ホーム > ニュースな数字 > 妊娠した女性の6人に1人が中絶を選択

妊娠した女性の6人に1人が中絶を選択

妊娠中絶20万件、最少更新 厚労省「知識が普及」

 平成23年度に全国で実施された人工妊娠中絶が20万2106件だったことが25日、厚生労働省の集計で分かった。10年度から約1万件減り、過去最少を更新した。

 母体保護法などで都道府県知事に届け出が義務付けられている妊娠22週未満の中絶件数が対象。データのある昭和30年度から減少傾向で、厚労省は「妊娠に関する知識や避妊方法の普及が影響しているのではないか」とみている。

2012年10月25日 MSN産経ニュース

 上で紹介したニュースにあるように、2011年度の人工妊娠中絶件数は20万件あまり。僕は「こんなに多いのか!」と驚いたが、これでも過去最少の数字だという。厚生労働省の統計調査「衛生行政報告例」によれば、中絶件数の調査が始まった1955年の中絶件数は117万0143件。こちらと比較すれば、2011年度の件数は6分の1ほどで、なるほど改善がなされているようだ。

 ただ、以前に比べれば出生数も減っている。そこで、「衛生行政報告例」と、厚生労働省の「平成23年(2011)人口動態統計の年間推計」を使って「中絶率」(中絶件数を、出生数と中絶数の合計で割ったもの)を算出してみた。

出生数(A) 中絶件数(B) 中絶率(B/(A+B))
1955年 173万0692 117万0143 40.3%
1961年 158万9372 103万5329 39.4%
1971年 200万0973 73万9674 27.0%
1981年 152万9455 59万6569 28.1%
1991年 122万3245 43万6299 26.3%
2001年 117万0662 34万1588 22.6%
2011年 105万7000 20万2106 16.1%

※出生数は全て暦年での数値。中絶件数については、2011年度のみ年度での数値で、その他は暦年での数値。本来は、流産や死産、あるいは「違法な中絶」なども加えて算出する方が正確だが、割愛した。

 1955年当時の中絶率は4割を超えていた。妊娠した女性の、5人に2人の割合で中絶していたのだ。にわかに信じがたいほどの数字ではないか。その後、中絶率は徐々に減少。しかし、2011年になっても16.1%という水準にとどまっている。ざっくりと言って、妊娠した女性の6人に1人は中絶という道を選んでいるわけだ。以前よりははるかにマシだが、それでも、かなりの水準ではないかと感じる。

 「衛生行政報告例」には、世代別の中絶件数も掲載されている。そこで、2011年と1961年の世代別中絶率も算出した。

2011年
出生数(A) 中絶件数(B) 中絶率(B/(A+B))
20歳未満 1万3318 2万0903 61.1%
20~24歳 10万4059 4万4087 29.8%
25~29歳 30万0384 4万2708 12.4%
30~34歳 37万3490 3万9917 9.7%
35~39歳 22万1272 3万7648 14.5%
40~44歳 3万7437 1万5697 29.5%
45~49歳 802 1108 58.0%
50歳以上 41 21 33.9%
1961年
出生数(A) 中絶件数(B) 中絶率(B/(A+B))
20歳未満 2万5218 1万4475 36.5%
20~24歳 46万9027 18万1522 27.9%
25~29歳 69万1349 30万9195 30.9%
30~34歳 37万2175 31万5788 45.9%
35~39歳 13万8158 22万5152 62.0%
40~44歳 3万3055 10万9652 76.8%
45~49歳 1572 1万3027 89.2%
50歳以上 134 268 66.7%

 25歳以上の世代では、おしなべて中絶率は下がっている。ところが、「20~24歳」と「20歳未満」では中絶率が上がっているのである。晩婚化が進み、この世代の婚姻率が低下していることが背景にあるのは確かだ。他にも、「子供を持てない」「持ちたくない」と若い世代に考えさせるような事情が、現在の日本にはあるのだろう。

 妊娠した女性の6人に1人が中絶している事実は、なかなかに考えさせられるものがある。「妊娠に関する知識や避妊方法の普及」だけではなく、出産しやすい環境を用意して中絶率を下げる取り組みをぜひ強化して欲しいと、心から感じた。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:1

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2012/10/27/%e5%a6%8a%e5%a8%a0%e3%81%97%e3%81%9f%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%81%ae6%e4%ba%ba%e3%81%ab1%e4%ba%ba%e3%81%8c%e4%b8%ad%e7%b5%b6%e3%82%92%e9%81%b8%e6%8a%9e/trackback/
トラックバックの送信元リスト
妊娠した女性の6人に1人が中絶を選択 - 白谷のノート(3冊目) より
pingback - 「死」に対しての考え方が最近変わって来てるのかもしれない | ちほちゅう より 2015年1月28日

[…] けではなく、生に関しても同様。 軽い気持ちで行為に挑んで妊娠しては堕ろしてなんて若い女性も結構多いそうです。 □ 妊娠した女性の6人に1人が中絶を選択 – 白谷のノート(3冊目) […]

ホーム > ニュースな数字 > 妊娠した女性の6人に1人が中絶を選択

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る