ホーム > ニュースな数字 > 現代表の中盤の得点力は、「黄金のカルテット」より6割高い

現代表の中盤の得点力は、「黄金のカルテット」より6割高い

サッカー香川がマンUへ移籍 世界的人気クラブへ

【ロンドン共同】サッカーの日本代表MF香川真司(23)がイングランド・プレミアリーグで最多19度の優勝を誇る世界屈指の人気クラブ、マンチェスター・ユナイテッドに移籍することになった。マンチェスターUが5日、所属するドルトムント(ドイツ)と香川側と契約条件などで合意したと発表した。

(2012年6月5日 47NEWS・共同通信)

 香川真司のマンチェスター・ユナイテッド移籍が、正式に決まった。

 中田英寿がセリエA・ペルージャに移籍し、中心選手として大活躍したのは1998年のこと。それから10年あまりで、欧州サッカー界における日本人選手の存在感は、驚くほど大きくなった。今や、インテル(長友佑都)、シュトゥットガルト(岡崎慎司)、シャルケ04(内田篤人)といった有名クラブで日本人がプレイをしている。そして、今度はマンチェスター・ユナイテッド。まさに、隔世の感だ。

 中田が海外でプレイしていた時期、日本代表のMFには名プレイヤーが揃っていた。中田、中村俊輔、小野伸二、稲本潤一という、いわゆる「黄金のカルテット」だ。ジーコ氏が代表監督に就任した2002年。彼ら4人が揃ってピッチに立ったジャマイカ戦で、アナウンサーが「なんて面白いサッカーだ」と大声を上げていたのは、今も印象に残っている。
 ただ、当時の「黄金」は、今振り返るとバランスのよくない構成だった。パスの出し手ばかりで、受け手がいなかったのだ。

 下の表は、「黄金」の4選手が国内・海外クラブのリーグ・カップ戦で挙げた得点と、1試合あたりの得点率をまとめたもの。代表戦や、チャンピオンズリーグなど国際公式戦の個人成績は加味していない。また、比較のため、現代表の中盤を構成する、香川真司、本田圭佑、遠藤保仁、長谷部誠のデータも掲載した。
※現在の代表は4-2-3-1のフォーメーションで戦うことが多く、FW登録の岡崎が中盤に入るケースが目立つが、「黄金」との比較のため、上記4人に絞った。

「黄金のカルテット」の1試合あたり得点
出場試合数 得点数 1試合あたり得点
中田英寿 377 52 0.14
中村俊輔 491 93 0.19
小野伸二 371 69 0.19
稲本潤一 368 25 0.07
4人の平均 0.15

 

現日本代表の1試合あたり得点
出場試合数 得点数 1試合あたり得点
本田圭佑 235 51 0.22
香川真司 183 81 0.44
遠藤保仁 477 92 0.19
長谷部誠 317 27 0.09
4人の平均 0.23

 「黄金のカルテット」の1試合あたり得点は0.15点。ペルージャに入ったシーズンに点を取りまくっていた印象の中田だが、意外にも、中村や小野より1試合あたり得点は少なかった。
 これに対し、現代表の中盤は0.23点。現代表の方が、「黄金」を6割以上も上回っているのだ。特に、183試合で81得点をたたき出している香川は強烈。並みのFWをはるかに上回る得点力を誇っている。所属リーグのレベルや、各選手が与えられた役割・出場時間が違うため単純な比較は危険だが、現代表の中盤は「黄金」を大きく上回る破壊力を持つと言っても間違いではなかろう。

 「黄金のカルテット」よりまばゆい光を放つ、現在の日本代表の中盤。ビッグクラブで活躍する選手も輩出し、その輝きはさらに増そうとしている。サッカーファンとしては、まだまだ楽しめる季節が続きそうだ。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2012/06/05/%e7%8f%be%e3%82%b5%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%bb%a3%e8%a1%a8%e3%81%ae%e5%be%97%e7%82%b9%e5%8a%9b%e3%81%af%e3%80%81%e3%80%8c%e9%bb%84%e9%87%91%e3%81%ae%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%86/trackback/
トラックバックの送信元リスト
現代表の中盤の得点力は、「黄金のカルテット」より6割高い - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 現代表の中盤の得点力は、「黄金のカルテット」より6割高い

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る