ホーム > ニュースな数字 > 「Reader」の電子コミックは、紙と同等の値段設定……

「Reader」の電子コミックは、紙と同等の値段設定……

『進撃の巨人』最新刊も電子書籍で読めるっ!『Reader』に6000冊追加!

 コンパクト・軽量化を追求したボディーや文字の読みやすさで“読む”ということに特化した電子書籍端末といえば、ソニーの『Reader』。
 そのReaderが、電子書籍フォーマット“.book(ドットブック)”に新たに対応し、.bookビューワーを搭載したアップデートファイルを6月22日からReaderユーザー向けに提供を開始した。

(2011年6月22日 週アスPLUS)

 上の記事を読み、少し悲しくなった。今、日本の大企業に、市場をあっと言わせるような、ドラスティックな一手を期待するのは無理なのかな。

 ソニーの電子書籍専用端末「Reader」が「.book」形式のファイルに対応したこと自体は、素晴らしいニュースだ。問題は、上の週アスPLUS記事で紹介されている、次の一文である。

「価格は紙のコミックと基本的に同価格だが、安いものもあるとのこと。」

 2010年7月20日付け当ブログ記事「電子書籍の普及は、埋もれていた書物の発掘をもたらす!」で触れたが、従来型書籍では、売り上げの1割が著者、2割が出版社、3割が取り次ぎと書店、4割が印刷所・製本会社に渡る。ところが、電子書籍では印刷・製本過程が不要。電子書店に支払う手数料も、取り次ぎや書店の取り分より少なくて済む。つまり、従来型書籍より電子書籍の方が、ずっと安く出せるはずなのだ。ところが、「Reader」向けコミックの値段設定は、紙のコミックと同等にするという。

 事情は想像できなくもない。電子書籍の事業は始まったばかり。企業側には、初期投資を早く回収したい気持ちがあるのかもしれない。また、電子書籍を安売りすれば、紙の書籍の売り上げに悪影響がでる。書店などは強く反発するだろう。
 だが、それは企業側の理屈だ。読み手には全く関係のないこと。こんな勝手な値付けで、消費者が納得するわけがないのである。このままでは、電子書籍の普及は遅々として進まないだろう。

 「Reader」の使い勝手はいいとはいえない。6月22日付けITmedia記事「電子書籍、先行き“読めず” 専用端末・コンテンツが伸び悩み」で解説されている通り、「Reader」はコンテンツを取り込むために、ネットに接続されたPCが必要だ。さらに、読み終わった書籍を友人にあげたり、古本屋に売ることも不可能。紙の書籍に比べ、不便なところが多すぎる。
 その上、「Reader」そのものの購入費もかかる。ソニーストア上での直販価格は、1万9800円~2万4800円。仮に1台あたり100冊の電子書籍を購入するとすれば、1冊あたり198~248円の端末購入費が上乗せされているわけだ。
 不便で、値段も高い。これでは、電子出版の普及など画に描いた餅だ。

 もし、電子出版事業を盛り上げたいと思うなら、最初から紙の書籍よりずっと安い値段で出す方がいい。そして、一気に市場を奪うべきだ。しかし、企業はそうしない。「外圧がないと変われない」というのは、日本が長い間抱えてきた病巣だ。電子出版の分野でも、同じことが繰り返されている。それが悲しい。
 結局、Amazonあたりが安い電子書籍を出さないと、何も変われないのかなあ……。その挙げ句、彼らに市場を奪われてしまうようなことになれば、泣くに泣けないと思うのである。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:2

BLITZ 2011年6月23日

予想に反して、電子書籍が伸び悩んでいるようです。
価格設定の背景には、そういった事情があるのかもしれないし、
まだまだ紙媒体が強いのかもしれません。

本屋には、連日新刊や雑誌が並べられていますしね。

白谷 2011年6月23日

BLITZさん、こんにちは。
.
電子書籍が伸び悩んでいるのは、
企業が現有資産を守ることにこだわりすぎているからだと思うんです。
NTTドコモが「i-modeを守るため、iPhoneは売らない」と宣言したのにも、
同じようなにおいを感じましたね。
紙媒体にもメリットがあるのは確かですが、もうそろそろ、
思い切って電子書籍に舵を切っていいタイミングだと思うんですけどね……。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2011/06/22/%e3%80%8creader%e3%80%8d%e3%81%ae%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%83%e3%82%af%e3%81%af%e3%80%81%e7%b4%99%e3%81%a8%e5%90%8c%e7%ad%89%e3%81%ae%e5%80%a4%e6%ae%b5%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e2%80%a6/trackback/
トラックバックの送信元リスト
「Reader」の電子コミックは、紙と同等の値段設定…… - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 「Reader」の電子コミックは、紙と同等の値段設定……

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る