ホーム > ニュースな数字 > 高齢者の熱中症リスクは、成人の2.9倍

高齢者の熱中症リスクは、成人の2.9倍

「節電で熱中症」ご注意 専門家、注意呼びかけ

 東日本大震災の影響で電力不足が懸念される今年の夏。エアコンの使用を控えたり、設定温度を引き上げたりするなど職場や学校、家庭でも節電が求められるが、心配なのが熱中症だ。暑さに弱い高齢者や持病のある人はもちろんだが、「従来は発症しなかった人もリスクが高まる可能性がある」と専門家は注意を呼びかけている。
 気象庁の6~8月の予報によると、記録的猛暑だった昨夏ほどではないが、東日本から西の地域は平年より暑くなりそうだという。

(2011年6月9日 朝日新聞)

 大震災から、もうすぐ3カ月が経つ。そしていつの間にか、暑い夏が近づきつつある。

 「酷暑」という言葉がピッタリだった昨夏。全国各地で、気温や猛暑日に関する記録が塗り替えられた。そして、熱中症の患者数も過去最悪を記録。消防庁の資料「平成22年夏期(7月~9月)の熱中症による救急搬送状況」によると、2010年夏の熱中症による救急搬送者数は5万3843人で、前年の1万2971人の4倍以上に増えた。
 消防庁によれば、今年5月30日から6月5日までの1週間に、全国で152人が熱中症で搬送されている。恐らく、この夏も相当数の熱中症患者がでるだろう。

 上の朝日新聞記事でも解説されているように、高齢者の熱中症リスクは大きい。前出の「平成22年夏期(7月~9月)の熱中症による救急搬送状況」から年齢区分別の搬送者数を抜き出し、さらに人口10万人あたりの搬送者数を算出したのが下の表だ。

  搬送者数 10万人あたり
乳幼児 434人 6.6人
少年 6045人 36.4人
成人 2万2361人 29.6人
高齢者 2万5003人 86.2人

 成人の人口10万人あたり搬送者数は29.6人。一方、高齢者は86.2人に上る。高齢者の方が2.9倍も、10万人あたり搬送者数が多いのだ。

 さらに気になるのが、東北地方の搬送者数が決して少なくないことだ。「平成22年夏期(7月~9月)の熱中症による救急搬送状況」によれば、東北6県と茨城県の10万人あたり搬送者数は下表の通り。

  10万人あたり搬送者数
青森県 35.6人
岩手県 41.8人
宮城県 44.5人
秋田県 44.7人
山形県 45.4人
福島県 45.3人
茨城県 46.3人
(全国) (42.2人)

 青森県と岩手県を除く全県で、全国平均を上回っている。一方、同資料によると、これらの地域の平均気温は全国平均よりかなり低い。つまり、「東北地方の方々は、一般の日本人より暑さに慣れていない」といえるのではないか。

 この夏、東北地方では節電が求められる。エアコンの設定温度は、普段よりだいぶ高めになるはず。さらに、冷房機能に劣る避難所や仮設住宅などでは、暑さに苛まれる危険性も大きいだろう。当然、高齢者を中心に、熱中症への備えが必要だ。
 そこで、東北地方の大手商業施設や地方自治体にお願いしたいのが、多数の人々が集まって涼める場所を用意することだ。特に、老人施設や避難所の一角には、十分に涼しい場所を設けてもらいたい。

 節電のしわ寄せを食うのは、日本のものづくり産業と、高齢者など体力の弱い人たちだ。どうか「みんな一律に我慢」という愚策は避けてほしい。電気を使うべき場所とそうでない場所をしっかり見極め、メリハリのある電力政策を敷くべきだ。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:2

BLITZ 2011年6月10日

予報で報じられているのは測定地点の気温であって、
体感的にはもっと暑い場合があると思うのです。

節電を意識しながらも無理は禁物。
クーラーなくして都市の夏を過ごすことはできないでしょう。

冷やし過ぎない、冷房のかけっぱなしはしない、温度調整でしょうかね。

白谷 2011年6月12日

BLITZさん、こんにちは。
おっしゃる通り、お年寄りや体調の悪い人は、
無理しないでほしいですね。
必要な人、必要な場所は冷やす。
ぜひ、メリハリを付けてほしいです。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2011/06/09/%e9%ab%98%e9%bd%a2%e8%80%85%e3%81%ae%e7%86%b1%e4%b8%ad%e7%97%87%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%af%e3%81%af%e3%80%81%e6%88%90%e4%ba%ba%e3%81%ae2-9%e5%80%8d/trackback/
トラックバックの送信元リスト
高齢者の熱中症リスクは、成人の2.9倍 - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 高齢者の熱中症リスクは、成人の2.9倍

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る