ホーム > ニュースな数字 > 熱海市の給食費滞納率は、1年間で0.50%から1.42%に急増

熱海市の給食費滞納率は、1年間で0.50%から1.42%に急増

滞納かさみ全校で給食中止…累計500万円

 静岡県熱海市の市立中学校1校で1月下旬、給食費の滞納がかさんで食材が工面できなかったとして1日だけ給食を休み、生徒に弁当を持参させていたことが24日、わかった。
 この中学校では25日にPTA総会を開いて校長が保護者に経緯を説明し、「きちんと支払っている生徒も含め一律に給食を休んだのは、公平性の点で問題があった」として謝罪する。

(2011年2月25日 読売新聞)

 この種のニュースを目にすると、当事者の苦労が伝わってくるようでつらい。外野である僕らは、「滞納している生徒の給食は止めてしまえ」「逆に、給食費を無償にしろ」など、勝手なことばかり言う。しかし、現場で対応している方々にとって、これは一筋縄ではいかない問題だ。

 静岡県サイト内の「統計センターしずおか」コーナーにある「学校基本調査」ページによれば、熱海市内の小学生は1337人、中学生は771人。上で紹介した読売新聞記事では、同市における小学生の給食費は月4000円、中学校は4800円とされている。つまり、1カ月に徴収されるべき給食費は、4000円×1337人+4800円×771人=904万8800円だ。
 これに対し、2010年度12月末現在の給食費滞納額は116万円だという。4月から12月の給食費総額は、904万8800円×9カ月=8143万9200円。滞納率は、116万円÷8143万9200円=1.42%となる。
 一方、前年度の滞納額は57万円。この年の小学生は1376人、中学生は821人だったので、滞納率は57万円÷(1376人×4000円×12カ月+821人×4800円×12カ月)=0.50%だ。つまり、滞納率はわずか1年間で、3倍弱になったわけだ。何か手を打たなければと学校関係者が焦る気持ちは、よく理解できる。

 静岡県企画広報部が公開している「静岡県景気動向指数~平成22年11月分」や、厚生労働省静岡労働局の「雇用に関する統計資料(月報)」などを見ると、2009年から2010年にかけての静岡県内の景気・雇用情勢は、さほど悪化していない。つまり、滞納率が高まった主原因は、景気悪化ではなく、保護者の倫理観欠如に求められそうだ。

 だが、モラルの低い保護者を懲らしめるため、滞納者に給食を提供しない仕組みを導入するというのは無茶だ。給食費を滞納している保護者の中には、本当に困窮し、給食費を払う余裕が一切ない人も多い。例えば、2010年12月14日付け当ブログ記事「生活保護を受けているのは35世帯に1世帯」で書いたとおり、生活保護を受けている世帯は全体の2.84%。また、2011年2月9日付け記事「携帯電話を持っていない高校生は35人のうち1人だけ」で触れたように、公立高校における学校納付金滞納率は5.5%に達している。もし、滞納者に給食を提供しなければ、本当に困っている家庭にも累が及ぶ。それは、問題の解決法としては最悪だと思うのだ。一方、給食を廃止して弁当制にせよという意見もあるが、これも論外。子供に毎日弁当を持たせた経験があれば、給食のありがたみは骨身に染みているはずだ。
 だから、今の時点で現実的な対処法は「個別対応」しかない。余裕があるのに給食費の支払いを渋る保護者に対し、個別に説得を続ける。それが、現状で学校などが採りうる、唯一の手段なのだ。ところが、これが難問であることは容易に想像がつく。倫理観の欠けた保護者が、1、2度説得したくらいで心を入れ替えるわけがない。また、給食費の滞納額は年額で5~6万円。金額が小さいだけに、手間を掛けすぎると回収費用の方が高くついてしまう。いろいろな面で、割に合わなすぎるのだ。

 唯一、現実味のある解決手段は、給食費の無償化だろう。財政難に悩む地方自治体に負担を強いるのは難しいが、子ども手当の財源を給食費に充てるのは十分に考えられると思う。大阪選挙区あたりの国会議員が、次の選挙で提案しないだろうか?

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2011/02/25/%e7%86%b1%e6%b5%b7%e5%b8%82%e3%81%ae%e7%b5%a6%e9%a3%9f%e8%b2%bb%e6%bb%9e%e7%b4%8d%e7%8e%87%e3%81%af%e3%80%811%e5%b9%b4%e9%96%93%e3%81%a70-50%ef%bc%85%e3%81%8b%e3%82%891-42%ef%bc%85%e3%81%ab%e6%80%a5/trackback/
トラックバックの送信元リスト
熱海市の給食費滞納率は、1年間で0.50%から1.42%に急増 - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 熱海市の給食費滞納率は、1年間で0.50%から1.42%に急増

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る