ホーム > ニュースな数字 > 神奈川県の人口は東京都の7割、県民総所得は5割に及ぶ

神奈川県の人口は東京都の7割、県民総所得は5割に及ぶ

東京都知事選:松沢・神奈川県知事が正式出馬表明

 神奈川県の松沢成文知事(52)が1日、都内で記者会見し東京都知事選に立候補することを正式に表明、神奈川、埼玉、千葉との首都圏連合の強化などを公約として掲げた。無所属で出馬し政党の推薦は求めないものの、政策を理解してくれる政党からの支援は受け入れる方針だ。

(2011年3月1日 毎日新聞)

 次回の都知事選に、現神奈川県知事の松沢成文氏が立候補を表明した。また、都知事選には前宮崎県知事である東国原英夫氏の出馬も噂されている。
 上で紹介した毎日新聞記事によれば、松沢氏の出馬理由は「東京から日本を刷新するため覚悟を決めた。大きな舞台でリーダーシップをとるのが政治家としての使命」ということらしい。しかし、これは分かりづらい動機だと感じる。

 下の表は、東京都、神奈川県、宮崎県の、人口・税収・一般会計の予算規模・実質県民総所得を比較したもの。また、東京都を100とした場合の、神奈川県・宮崎県の比率を掲載している。税収や一般会計規模は、東京都サイトの「『平成22年度 東京都予算案の概要』について」、神奈川県サイトの「平成22年度当初予算案等の概要」、宮崎県サイトの「平成22年度当初予算案の概要について」を、人口と県民総所得については総務相統計局サイトの「社会生活統計指標-都道府県の指標-2011」を参照している。

  東京都 神奈川県 宮崎県
人口 1286.8万人 894.3万人 113.2万人
 100 69.5 8.8
税収 4兆1514億円 9326億円 780億円
 100 22.5 1.9
会計規模 6兆2640億円 1兆7583億円 5773億円
 100 28.1 9.2
県民総所得 87兆6684億円 42兆3804億円 3兆8198億円
 100 48.3 4.4

 宮崎県は、人口や会計規模などさまざまな点で、東京都より格段に小さい。だから、県知事という地位で影響力を行使しようとした場合、なにかと限界があるのだろう。その意味では、東国原氏が都知事選に立候補する動機は理解しやすい(彼が本当に立候補するかどうか、まだ分からないが)。
 一方、神奈川県は経済的・政治的に大きな力を持つ県だ。人口は東京都の7割もあり、日本で2番目。県民総所得も、東京都の5割弱に及ぶ。横浜市・川崎市・相模原市と3つの政令指定都市を抱えるためか、会計規模はやや小さいが、それでも東京都の3割弱はある。

 確かに東京は日本の首都だし、日本最大の都市でもある。ただ、神奈川県だって、十分に「大きな舞台」なのだ。東京都知事として日本を刷新できるなら、神奈川県知事のままでもできたのではないか。松沢氏に対しては、どうしてもそんな疑問がわいてくる。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:4

くま 2011年3月2日

やっぱり一番になりたいんじゃないでしょうか。
神奈川を動かせたのなら充分東京を動かせるでしょう。
(神奈川県政がどうなっているのか、リーダーシップがどうなのかは全く存じておりませんが。)

白谷 2011年3月2日

くまさん、こんにちは。

松沢氏の動機は、「一番になりたい」なんでしょうかねえ?
それなら国政に出て、大臣なり首相なりを目指すのが自然だと思うのですが。
確かに都知事は特別なポジションなのかもしれませんが、
神奈川県知事と同じ「知事」に過ぎませんから。
また、東国原氏という強力なライバルが出馬する可能性もありますし、
リスクの割に得られるものが小さい気がするんですよね。

中華街だいすき! 2011年3月6日

こんばんは。素性はメアドでご推察くださいませ。
以下は私の独断と偏見だということを、先にお断りしておきます。

K県は、Y市やK市という古株で強い自律性をもつ政令指定都市を抱えていて、両市と協調を図らないと何かと事がうまく運ばない、という側面があります。
極言するとK県は「Y市とK市を除いた地域」の担当、という、見方によってはあまり面白くない立場に立たされることがあるのです。
これは、同じ首都圏でも●県や○県とは違うところです。

いっぽう東京都は、名実ともに地方公共団体のトップであり、都道府県の知事会はもとより、全国大都市会議や関東9(10?)都県市など、様々なサークルで自治体を束ね、国にプレッシャーを与えたり、新しい国策を「誘導」したりと、他の道府県にはまねできない力があります。

この差を8年間、目の当たりにしていれば、
「あっちのハンドルを握りてえなあ」
と考えても、無理はない気がします。

白谷 2011年3月6日

中華街だいすき!さん、こんにちは。
「神奈川県は、横浜市と川崎市を除いた地域」とのご指摘、
また、東京都の持つパワーについてのご説明、共に納得しました。
都知事の方が神奈川県知事より、国政に対する影響力が格段に大きいのですね。
ご教示、どうもありがとうございました。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2011/03/01/%e7%a5%9e%e5%a5%88%e5%b7%9d%e7%9c%8c%e3%81%ae%e4%ba%ba%e5%8f%a3%e3%81%af%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%81%ae7%e5%89%b2%e3%80%81%e7%9c%8c%e6%b0%91%e7%b7%8f%e6%89%80%e5%be%97%e3%81%af5%e5%89%b2%e3%81%ab/trackback/
トラックバックの送信元リスト
神奈川県の人口は東京都の7割、県民総所得は5割に及ぶ - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 神奈川県の人口は東京都の7割、県民総所得は5割に及ぶ

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る