ホーム > ニュースな数字 > 福島原発から60km地点の放射線量はCTスキャン1.4回分に過ぎない

福島原発から60km地点の放射線量はCTスキャン1.4回分に過ぎない

米「日本の避難範囲も正当」 4号機水なし発言は修正

米エネルギー省のポネマン副長官は17日、ホワイトハウスでの記者会見で、福島第一原発の事故による住民の避難範囲が日米で食い違っていることについて「(日本側による)措置はとりあえず正当、というのが私たち全員の見解だ」と述べ、問題ではないとの認識を示した。

 避難範囲については、日本が「第一原発から半径20キロ圏内の住民に避難を、20~30キロ圏内では屋内退避」としているが、米国が自国民に対し「80キロ圏内は避難」としており、韓国なども同様の措置を取っている。

(2011年3月18日 朝日新聞)

 上で紹介した朝日新聞記事でも解説されている通り、福島第一原発の事故において、日本政府は「半径20キロメートル範囲は避難・30キロメートル範囲は屋内退避」と定めている。一方、アメリカ・イギリス・韓国政府などは、避難範囲を半径80キロメートルとしているようだ。
 こうした違いが生まれるのは、当然のことだ。外国政府は、事故現場にスタッフを派遣してるわけでもないし、事故に関するデータを集める手段もない。彼らは、現場を正確に把握するだけの一次情報を持ち合わせていないのだ。だから、最悪の事態に備え、リスクを過大に見積もるのは自然な態度だろう。
 一方、日本政府が得ている情報は、相対的に豊富だ。事故現場の状況を最も正確につかんでいるのは、日本政府であり、東京電力なのである。彼らは最悪の事態ではなく、現状分析に基づいて避難範囲を決めている。それが、「20~30キロメートル」と「80キロメートル」の差を生み出しているのだ。

 だから、「外国人は80キロメートル内でも避難してる!」とパニックになるのは間違いだ。文部科学省の「都道府県別環境放射能水準調査結果」ページを見ると、福島第一原発から130キロメートルほど離れた茨城県水戸市の放射線量は、1時間あたり0.2マイクロシーベルト程度。24時間・365日間外に出ていたとしても、1年間に受ける放射線量は1800マイクロシーベルト程度にしかならない。これは、世界における1人あたりの自然放射線量(1年間に2400マイクロシーベルト)より少ないのだ。また、宮城県の「福島第一原子力発電所事故にかかる情報及び相談窓口」ページによれば、福島第一原発から60キロメートルほどの宮城県山元町で、16~17日にかけて1時間あたり1.2~1.6マイクロシーベルトを計測。1年間に換算すると約1万マイクロシーベルトで、これはCTスキャン(約6900マイクロシーベルト)の1.4回分に相当する。やはり、日常生活には影響のないレベルだ。
 現在のところ、僕には「半径30キロメートル圏内」の放射線量がどうなっているのか分からない。しかし、現状のまま事態が推移すれば、少なくとも「30キロメートル圏外」は問題のない放射線量に抑えられるだろう。また、事故が上手に処理できれば、「30キロメートル圏内」でも、放射線量の値は劇的に下がるだろうと推測できる。

 繰り返しになるが、今回の事故状況を最も正確に把握しているのは、日本政府と東京電力だ。たちの悪い陰謀論を信じるのは自由だが、そうして目が曇ると、判断力は確実に低下する。まずは、政府や東電の出す情報を、先入観なく見つめること。それが、己や家族、友人を守るために一番大切なのだ。

※3月18日22時30分追記
3/18の17時時点で、「CTスキャン1回分」の放射線量を「5万マイクロシーベルト」と誤って記載していました。正しくは、上記の通り「6900マイクロシーベルト」です。訂正させていただきます。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:4

umi 2011年5月15日

諸外国の政府は内部被曝を心配しているのだと思います。
外部被曝よりもストロンチウムなどによる内部被曝の方が影響が長く残り、危険です。

農産物はどうしても産地から近いところで消費される傾向がありますので、例えば関西に住んでいれば普通に生活していてもストロンチウムなどに汚染されているリスクのある関東・東北の食品を食べる可能性は低いですが、原発から近いエリアでは汚染食品を気がつかずに消費してしまう可能性が高いでしょう。

もちろん必ず骨肉腫などで死亡するかというと、確率的影響なので、必ずというわけではありません。ただ、リスクが高まるのは確かです。

神奈川県でさえ基準越えの食品が発見された今、関東・南東北から退避するように指示している国の政府は賢いと思います。

それと、日本政府と東電が情報を一番持っていてもそれを正直に伝えるとは限りません。例えば食品が汚染されていても政治家は生産者の票を気にして正直に発表しないということは充分考えられます。だから、消費者、一般市民は自衛するしかありません。

白谷 2011年5月15日

umiさん、こんにちは。
内部被曝が恐ろしいというご指摘は、その通りだと思います。
特に、食物連鎖による生物濃縮については、
注意を払わなければなりませんよね。
また、消費者・一般市民には自衛が必要という点についても、
ある程度は賛同します。
ただし、「必要以上に恐れる」のは間違っていると、
僕は確信しているのです。
.
>関東・南東北から退避するように指示している国の政府は賢いと思います。
.
例えばアメリカは4/15に、
「米国政府職員家族に対する自主的国外退避勧告」を解除しました。
フランスは4/16、ロシアも4/18に、日本への渡航制限を緩和しています。
彼らの政府が「賢い」のであれば、
現状は恐れるほどで深刻ではないと判断できるのではないですか?
.
元記事でも書いた通り、彼らは事故発生当時、
原発事故に関する情報をほとんど持ち合わせていなかったはずです。
だから、被害を最大限に見積もったのでしょう。
ところが、日本政府・東電が(遅まきながら)出してきた情報を見ると、
事態はそこまで深刻ではないようだ……。
彼らがそう考えたのが、「退避勧告→解除」の過程だと思います。
.
>日本政府と東電が情報を一番持っていてもそれを正直に伝えるとは限りません。
.
おっしゃる通りです。
彼らは時として、国民の命より自らの保身を大事にします。
ただ、彼らがすべての事実を「隠蔽」するのは無理です。
今は、さまざまな手段で事態を把握する手段があります。
普通の市民が、市販のガイガーカウンターを使って
地表や野菜の放射線量を計測できる時代ですから。
.
繰り返しになりますが、自衛は必要です。
でも、恐れすぎても百害あって一利なしだと思うのですよ。

さくらい 2011年7月20日

CTスキャンの健康への影響について、New England Journal of Medicineなど信頼の置ける医学紙をご参照されることをおすすめします。

白谷 2011年7月20日

さくらいさん、はじめまして。
できれば、「New England Journal of Medicine」の
どの号・どの論文を読めばいいのかをお教えいただくと大変助かるのですが、いかがでしょうか?

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2011/03/18/%e7%a6%8f%e5%b3%b6%e5%8e%9f%e7%99%ba%e3%81%8b%e3%82%8960km%e5%9c%b0%e7%82%b9%e3%81%ae%e6%94%be%e5%b0%84%e7%b7%9a%e9%87%8f%e3%81%afct%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b31-4%e5%9b%9e%e5%88%86%e3%81%ab/trackback/
トラックバックの送信元リスト
福島原発から60km地点の放射線量はCTスキャン1.4回分に過ぎない - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 福島原発から60km地点の放射線量はCTスキャン1.4回分に過ぎない

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る