ホーム > ニュースな数字 > 被災3県では20人に1人が現在も避難中

被災3県では20人に1人が現在も避難中

復興願う希望の灯火 震災から2度目の大みそか

 深い爪痕が残る地に、希望の明かりがともる。あの日から2度目の大みそか。夜の仮設住宅で、市街地で、生きる証しがきらめく。時の節目の輝きに、人々の願いと祈りが重なる。
 東日本大震災の最大の被災地、宮城県石巻市の街を高台から望んだ。「復興元年」とされた2012年。多くの被災者が悲しみを乗り越え、生活再建へ一歩を踏み出した。
 厳しい現実も続く。仮設住宅などで避難生活を強いられているのは、全国で約32万5000人。福島第1原発事故の被害が深刻な福島県では、約5万8000人が県外へ避難している。
(2012年12月31日 河北新報)

 東日本大震災と福島原発事故が起きてから2度目の大みそか、か。

 「3.11」の記憶は、スカイツリー開業、ロンドン五輪、中国・韓国との国境を巡る争い、政権交代といったニュースに押しやられ、過去のものにされようとしている。被災地に対する関心も、小さくなる一方だ。だが、上で紹介したニュースなどを目にすると、震災や原発事故はいまだに「現在の出来事」なのだと痛感する。

 復興庁が公開している「避難者等の数[平成24年12月12日]」によれば、現在でも32万人以上の方が避難生活を余儀なくされている。宮城県、福島県、岩手県の3県に限っても、約25万人が避難中という状況だ。
 実はこの人数、昨年からあまり減っていない。約1年前に公表された「避難者等の数[平成23年12月21日]」と、今年のデータを比較したのが下の表。

2011年12月の避難者 2012年12月の避難者 増減
岩手県 4万3812人 4万1626人 -2186人
宮城県 12万3927人 11万2008人 -1万1919人
福島県 9万5546人 9万8235人 +2689人
合計 26万3285人 25万1869人 -1万1416人

 最も減少幅の大きかった宮城県でも、避難者数は1割ほどしか減っていない。福島県に至っては、かえって避難者数が増えているのだ。とてもじゃないが、震災が終わったなんて、口が裂けても言えないのが現状だ。

 避難者の比率も高い。岩手県ウェブサイトの「岩手県毎月人口推計」ページ、宮城県ウェブサイトの「宮城県推計人口(月報)」ページ、福島県ウェブサイトの「福島県の推計人口」ページによれば、2012年12月1日現在における岩手県の人口は130万2645人、、宮城県は232万6957人、福島県の人口は196万523人。ここから、各県の「避難率」を算出したのが下の表。

避難者数(A) 人口(B) 避難率(A/B)
岩手県 4万1626人 130万2645人 3.2%
宮城県 11万2008人 232万6957人 4.8%
福島県 9万8235人 196万523人 5.0%
合計 25万1869人 559万125人 4.5%

 被災3県の避難率は4.5%。ざっと見積もって、20人に1人がいまだに仮住まいなのだ。

 新しい年が、もうすぐやってくる。だが、年明けと共に記憶を風化させてはいけない。震災と原発事故は、今も過去ではなく、現在進行形の問題なのだ。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:1

今回はアノニマスにイタシマス 2013年1月8日

明けましておめでとうございます。今回は都合により名乗りませんが、本年もよろしくお願いいたします。

大震災。
この国では阪神淡路と中越の貴重な経験が、ほとんど活かされていなかったことがハッキリしました。
考えるべき立場の人々は、何も考えていませんでした。
何かするべき立場の人々は、有効なことは何もしていませんでした。
あったとしてもカタチばかりで、「実」がありませんでした。
皆さんがこの2年間ごらんになったとおりです。

その状況は、今も大して変わりません。
「次の一発」が来てしまったら、津波、倒壊、火災、疫痢、誰もが阪神や東北以上の無残な地獄を見るか、自分で味わうことになります。
どこに住んでいたとしても、何か必ず備えましょう。

莫大な復興予算を、まるで無関係な事業にばらまいた政府。
当時の与党政治家が食い物にしたのか。官僚の入れ知恵か。
それをまともに報じられなかった記者クラブ漬けマスコミ。
国の神経系が、まぎれもなく末期症状であることを痛感します。

原発事故。
人類には原子力を御する能力も、その資質もまるで備わっていないことが明らかになりました。
少なくとも日本人は、原発を「言霊」で管理できると思っていたのですから、失格です。

最近、地質学者や地震学者がやたらに大地震や断層のことを声高に言い出しています。
これは新しい発見があったわけではなく、今まで「ある勢力」に抑えこまれたり懐柔されて、言わなかっただけ。
風向きが変わって「予言しておかないと、発災時に自分たちの立場がヤバい」と思ってのことでしょう。
それでも、口をつぐんでしまうよりずっとマシです。

32万人。
1万人って、5秒で1人に応対しても、14時間かかる人数です。
32万人。ああ。

今年こそ、今年こそ、希望の光を!

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2012/12/31/%e8%a2%ab%e7%81%bd3%e7%9c%8c%e3%81%a7%e3%81%af20%e4%ba%ba%e3%81%ab1%e4%ba%ba%e3%81%8c%e7%8f%be%e5%9c%a8%e3%82%82%e9%81%bf%e9%9b%a3%e4%b8%ad/trackback/
トラックバックの送信元リスト
被災3県では20人に1人が現在も避難中 - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > 被災3県では20人に1人が現在も避難中

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る