ホーム > ニュースな数字 > 中国の人口は10年間で5.3%増だが、インドは16.6%も増加

中国の人口は10年間で5.3%増だが、インドは16.6%も増加

インド、最高9・5%成長へ 新5カ年計画、発展を追求

 インド政府は21日、2012年4月~17年3月の第12次5カ年計画の原案をまとめ、国内総生産(GDP)成長率の目標値を年平均で9・0~9・5%に設定すると発表した。現行計画見通しの8・2%成長を上回る内容。インフラ投資などを積極的に進め、さらなる発展を目指す。

(2011年4月22日 47NEWS・共同通信)

 インドが、年9%以上の経済成長率を目指すと発表した。また、2011年4月16日付け毎日新聞記事「中国:実質成長率9.7% 消費者物価は5.4%上昇」によれば、中国経済も年9%以上成長している。両国とも、まさに日の出の勢いだ。
 ただし、10年後も同じように成長できるかといえば、それは分からない。特に中国は、早い時期に停滞する危険があると思っている。

 国にとって最大の資源は、なんと言っても人である。2010年6月2日付け当ブログ記事「日本の適正人口は6000万人?~到達するのは70年後の予定」で触れたように、1950年当時の日本の人口は8300万人で、中国、インド、アメリカ、ロシアに次いで世界第5位だった。自らを「小さな島国」と卑下することの多い日本だが、人的資源という切り口でみれば、すでに十分な大国だったのである。
 さらに、当時は若い世代の比率が非常に高かった。総務省統計局の「人口ピラミッド 昭和25年(1950年)」ページによると、当時の日本の年齢構成は下図の通り。

1950年における日本の人口ピラミッド

 太平洋戦争後のベビーブームで生まれた「団塊の世代」は、他の世代より飛び抜けて多かった。そのため彼らは、少数の高齢者を多数の現役世代で支えればよかったのだ。日本が高度成長を遂げられた理由はいくつかあるが、豊富な人口と若年層の充実は、その中でも最大の要因だと思っている。

 ところで、アメリカ合衆国国勢調査局(U.S.Census Bureau)の「International Data Base」によると、2010年におけるインドの人口ピラミッドは下図の通り。

インドの人口ピラミッド

 インドの人口は、10年間で16.6%増加。合計特殊出生率は2.7という高水準を維持しており、今後も豊富な労働力が得られるはずだ。

 一方、中国の人口ピラミッドはこうなっている。

中国の人口ピラミッド

 中国の人口は、10年間で5.3%増。合計特殊出生率は1.5程度にとどまっており、若い世代の人口が減りつつある。もうしばらくすると、日本が現在直面している少子高齢化問題が、彼らの上にものしかかるのではないか。

 しばらくの間、中国の成長は続くだろう。でも、もう少し先を見据えるなら、インドやブラジル、インドネシアといった地域を目指す手もあるのだろうな。それは、ビジネスだけではなく、政治や文化でも、だ。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2011/04/22/%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e3%81%ae%e4%ba%ba%e5%8f%a3%e3%81%af10%e5%b9%b4%e9%96%93%e3%81%a75-3%ef%bc%85%e5%a2%97%e3%81%a0%e3%81%8c%e3%80%81%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%81%af16-6%ef%bc%85%e3%82%82%e5%a2%97/trackback/
トラックバックの送信元リスト
中国の人口は10年間で5.3%増だが、インドは16.6%も増加 - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 中国の人口は10年間で5.3%増だが、インドは16.6%も増加

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る