ホーム > ニュースな数字 > バレンティンの本塁打記録には王を上回る価値が

バレンティンの本塁打記録には王を上回る価値が

バレンティン54号 プロ野球記録あと1本

 ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(29)が10日、神宮球場で行われた広島20回戦の一回、前田健から左中間へ今季54号2ランを放ち、1964年の王(巨人)、2001年のローズ(近鉄)、02年のカブレラ(西武)が持つシーズン最多55本塁打のプロ野球記録にあと1本とした。

(2013年9月10日 msn産経ニュース)

 バレンティン選手の年間本塁打記録更新が、目前に迫っている。ヤクルトの残り試合数は23。故障など不測の事態が起こらない限り、記録更新は間違いないだろう。

 世間には、この記録に対して「公式球が、反発係数の低い『統一球』から『飛ぶボール』に変わったからだ」と揶揄する声もあるようだ。確かに、前年に比べて明らかに本塁打数は増えている。ボールが変わった効果は、記録更新を後押ししているのだろう。しかし、王貞治の時代に比べると球場は広くなっており、この点では現代の打者の方が不利だ。
 そこで、ある切り口から歴代のスラッガーを比較してみようと思う。それは、「12球団全体で放たれた総本塁打のうち、1人の打者の占めた割合」だ。

本塁打数(A) 総本塁打数(B) A÷B
王貞治(1964年) 55本 1383本※1 3.98%
R・バース(1985年) 54本 1997本 2.70%
T・ローズ(2001年) 55本 1802本 3.01%
A・カブレラ(2002年) 55本 1706本 3.22%
バレンティン(2013年)※2 54本 1155本 4.68%

※1……1964年当時、セ・リーグは140試合制、パ・リーグは150試合制だった。そのため、パ・リーグの本塁打数には140/150を乗じて総本塁打数を調整・算出している。
※2……2013年9月10日現在の成績

 1985年には、年間に2000本近い本塁打が生まれていた。今よりずっと「打高投低」で、本塁打が出やすい環境だったのだ。そのため、ランディ・バースが打った本塁打は、総本塁打の2.7%に過ぎない。タフィ・ローズやアレックス・カブレラも、3%強という水準にとどまっている。これに対し、1964年の王貞治は素晴らしい。彼が放った55本の本塁打は、総本塁打の4%近くを占めた。バース、ローズ、カブレラより厳しい環境で、突出した記録を残していたと評価できるだろう。
 ところが、バレンティンはさらにすさまじい。今シーズンは、総本塁打の4.68%を彼一人でたたき出しているのだ。これは実に素晴らしい値。今回の記録更新は、実に価値の高いものだと思う。今シーズンの彼を「王以上のホームランバッター」と呼んでも、違和感はないはずだ。

 さて、この切り口で見た場合、もうひとり紹介したい選手がいる。2011年の中村剛也だ。

本塁打数(A) 総本塁打数(B) A÷B
中村剛也(2011年) 48本 939本 5.11%

 この年は、統一球の影響で本塁打が激減。年間の本塁打数は1000本を割り込んだ。そんななか、48本ものホームランを放った中村は球史に燦然と輝く存在だったと思う。何しろ、彼一人だけで総本塁打の20分の1以上をあげたのだから。

 今年は故障で長期欠場が続いた中村だが、来季はバレンティンの記録を更新する勢いで頑張って欲しいものだ。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-

関連する記事:


コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.shiratani.net/2013/09/11/%e3%83%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%81%ae%e6%9c%ac%e5%a1%81%e6%89%93%e8%a8%98%e9%8c%b2%e3%81%ab%e3%81%af%e7%8e%8b%e3%82%92%e4%b8%8a%e5%9b%9e%e3%82%8b%e4%be%a1%e5%80%a4%e3%81%8c/trackback/
トラックバックの送信元リスト
バレンティンの本塁打記録には王を上回る価値が - 白谷のノート(3冊目) より

ホーム > ニュースな数字 > バレンティンの本塁打記録には王を上回る価値が

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る