ホーム > ニュースな数字 > 日本の全原発を石油火力発電所に置き換えると燃料費は年5兆円増

日本の全原発を石油火力発電所に置き換えると燃料費は年5兆円増

ファイル:東日本大震災 日本の石油需要を上方修正

 国際エネルギー機関(IEA)は12日発表した4月の石油市場月報で、11年の日本の石油需要予測を上方修正し、前月の予測に比べ日量15万バレル多い同445万バレルとした。東日本大震災の被災地の復興や原発事故の影響による需要増を見込んだ。

(2011年4月13日 毎日新聞)

 2011年3月31日付け当ブログ記事「原発を全廃して火力発電所で代替するには10兆7000億円の建設費が必要?」の続き。

 上で紹介した毎日新聞記事によれば、東日本大震災による原発事故などの影響で、日本の石油需要は日量15万バレル増えると見込まれている。
 現在の原油価格は1バレル106ドル前後。原油の輸入量が1日に15万バレル増えると、年間では15万バレル×365日×106ドル≒58億ドルとなる。日本円にして約5000億円。この額があと何年必要になるのか分からないが、これも震災による被害の一部と言えるだろう。

 ところで、東京電力の資料「数表でみる東京電力」を見ると、出力100万kWの発電所を動かすには年140万キロリットルの重油が必要らしい。1万kWあたり1400万リットル(=1.4万キロリットル)だ。一方、電気事業連合会サイトの「電力統計情報」ページによれば、2009年度における原発の最大出力は日本全体で4623万kWとなっている。
 仮に、日本のすべての原発を、石油火力発電所で置き換えるとしよう。すると、4623×1400万リットル≒647億リットルの重油が必要になる。石油情報センターの「価格情報」ページによると、2011年2月時点での重油価格は1リットル77円。つまり、原発を石油火力発電所で置き換えた場合、年に647億リットル×77円≒4兆9800億円の燃料費が必要なのだ。

 火力発電所の燃料としては、重油の他に石炭、LNGなども利用されている。石炭・LNG火力発電所で置き換えた場合の燃料費は分からないが、重油より劇的に安いことはあるまい。もしそうなら、石油火力発電所は放棄されるだろうから。
 日本の原発をすべて止めて火力発電に置き換えると、年5兆円の燃料費が余分にかかる。当然、電気料金は値上げされるし、温室効果ガスの放出量も大幅に増えるはず。そうしたことも、僕らは知っておくべきだ。

****

 反原発派にせよ原発推進派にせよ、感情的に意見を言い募るだけでは不毛だ。原発を廃止した場合のコスト、産業界や環境に与える影響、未来の産業構造や社会のあり方などをすべてまな板に乗せ、進むべき道を考えるべきだろう。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:14

BLITZ 2011年4月14日

地震の規模が想定外なら、被害額も復興予定額も
膨大な金額ですね。

原子炉の廃炉も10年単位の時間を要すとか、
まだまだ先のことになりそうです。

費用はかかっても、安全面を考えるなら石油に
置き換えた方が良いのかなぁ?

産業界にも大きな打撃を与えた地震ですね。

白谷 2011年4月14日

BLITZさん、こんにちは。
被害額の大きさには唖然とします。
僕の計算がどこかで間違っていて、
1ケタか2ケタ小さかったりすると嬉しいんですけどね。
>費用はかかっても、安全面を考えるなら石油に
>置き換えた方が良いのかなぁ?
新設した火力発電所の建設費、維持費などを考えると、
費用はもっともっとかかりそうですが、
お金の問題だけなら何とかなるかもしれません。
でも、もっと重要なのは温室効果ガスだと思ってます。
短期間ならともかく、長期に渡って温室効果ガスを
大量に出してしまうのはあまりにマズい……。
悩ましい問題です。

通りすがり 2011年4月15日

京大の小出裕章さんをご存知ですか?
http://www.ustream.tv/recorded/13897618
これを見ると原発は必要ないことがわかります。運用コストも原発が一番高い。

白谷 2011年4月15日

通りすがりさん、こんにちは。
通りすがりということは、
恐らくこの書き込みを読まれることもないと思いますが、
万が一、次にコメントをいただけるときは
「通りすがり」でないお名前で書き込んでいただけると嬉しいです。
そうすれば、僕も喜んでコメントを返させていただきますので。

ももんが 2011年4月17日

はじめまして。

ご指摘の東京電力の資料を見てみましたが、
現在、火力発電の主力燃料は、石炭(27%)およびLNG(25%)ですよね。この二つが半分以上占めています。石油は14%弱です。
よって石油火力に置き換える試算は、少々無理があると感じます。

今は、LNGのガスタービン火力がホットなようです。技術が上がり、効率も非常にいいみたいですよ。CO2がネックですが・・・

白谷 2011年4月17日

ももんがさん、はじめまして。
コメントをありがとうございます。
.
ご指摘の通り、石油による発電より、
石炭とLNGの方がずっと多いですよね。
本来なら、これらの燃料を使った試算もすべきですが、
燃料価格などのデータのありかがわかりませんでした(^^;。
また、石油は国内にかなりの備蓄がありますが、
LNGは専用の輸送船や液化施設などが必要で輸出量を急激に増やしにくいため、
「原発の代わりに急きょ切り替える」という想定に
ふさわしいかどうか、自信がもてませんでした。
そこで、とりあえず石油のデータで計算し、燃料費の目安を知ろうと試みたわけです。
LNGの方が、現在のところ燃料費は抑えられそうですね。
ただ、それでも「年に数兆円」という規模感は外していないと思います。
.
>CO2がネックですが・・・
ご指摘の通りですね。
発電所からのCO2排出量は、日本全体のCO2排出量の3割程度というデータを、
どこかで読んだ記憶があります(うろ覚えですが……)。
もし原発を止めて火力発電に切り替えた場合、
京都議定書の達成は完全に諦めなければなりませんね……。
.
ちなみに、僕は現在のところ、「消極的原発承認派」とでも呼ぶべき立場です。
コストよりCO2排出問題が厳しいため、火力発電への切り替えは難しいと思ってます。
そのため、次世代エネルギーの開発を最大限急ぎ、
産業に大きなダメージを与えない範囲で節電をしながら、
数年間(?)、苦渋の思いで、原発を運転せざるを得ないと思ってます。

白谷 2011年4月17日

ももんがさん、再びコメントです。
Wikipediaの「火力発電所」の項を見ると、
現在日本では、石油火力発電所を新たに建設することが
禁じられているようですね(初めて知りました)。
ですので上の試算は、確かに無理がある設定ですね。
ご指摘ありがとうございました。勉強になりました。

SINJITUマン 2011年4月26日

一般の多くの人は地球温暖化の原因の一番或いは比重の大きいものはCO2だと思い込んでいるんだよな。間違いだよ!ちゃんと調べた方が自分のためだよ。それに、火力発電よりも原子力発電の方が地球をとても温めているんだよ。原子力を使って発電する時発生する熱エネルギーを1とすると、1/3しか電力として作っていない。(大まかではあるが)あとの2/3の熱を海に排出している。日本の海水温度が少しずつではあるが上昇している。変な生き物も増えている。地球温暖化の原因の内、CO2の占めてる割合なんてほんの微々たるもんなんだよね・・・
日本は世界一の地震国家であることは間違いのない事実。
人間がいくら優秀でも、日本の技術者がいくら優秀でも、どれだけ頭のいい東大教授でも、大事故を起こした原発は止められないんだよ!一度汚染した地区は半永久的に元には戻らない。放射線は消えても放射性物質はなくならない・・・今原発を止めないと直下型地震が来たらこの次はもう日本は終わりだよ・・・

米粉パン 2011年6月20日

元太陽電池業界のものです。

幕張メッセの「電気のふるさと市」のような展示会を見て、電力会社は、それぞれの土地の実情にあった発電所を作って供給していて大したものだといつも感心していました。

以前は、自然エネルギーだけで3割はいけると見ていました。

2010年のスペインの発電電力量に占める再生可能な自然エネルギーの比率は水力16%、風力16%、太陽光2%、太陽熱1% 計35%に達っします。他の比率は原子力が22%、天然ガス火力23%だそうです。

日本では、関東以西と北海道の太陽光発電、東北・北海道北岸の海中大型風力発電と紀伊~沖縄の風力発電、日本各地の温泉地区の蒸気での地熱発電と温度差発電(温泉好きなので湯が減ると困るから、ゼーベック効果や低温ならウエハラサイクルの応用。)等輸入しなくても自前でのエネルギーに満ちています。

 でも、原発事故の後は、汚染処理での放射性セシウムでのファイトレメディエーション用のヒマワリやナタネを育てその後ですが、バイオエタノール/バイオディーゼルにして、セシウム除去後の用途として、火力発電になると一石二鳥で良いし、急ぐ必要があると思っています。

 天地返し・鋤き込みは、見かけは、速効性がありますが、救い難い愚行で、分解されて無害化する性質のものでなく、汚染物質の循環で、人間の体内濃縮することを考えれば、長期的に何世代かの被曝につながるでしょう。
(自分が日本人でなければ、故郷に帰ります。)
費用をかけて、いずれは天地返しを掘り返しての洗浄が必要な地区もあるでしょう。

 当然、これから数十年かかる汚染処理の費用は、原発費用に加えるのは常識でしょうから、計算上の導入経費は下げるべきです。
(基本的に、原発推進派は、帳簿上、廃棄物の処理方法を決めていないから、幾らかかるかの比較可能な数字は、出せていないことを認め周知させるべきです。そうでないと、作為的に虚偽の数字・誤解を招く数字を示して未公開株を買わせる詐欺のように言われかねないでしょう。)
 電力会社の負担ということは、税金にしろ、電気代にしろ、負担させられるのは、結局は利用者・国民ですから、汚染除去を発電用燃料作成とを同時に出来れば、負担を最低限になり、被災地の再生、雇用・・・等の為になるのではないか?

鳩山総理が海外公約をしてしまった25%CO2削減の為には、何が一番良いか?

じっくり考えましょう。

白谷 2011年6月20日

米粉パンさん、はじめまして。
書き込み、とても勉強になりました。
どうもありがとうございます。
.
地熱発電や温度差発電の潜在能力は大きいのですね?
風力発電の稼働率がさほど高くない現状を知り、
脱原発への道は遠いかとため息をついていたところだったので、
心強く感じました。
早い段階(できれば10年くらい)で自然エネルギーの比率を
3割程度に引き上げられれば、原発廃止の道筋が見えそうですね。
例えば、風力発電で日本の全発電量の3割を目指すのは困難ですが、
風力で1割、地熱で1割、
太陽光・バイオマス・温度差を合わせて1割と考えれば、
それなりに実現可能性があるように思えます。
.
「天地返し・鋤き込み」については、悩ましい問題だと思います。
ご指摘いただいた通り、長期的には再度掘り返して
わざわざ洗浄するという二度手間が必要になるでしょう。
ただ、現実問題として福島に住んでいる方々のことを考えると、
ひとまず埋めるという選択肢は
十分に理にかなっているとも感じました。
行政担当者としては、苦渋の選択だったのかもしれません……。
.
>じっくり考えましょう。
.
そうですね。
僕らは、自らの暮らしについて、
もっとじっくり考えるべきなのだと思います。
多くの人が満足する解はないのでしょうが、
僕らの幸せの合計が最大化するような解を、
何とかして見つけなければならないのだと思っています。

フルアーマー 2011年7月20日

半分しか稼働してないものを最大出力で計算しています。0.5を掛け忘れたのでしょうか。

白谷 2011年7月20日

フルアーマーさん、コメントありがとうございます。
ご指摘の通り、最大出力ではなく年間発電量で算出する方が、
ベターだったでしょうね。
ただ、火力発電所の稼働率も100%ではありませんので、
単純に0.5を掛けるのではまずいと思いますがいかがでしょう?

ああ 2012年3月19日

検索すれば火力発電の燃料ごとのコストの違いが出てきます。石油は石炭やLNGに比べコストが倍近いですね。

R-1 2013年5月20日

◆2012年度、震災後1年でほぼ原発ゼロになりました。
原発の発電量;
2010=28.6%
2011=10.7%
2012=1.7%

⇒ 日本国民は何とかあと数年間をがんばってこのまま原発を廃止まで持って行ってほしいと切に願っています。

◆原発ゼロでも電力不足は起きません。
まるで奇跡。日本国はものすごい底力があると思います。

・最大電力需要(電力9社)の減少
2010=17987万kW
2011=15661万kW
2012=15742万kW(2010年比▲2245万kW▲12.5%)
この傾向は定着したと言われます。

・稼働していなかった石油火力設備などがたくさんあった。
・東電/東北電力/中部電力などが計画前倒しの急激な電力増強(数千万kW)。

なので、自家発や電力融通や揚水をあまり使わなくても電力は足りてしまいました。

今夏は、さらに太陽光の急増もあり、原発ゼロでもすでに十分に余裕のある状態です。

◆原発ゼロによる燃料費増加額;
2012年度=約3.1兆円
2013年度は、円安で3.8兆円になると予測されています。

なぜか韓国の数倍の価格で買っているLNGや、最も高い石油をたくさん炊いているので、燃料費増加が現在の最大の問題です。

◆燃料単価(/kWh)(2013年)
石油=20円
LNG=13円
石炭=5円

◆CO2排出と地球環境汚染
火力増加によるCO2排出量の増加は問題です。
しかし、原発再稼働で放射性物質を生産するよりは、地球環境に良いと思います。

・今の人類の技術では無害化する事のできない放射性物質は、処理管理方法も確立していない。放射性物質は人類史上最悪の環境汚染物質です。人類がその技術を得るまでは、本来、生産(稼働)を禁止すべきです。

・原発の熱効率は30%で先端LNG火力は60%なので、
同じ電力を得るのに、原発は火力の3.5倍の無駄な熱を直接に排出します。原発は実は巨大な海水温暖化装置です。

・原発の建設費は火力の5倍、原発を稼働したとたんに原子炉建屋自体が将来50~100万トンの放射性廃棄物になります。また、ウランの採掘や、使用済み核燃料の10万年の処理/管理は、すなわちCO2排出を意味します。

誰も計算していませんが、10万年などを計算に入れたら、原発の地球温暖化が火力よりも少ないということ自体がそもそもあやしいのでは?

◆LNGの可採年数と価格
・最近、カナダだけでなく米国からも安いLNGの輸出/輸入の許可が出ました。3~4年後からLNGの価格は大きく下がり始めます。

・シェルーガス革命により、天然ガスの可採年数は250年とか400年とか言われるようになり、再生可能エネがコスト的にも成り立つようになるまでの開発期間、数十年間は、枯渇の心配無しに安くLNGが使えるようになります。

◆原発は、ランニングコストだけでも、石油や太陽光よりもはるかに高い。

原発を全面再稼働した場合、1年間で増加する、将来の処理費用(負債・借金)
⇒ 『3兆円~29兆円/年』

・ウラン燃料の場合;
「2兆9113億円/年」 (=6.603億円×4409.1万kW)
・MOX燃料の場合;
「29兆1130億円/年」 (=6.603億円×10倍×4409.1万kW)

◇今までに貯めた使用済み核燃料の処理費用は、将来、『74兆円』かかる。

『原発「安価」神話のウソ、強弁と楽観で作り上げた虚構、今や経済合理性はゼロ』 東洋経済2011年6月11日号
「 “真”のバックエンド費用は約74兆円──。」

◇現在の稼働可能な原発の「設備容量」=4409.1 [万kW]

◇今までの「出力×年数」=112070.6 [万kW・Y]

◇1 [万kW・Y]当たりの処理費用=『6.603億円』 (=740000÷112070.6)

◇MOX燃料は、放射能レベルがウラン燃料の10倍高いので、処理費用も10倍とする。

※その他に、さらに加えて、維持費1.7兆円や原発関連メーカーへの支出2兆円以上(2009年度実績)や広告宣伝費2000億円や税金の支出4300億円など、年間4兆円以上が発生する。

→ 原発を稼働すると、表に出ていないだけで、本当は、日本経済に極めて深刻な損害が発生し続けるのです。

◆燃料費とCO2の削減方法

①先端火力の効率が大きく改善したので、老朽火力を先端火力に更新すると、燃料費もCO2も大きく下がります。

◇老朽石油火力から先端LNG火力(GTCC)(100万kW)への転換で
・燃料費削減額=491億円/年
・CO2削減=55%

◇老朽石油火力から先端石炭火力(IGCC)(100万kW)への転換で
・燃料費削減額=1051億円/年
・CO2削減=ほぼ変わらず

◇老朽石炭火力や老朽ガス火力も、先端火力に更新するだけで、燃料費もCO2も大きく削減されます。

※先端LNG火力(GTCC)は、建設費600億円、環境アセスの特例で3~5年で建設可能。採算性が良いので民間資金で可能です。LNG火力のCO2排出量は石炭火力の1/2です。

※GTCC(&IGCC)は原発にはできない出力調整が容易なので、すぐ近い将来、急増する再生可能エネの「バックアップ電源」として最適!再生可能エネを急増させるために、まだ高いコストの蓄電池を準備する必要はありません。

※すでに昨年夏から2013年夏までに、東京電力210万kW、東北電力227万kW、関西電力100万kW、中部電力178万kWなどが増強中。もっと加速すべき。

②LNGの価格ダウン
カナダ/米国/欧州/ロシアからの購入と、価格交渉。
すでに、3~4年後から価格は大きく下がリ始めることが見えて来ました。
それまでのカタール産などの価格をどこまで交渉できるかどうか。
LNGの全量が3割下がると燃料費削減額は『1兆5000億円』、4割下がると燃料費削減額は『2兆800億円』。

③再生可能エネの導入

◇太陽光発電の増強は、震災後から2013年度までに1000万kWにも達します。これにより、
・最大電力需要の5.1%をまかなう。
・燃料費は約2000億円/年以上が削減する。
・CO2排出量の削減は火力1.9基分がゼロになる。

◇当面の数年間は、少しづつでも、地上風力、バイオマス、バイナリー発電の増強が期待されます。

◇2020年に向けて、福島沖200万kWなどの洋上風力や、地熱発電の増強が期待されます。

◆今後の日本の進むべき方向

すでにドイツでは2013年4月の12時に、再生可能エネが50%以上の発電をになった。
世界では、風力発電が1年で原発40基分以上が新設されている。
実はドイツより日本ははるかに再生可能エネの資源に恵まれている。ドイツにはほとんど無い水力も地熱もあり、太陽光には緯度の低い日本の方が有利で、洋上風力の可能性は無限とも言える。

世界で急激に立ち上がっている巨大市場の新産業分野で、日本だけが大きく立ち遅れている。日本は、先進各国ではすでに完了している「規制緩和」や「電力の自由化」をもっと急ぎ、日本でも新産業分野や、雇用の創出、真の経済活性化に本格的に乗り出すべきと思う。

日本だけが遅れてしまった原因は、まさに「原発の存在」であると思う。
国会事故調が指摘した福島原発事故の「根源的原因」とは、原子力行政と電力業界に存在する壮大な「不正と癒着の構造」のことである。
「地域独占」と「総括原価方式」に守られた電力業界には、公正な自由競争は無く、競争入札すらも無い。常識的なコスト意識は無く、普通の企業マインドも無い。その実質は公務員。公務員が、国民の電気代と言う公金を、一部の原発既得権益者に配っている。たとえ法律に触れていなくても、常識/良識で考えれば、まさに犯罪行為と言っても過言ではない。
不正な「随意契約」「天下り」「寄付金」「やらせ」「隠蔽体質」が常態化している。
本当は最も高いコストの原発を維持するために、電力の自由化や再生可能エネルギーの導入を邪魔してきた。
日本の電気代が高い本当の理由は、「原発」「総括原価方式」「電力が自由化していないこと」に原因がある。

真に日本経済のためには、まず原発の再稼働ではなく、原発の廃止決定を急ぐべきと思う。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2011/04/13/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e5%85%a8%e5%8e%9f%e7%99%ba%e3%82%92%e7%9f%b3%e6%b2%b9%e7%81%ab%e5%8a%9b%e7%99%ba%e9%9b%bb%e6%89%80%e3%81%ab%e7%bd%ae%e3%81%8d%e6%8f%9b%e3%81%88%e3%82%8b%e3%81%a8%e7%87%83/trackback/
トラックバックの送信元リスト
日本の全原発を石油火力発電所に置き換えると燃料費は年5兆円増 - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 日本の全原発を石油火力発電所に置き換えると燃料費は年5兆円増

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る