ホーム > ニュースな数字 > 避難所における1人あたり面積は1.4m四方しかない

避難所における1人あたり面積は1.4m四方しかない

東日本大震災:避難所「ストレス極限」…情報も足りない

 「嘔吐(おうと)する人が目立つ」「ストレスが極限に来ている」。宮城、岩手、福島の避難所運営責任者アンケートからは、被災者の心身の状態が日々悪化していることが浮かんだ。医薬品が乏しく、暖房が不十分で風邪をひく人も多い。着替えが不足し、トイレの状態も劣悪で衛生面にも課題がある。先行きが見えないこともストレスの原因となっている。

(2011年3月21日 毎日新聞)

 大震災が起こってから10日が経った。しかし、大きな被害を受けた宮城県や福島県では、現在も数多くの人が避難生活を余儀なくされている。
 警視庁の報道資料「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震の被害状況と警察措置」によると、3月21日18時現在の避難者数は合計33万7300人。うち、福島県の避難者が13万1665人、宮城県の避難者が13万1554人を占める。総務省統計局の「社会生活統計指標 -都道府県の指標-2011」ページによれば、福島県の人口は204万人、宮城県の人口は234万人。つまり、福島県では全人口の6.5%、宮城県では5.6%ほどが避難所で暮らしているのだ。

 上で紹介した毎日新聞記事では、人々がストレスに苛まれている実情が伝えられている。確かに、ちょっと想像しただけでも、避難所が厳しい環境であることは分かる。
 まず、避難所は狭い。例えば、仙台市公式サイトの「指定避難所」ページには市内の避難所が列挙されているが、リストの一番上にある「桜丘小学校」は、面積が1万4027平方メートルに対し収容可能人数は7000人。二番目の「中山中学校」は、面積1万1383平方メートルに対し、収容人数は5600人だ。つまり、1人あたりの面積は、たったの2平方メートル。これは、一辺1.4メートルの正方形の面積に相当する。こんなに狭い場所で長時間過ごすだけで、人は消耗してしまうだろう。また、避難所にはプライバシーがない。寝ている姿や着替えの様子も、周囲に見られてしまう。授乳をする母親や、着替えに手間のかかる身障者などは、さらにつらい思いをするだろう。また、生活リズムや習慣の異なる人々と共同生活をすることも、大きなストレスになる。
 さらに、食料や物資の不足、寒さ、将来の生活に対する不安、肉親などの不幸といった苦しみが追い打ちをかけるのだ。こんな状況で、体調を崩さないわけがない。

 被災地への支援活動において、食料やガソリン、医薬品などの輸送は最優先課題だろう。しかし、それに一応の目処が立ったら、映画や音楽、携帯ゲームといった楽しみも被災者に提供できないか検討してほしい。例えば、ニンテンドーDSが手元にあるだけで、避難場所のストレスはずいぶん軽減されるように思うのだ。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:3

BLITZ 2011年3月22日

一瞬にして生活の全てを奪われた被災者。
今回の震災は、被害の規模が大きかっただけに、
被災者の心労は計り知れません。

現実は厳しく、仮設住宅にしても数に限りはあるし、
希望を捨てずに堪えるしかないんでしょうかねぇ。

くま 2011年3月22日

少し地方に行けば統廃合で廃校になった学校がかなり存在します。
鉄筋コンクリート製で体育館・グラウンドが付いていて、学校菜園などが有ったりします。
寄宿スペースを作り先生と生徒が生活できる様にすれば子どもたちの教育を充分に担えます。何人かの保護者に交代制でお世話係になってもらい、地元の方々に協力してもらえば良いと思います。
また入居率の低い公団住宅、アパート・マンションを公的機関が借り上げたり提供してもらったりして復興まで生活の場としてもらう手もあります。
ホームステイと言う方法もあります。これはすでにニュースにもなった事で、すでに取り組が始まっています。
有るものを上手く利用すれば仮設だけに頼らなくても良いように思います。
5年位なら何とか対応できるんじゃないでしょうか。

白谷 2011年3月22日

○BLITZさん
希望を持つためには、
「未来は今日よりも良くなる」と思えることが必要なのだと思います。
衣食住が確保され、新しい仕事が見つかり、
学校や交通機関が整備される……。
そうした取り組みを、着実に実現させなければなりませんね。
ぜひ、国には全力を尽くしてもらいたいですし、
僕らも協力すべきだと思っています。
.
○くまさん
廃校の活用、良さそうなアイディアですね。
(そういえば、昨年の7月14日に、
「5年間で小・中・高校は1646校減少~
『廃校』の活用法を模索しては?」という記事を書きました。)
ぜひ活用法を模索してほしいです。
それから、東京電力の社員寮・保養施設を
被災者に提供せよという意見もあるようです。
こちらも、至極もっともだと思います。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2011/03/21/%e9%81%bf%e9%9b%a3%e6%89%80%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%91%e3%82%8b1%e4%ba%ba%e3%81%82%e3%81%9f%e3%82%8a%e9%9d%a2%e7%a9%8d%e3%81%af1-4m%e5%9b%9b%e6%96%b9%e3%81%97%e3%81%8b%e3%81%aa%e3%81%84/trackback/
トラックバックの送信元リスト
避難所における1人あたり面積は1.4m四方しかない - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 避難所における1人あたり面積は1.4m四方しかない

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る