ホーム > ニュースな数字 > 一人暮らし高齢男性の41.9%は、人と話す機会が2~3日に1回以下

一人暮らし高齢男性の41.9%は、人と話す機会が2~3日に1回以下

日本の高齢者、友人や近所頼れず 11年版白書

 政府は7日、11年版高齢社会白書を決定した。高齢者の社会的なつながりを国際比較した結果、日本は血縁以外に頼れる近所の人や友人がいる割合が最も低く、社会的孤立が進んでいる実態が明らかになった。

(2011年6月7日 47NEWS・共同通信)

 あと20年ほどで高齢者の仲間入りをする僕としては、「平成23年版 高齢社会白書」には考えさせられた。

 上の47NEWS記事で紹介されているように、日本の高齢者の中には社会的に孤立している人が比較的多いらしい。以下、そのことを示すデータを、白書から引用してみる。

【近所の人とあいさつ以外の会話を交わす機会は?】

  週に4~5回以上 ほとんどない
日本 32.1% 31.6%
韓国 58.9% 12.8%
アメリカ 40.7% 29.2%
ドイツ 40.7% 8.6%
スウェーデン 44.3% 17.6%

【困ったときに頼れる友人・近所の人がいる?】

  頼れる友人がいる 頼れる近所の人がいる
日本 17.2% 20.3%
韓国 18.3% 23.1%
アメリカ 44.6% 23.7%
ドイツ 40.7% 38.2%
スウェーデン 34.9% 26.5%

 どちらの設問でも、日本は最下位。日本の高齢者は他国に比べて、頼りにできる友人が少ないようだ。

 かといって、家族との絆が強いわけでもない。それを浮き彫りにするのが、下の設問だ。

【別居している子供と接触する機会は?】

  週1回以上 月1~2回以下
日本 51.9% 48.1%
韓国 61.8% 38.2%
アメリカ 81.4% 18.6%
ドイツ 62.6% 37.5%
スウェーデン 80.2% 19.8%

 友人や近隣との付き合いは薄く、子供と会ったり電話で話す機会も少ない。そんな高齢者が、他国に比べてかなり多いわけだ。

 さらに身につまされるのが、次の設問。

【普段はどの程度、人(同居家族を含む)と話す?】

2~3日に1回 4.1%
1週間に1回 1.8%
1週間に1回未満 ほとんど話をしない 1.0%
(合計) 6.9%

 人と話す機会が2~3日に1回以下という高齢者は、なんと6.9%。14.5人に1人が該当するのだ。さらに一人暮らしの男性に限ると、人と話すのは2~3日に1回以下という人が41.9%にも上る。背筋が寒くなる数字ではないか。

****

 僕らにできることは、いずれ歳をとったときに孤立しないよう自衛策を講じることだ。配偶者や子供との関係を円滑にし、地域社会で人間関係を広げ、仕事や趣味などを通じて得た友人を大切にする。あるいは、同じ立場・世代の仲間を募り、老人専用シェアハウスを創設するのも手だろう。
 例えば、スポーツ好きのジジイ同士が集まって暮らすシェアハウスがあれば、ちょっと住んでみたいと思うな。JリーグやNFLの試合がある日は、皆でリビングや中庭に集まって、ビールでも飲みながらガヤガヤ観戦するのだ。
 もちろん、円滑な共同生活を送るためには工夫が必要だろう。例えば、ひいきチームが同じ同士で徒党を組み、シェアハウスが分裂しちゃったりすると面倒。だから、「同じチームのファンは○人まで」と制限する方がいいのかな。同チームのファン同士が集まって共同生活するよりは、そちらの方が暑苦しくなくて好みだ。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2011/06/07/%e4%b8%80%e4%ba%ba%e6%9a%ae%e3%82%89%e3%81%97%e9%ab%98%e9%bd%a2%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%81%ae41-9%ef%bc%85%e3%81%af%e3%80%81%e4%ba%ba%e3%81%a8%e8%a9%b1%e3%81%99%e6%a9%9f%e4%bc%9a%e3%81%8c2%ef%bd%9e3/trackback/
トラックバックの送信元リスト
一人暮らし高齢男性の41.9%は、人と話す機会が2~3日に1回以下 - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 一人暮らし高齢男性の41.9%は、人と話す機会が2~3日に1回以下

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る