ホーム > ニュースな数字 > 小規模小学校の運動場は境界まで20mあまりしかないことも

小規模小学校の運動場は境界まで20mあまりしかないことも

サッカーボール避け転倒死亡 蹴った少年の親に賠償命令

 校庭から蹴り出されたサッカーボールを避けようとして転倒した男性(死亡当時87)のバイク事故をめぐり、ボールを蹴った当時小学5年の少年(19)に過失責任があるかが問われた訴訟の判決が大阪地裁であった。田中敦裁判長は「ボールが道路に出て事故が起こる危険性を予想できた」として過失を認定。少年の両親に対し、男性の遺族ら5人へ計約1500万円を支払うよう命じた。

 判決によると、少年は2004年2月、愛媛県内の公立小学校の校庭でサッカーゴールに向けてフリーキックの練習中、蹴ったボールが門扉を越えて道路へ転がり出た。バイクの男性がボールを避けようとして転び、足を骨折。その後に認知症の症状が出るようになり、翌年7月に食べ物が誤って気管に入ることなどで起きる誤嚥(ごえん)性肺炎で死亡した。

(2011年6月28日 朝日新聞)

 上で紹介した朝日新聞記事には、日本スポーツ法学会理事・桂充弘弁護士の「やや酷な印象」というコメントが掲載されている。僕の感想も、全く同じだ。

 文部科学省の「小学校設置基準」によれば、小学校の運動場は、児童数に応じて最低限の面積が定められている。児童数が1~240人の場合は2400平方メートル、241~720人の場合は「2400+10×(児童数-240)」平方メートル、721人以上の場合は7200平方メートル以上の運動場が必要だ。
 一方、愛媛県サイトの「統計BOX~学校基本調査」ページによると、2010年度における県内の小学校数は349校。児童数は7万9953人だった。1校あたりの児童数は、7万9953人÷349校≒229人となる。つまり、朝日新聞記事で取り上げられた愛媛県の小学校は、前述の「児童数1~240人」に当てはまる可能性が小さくないといえるだろう。

 仮に、その運動場の面積が2400平方メートルちょうどだったとしよう。これは、40メートル×60メートルの長方形や、半径28メートルの円の広さに当たる。運動場のど真ん中にいても、学校外との境界まで、20~40メートルほどしかないわけだ。サッカーのゴールは運動場の端に設置されるケースが多いはずで、境界までの距離はもっと短くなる。
 これに対し、熊本大学の谷口太一氏、肥合康弘氏、大石康晴氏が「青少年期のサッカー選手におけるキック脚速度とポールの飛距離の関連」で行った実験結果によれば、小学校5・6年生サッカー部員16人の平均キック距離は24メートルだったという。子供が思いきってボールを蹴れば、学校外に飛び出すことは十分に考え得るのだ。
 上の記事を読む限り、この状況で少年の両親に1500万円の賠償命令が出たのは、かなり厳しい判決ではないか。

 飛び出してきたサッカーボールが原因で怪我をした立場になれば、損害賠償を求める気持ちもよく分かる。ただ、親の側からみればつらいなあ……。全国のサッカー少年の親が萎縮しかねない判決だと思うのだ。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:4

くまおま 2011年6月29日

心の痛む問題ですね。しかし、ついに日本もアメリカになってしまったのでしょうか。遺族の方の悲しみは理解できますが、同じ地域で5000万の賠償請求を起こして、それも就学児童の、校内での活動の中で起きた事故で、地域で暮らして行けるのか心配になります。なにかしらそれ以外のトラブルの臭いさえしてきます。
それから、普通の地域では、児童を大人たちが見守ります。この判決では大人は子供を監視する立場になります。何事も起こさない様に子どもを檻ののなかで教育させますか。これも何か腕の良い弁護士が、単なる死亡事故に特化して裁判を有利に進めたに違いありません。弁護士は鼻高々でしょう。
しかしこれがスタンダードになるなら自動車賠償保険なみの児童賠償保険、所謂『自賠責』に強制加入させるしかありませんなw子どもは思わぬ事をしでかすもんです。

白谷 2011年6月29日

くまおまさん、コメントありがとうございます。
.
>心の痛む問題ですね。
.
本当にそうですね。
87歳だった男性側の立場になれば、
「サッカーボールのせいで……」と悔しいでしょうし、
ボールを蹴った少年と、その親の立場になれば、
「普通に遊んでいただけなのに……」と割り切れない思いでしょう。
どちらにも筋が通ってるんですよね。
さらに、判決が子供たちの遊び心を萎縮させる内容に
なってしまったことがどうにも切ないです。
.
社会にとって、子供というものは最大の財産ですよね。
なのに、今の世の中は、ますます子育てをしにくい状況になってます。
もし、「自賠責」のような制度が必要なら、
社会全体で掛け金を支払う方がいいと思うんですよね。
子供がしでかした「おもわぬこと」のツケを、
地域社会全体で払う仕組みを作るといいんじゃないでしょうか?

通りすがり 2011年6月30日

不思議なのがなぜ学校側(自治体)でなく、子供(の保護者)を訴えたかということです。

もちろん被害者は加害者側の誰に全額請求してもいい。請求された加害者の方が他の加害者に何割はお前が負担しろと争う。というルールは分かっています。

しかし、管理責任を問うことで(いろいろな意味で)賠償金を取りやすい自治体でなく個人だけを訴えたのが、なぜだろうと。よっぽど事故後の対応に問題があったのかな?と思います。

白谷 2011年7月10日

通りすがりさん、お返事が遅れて済みません。
.
おっしゃる通り、子供(の保護者)を訴えたのは不思議ですね。
7月8日付け読売新聞記事「校庭ボール遊び、なぜ小5少年側に高額賠償命令」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110708-OYT1T00149.htm
は、遺族側が
「学校の責任を問うことで争点を増やし、審理が長期化するのは避けたい」
という意向を持っていたと伝えていますが、
僕としては納得できるような、納得できないような、という感じです。
.
ところで、もし万が一、次に書き込みをいただけるようであれば、
通りすがりというハンドルは再考いただけるとありがたいです。

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:1

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2011/06/28/%e5%b0%8f%e8%a6%8f%e6%a8%a1%e5%b0%8f%e5%ad%a6%e6%a0%a1%e3%81%ae%e9%81%8b%e5%8b%95%e5%a0%b4%e3%81%af%e5%a2%83%e7%95%8c%e3%81%be%e3%81%a720m%e3%81%82%e3%81%be%e3%82%8a%e3%81%97%e3%81%8b%e3%81%aa/trackback/
トラックバックの送信元リスト
小規模小学校の運動場は境界まで20mあまりしかないことも - 白谷のノート(3冊目) より
trackback - ぐり研ブログ より 2011年6月30日

校庭でサッカーボールを蹴っていた小学生に損害賠償1500万円

QBKと言えば日本代表でも活躍した柳沢選手の残した名言?ですけれども、実生活で急にボールが来ると時として大問題になりかねないと言う話が今話題になっています。ちなみに個人的に…

ホーム > ニュースな数字 > 小規模小学校の運動場は境界まで20mあまりしかないことも

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る