの。大きな力をふるう者は、それに見合った力を返されるということなのだろう。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:1

nc700x 2013年5月29日

 アメリカはこの圧倒的軍事超大国を維持するために国民健康保険すらも犠牲にしている。
 中国もそれをまねている。
笑えませんか。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2011/02/15/%e7%b1%b3%e5%9b%bd%e9%98%b2%e4%ba%88%e7%ae%97%e3%81%af%e3%80%81%e4%bb%96%e3%81%ae%e4%b8%8a%e4%bd%8d14%e3%82%ab%e5%9b%bd%e3%81%ae%e8%bb%8d%e4%ba%8b%e8%b2%bb%e5%90%88%e8%a8%88%e3%82%88%e3%82%8a%e5%a4%a7/trackback/
トラックバックの送信元リスト
米国防予算は、他の上位14カ国の軍事費合計より大きい - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 米国防予算は、他の上位14カ国の軍事費合計より大きい

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る