ホーム > ニュースな数字 > 来季は、過去最多の日本人メジャーリーガーが生まれるかも?

来季は、過去最多の日本人メジャーリーガーが生まれるかも?

大リーグ外国人出身地、日本は6位に後退

 米大リーグは1日、開幕メジャー(出場選手登録枠各チーム25人と故障者リスト登録選手)846選手の出身内訳を発表し、昨年と同じ27・7%の234人が、米国以外の国や地域の出身となった。
 出身国・地域は14に上り、ドミニカ共和国の86人をトップに、ベネズエラが62人、プエルトリコが20人で続いた。上位3か国・地域は昨年と変わらないが、昨年は14人で4位だった日本は、今年は10人に減り、16人のカナダ、11人のキューバに抜かれ6位に後退した。

(2011年4月2日 読売新聞)

 メジャーリーグが開幕戦を迎えた。メジャー11年目のイチローは、2安打2盗塁と堂々の船出。一方、今季からツインズでプレイする西岡剛は、タイムリーエラーを犯してほろ苦いデビュー戦となった。

 ところで、開幕時にロースター入りを果たした日本人メジャーリーガーは、上の読売新聞記事で紹介されているように10選手。昨年に比べて4人減った。そこで、野茂英雄がドジャーズに入団した1995年からの、日本人メジャーリーガーの人数をまとめたのが下のグラフ。

日本人メジャーリーガー人数の推移

 日本人選手によるメジャー入りの道を切り開いたのは、なんと言っても野茂英雄だ。1995年の成績は、13勝6敗、防御率2.54。9月にはノーヒットノーランを記録し、新人王と奪三振のタイトルを獲得した。前年のストライキで人気が落ち込んでいたメジャーリーグにとって、「トルネード」は救世主だったのだ。
 野茂の成功により、日本人投手は脚光を浴びた。そして、翌1996年にはマック鈴木、1997年には長谷川滋利や伊良部秀輝などがメジャー入り。その後しばらくは、「投高打低」の状況が続いたのである。

 風向きが変わったのは2001年。イチローと新庄剛志が、日本人野手初のメジャーリーガーとなった。そして彼らの活躍により、日本人野手もメジャーで通用することが証明された。
 その後、田口壮や松井秀喜などが各チームで確固とした地位を築き、日本人野手の数も徐々に増加。2006年には、長谷川の引退や野茂のマイナー落ちなどもあって、野手の数が投手を上回ったのである。

 最盛期の2008年と2009年には、18人の日本人選手がメジャーでプレイしていた。それに比べると、今季の10人という数字はやや寂しい。ただ、来年は多くの日本人選手が海を渡るのではないか。なぜなら、来季は日本プロ野球の経営環境が相当悪くなると思われるからだ。
 2010年10月25日付け当ブログ記事「日本シリーズの放映権料はバラエティ番組制作費の2倍」や、2011年1月6日付け記事「プロ野球全選手の年俸総額は、20年前に比べて2.76倍に増加」でも触れたように、ここ数年の日本プロ野球界は厳しい状況に置かれている。観客動員は頭打ちで、テレビ放送権料は落ち込む一方。親会社による赤字補填も受けにくくなっている。そこに、今回の大震災だ。多くの球団では経営が悪化するはず。そして彼らは、人件費を削減しようと試みるだろう。

 2011年4月1日付け47NEWS・共同通信記事「大リーグ平均年俸2・8億円 最高はロドリゲス27億円」によれば、イチローの年俸は1800万ドル(約15億円)。福留孝介が1450万ドル(約12億円)、黒田博樹が1177万ドル(約10億円)だという。日本プロ野球の状況次第ではあるが、来季はメジャーに移籍して好待遇を勝ち取ろうとするスター選手が増える可能性が高い。ことによると、20人以上の日本人選手がメジャーでプレイする可能性だってあり得る。

 球場で野球を楽しむファンにとって、スター選手が海外移籍するのは寂しいことだ。でも、海外で活躍する日本人選手は、経済的にも精神的にも、日本を支えてくれる。この数年に関しては、スター選手を笑顔で送り出す方がいいのだろうな。そして、その間に日本を復興し、彼らが戻れる環境を用意するのだ。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:2

BLITZ 2011年4月3日

野茂が鮮烈のデビューを飾ってから、
もう16年が経つんですね。

日本人選手のメジャー志向を止めることはできないでしょう。

その一方で、期待されたほどの実績を残せないのも現実で、
松井稼頭央と岩村は、新天地を日本に求めました。
松井秀喜、松坂、福留は、今年が正念場に思えます。

活躍を期待しながら、一喜一憂のシーズンが
幕を開けました。

白谷 2011年4月3日

BLITZさん、こんにちは。
>その一方で、期待されたほどの実績を残せないのも現実で、
>松井稼頭央と岩村は、新天地を日本に求めました。
確かに、松井稼頭央はもっとやれると思ったんですけどね。
また、松坂大輔も期待通りとは言えませんなあ。
松坂の場合、清原和博と同じ失敗を
しているんじゃないかと思うんですよね。
パワーを強化しようとして筋肉を付けすぎ、
しなやかさを失ってしまったのではないかと……。
打つ・投げるという動作の基本は「ひねる力」なのに、
筋肉を付けすぎると、ひねれなくなっちゃうんじゃないかと、
素人ながらに心配してます。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2011/04/02/%e6%9d%a5%e5%ad%a3%e3%81%af%e3%80%81%e9%81%8e%e5%8e%bb%e6%9c%80%e5%a4%9a%e3%81%ae%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%ba%ba%e3%83%a1%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%81%8c%e7%94%9f/trackback/
トラックバックの送信元リスト
来季は、過去最多の日本人メジャーリーガーが生まれるかも? - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 来季は、過去最多の日本人メジャーリーガーが生まれるかも?

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る