ホーム > ニュースな数字 > 気温が1.3度上がると不快に感じる人は9%から65%に急増?

気温が1.3度上がると不快に感じる人は9%から65%に急増?

東海道新幹線、7月から車内空調を1度アップ 一部区間で実施

 JR東海の山田佳臣社長は29日、東京都内で会見し、夏の節電対策として7月から東海道新幹線の一部区間で車内のエアコン温度設定を1度上げ、27度で運行することを明らかにした。

 のぞみとひかりが対象で、下りは岐阜羽島~新大阪、上りは三島~東京で設定温度を上げる。同社は東海地方の在来線や新幹線の米原、京都で駅構内の照明を削減するなど節電対策を進めている。

(2011年6月29日 msn産経ニュース)

 電力需給の逼迫により、あらゆる場所で冷房の設定温度が上げられている。涼を求めて喫茶店などに入り、屋外とさほど変わらない室温にがっかりしたという人も少なくないだろう。
 さて、上で紹介したmsn産経ニュース記事にもある通り、東海道新幹線でもエアコンの設定温度が1度上がるらしい。これが、意外なくせ者なのである。

 Wikipediaの「不快指数」の項によると、不快指数の求め方は下記の通り。

0.81×温度+0.01×湿度×(0.99×温度-14.3)+46.3

 つまり、湿度がゼロの場合は、気温が1度上がるごとに不快指数が0.81上がる。また、湿度100%の場合は、気温が1度上がるごとに不快指数が約1.8上がる計算だ。
 カシオが提供している「環境の計算~不快指数」ページによれば、日本人の場合、不快指数75で約9%が、77で約65%が不快に感じるそうだ。ちなみに、気象庁の「過去の気象データ検索~月ごとの値」ページによると、2011年6月における東京の平均湿度は71%(※2011年6月29日時点)。もし、気温が25.7度なら、不快指数は75。一方、気温が27.0度になれば、不快指数は77になる。気温が1.3度上がっただけで、不快に感じる人の割合は9%から65%に急増するのである。

 東海道新幹線では、設定温度は26度から27度になる。上昇幅は、たかが1度。でも、この1度のおかげで不快さは大いに増すはず。新幹線の中で仕事を片付けるつもりの人は、業務効率が格段に落ちるだろう。不快な中でパソコンを開くより、思い切ってビールの缶を空ける方が、長い目で見ると効率的なのかもしれない。

 個人的には、新幹線のエアコン温度が上がるのは仕方ないと思う。ただ、企業が全社的に室温を高めるのは感心しない。社内全体の業務効率がガクッと下がってしまうからだ。集中力や知力を必要とする部門のフロアは従来通り冷やし、廊下や食堂といった場所は設定温度を上げるなど、メリハリのある対策が望ましいと思うな。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2011/06/29/%e6%b0%97%e6%b8%a9%e3%81%8c1-3%e5%ba%a6%e4%b8%8a%e3%81%8c%e3%82%8b%e3%81%a8%e4%b8%8d%e5%bf%ab%e3%81%ab%e6%84%9f%e3%81%98%e3%82%8b%e4%ba%ba%e3%81%af9%ef%bc%85%e3%81%8b%e3%82%8965%ef%bc%85%e3%81%ab/trackback/
トラックバックの送信元リスト
気温が1.3度上がると不快に感じる人は9%から65%に急増? - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 気温が1.3度上がると不快に感じる人は9%から65%に急増?

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る