ホーム > タグ > 野球

野球

バレンティンの本塁打記録には王を上回る価値が

バレンティン54号 プロ野球記録あと1本

 ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(29)が10日、神宮球場で行われた広島20回戦の一回、前田健から左中間へ今季54号2ランを放ち、1964年の王(巨人)、2001年のローズ(近鉄)、02年のカブレラ(西武)が持つシーズン最多55本塁打のプロ野球記録にあと1本とした。

(2013年9月10日 msn産経ニュース)

 バレンティン選手の年間本塁打記録更新が、目前に迫っている。ヤクルトの残り試合数は23。故障など不測の事態が起こらない限り、記録更新は間違いないだろう。

 世間には、この記録に対して「公式球が、反発係数の低い『統一球』から『飛ぶボール』に変わったからだ」と揶揄する声もあるようだ。確かに、前年に比べて明らかに本塁打数は増えている。ボールが変わった効果は、記録更新を後押ししているのだろう。しかし、王貞治の時代に比べると球場は広くなっており、この点では現代の打者の方が不利だ。
 そこで、ある切り口から歴代のスラッガーを比較してみようと思う。それは、「12球団全体で放たれた総本塁打のうち、1人の打者の占めた割合」だ。

本塁打数(A) 総本塁打数(B) A÷B
王貞治(1964年) 55本 1383本※1 3.98%
R・バース(1985年) 54本 1997本 2.70%
T・ローズ(2001年) 55本 1802本 3.01%
A・カブレラ(2002年) 55本 1706本 3.22%
バレンティン(2013年)※2 54本 1155本 4.68%

※1……1964年当時、セ・リーグは140試合制、パ・リーグは150試合制だった。そのため、パ・リーグの本塁打数には140/150を乗じて総本塁打数を調整・算出している。
※2……2013年9月10日現在の成績

 1985年には、年間に2000本近い本塁打が生まれていた。今よりずっと「打高投低」で、本塁打が出やすい環境だったのだ。そのため、ランディ・バースが打った本塁打は、総本塁打の2.7%に過ぎない。タフィ・ローズやアレックス・カブレラも、3%強という水準にとどまっている。これに対し、1964年の王貞治は素晴らしい。彼が放った55本の本塁打は、総本塁打の4%近くを占めた。バース、ローズ、カブレラより厳しい環境で、突出した記録を残していたと評価できるだろう。
 ところが、バレンティンはさらにすさまじい。今シーズンは、総本塁打の4.68%を彼一人でたたき出しているのだ。これは実に素晴らしい値。今回の記録更新は、実に価値の高いものだと思う。今シーズンの彼を「王以上のホームランバッター」と呼んでも、違和感はないはずだ。

 さて、この切り口で見た場合、もうひとり紹介したい選手がいる。2011年の中村剛也だ。

本塁打数(A) 総本塁打数(B) A÷B
中村剛也(2011年) 48本 939本 5.11%

 この年は、統一球の影響で本塁打が激減。年間の本塁打数は1000本を割り込んだ。そんななか、48本ものホームランを放った中村は球史に燦然と輝く存在だったと思う。何しろ、彼一人だけで総本塁打の20分の1以上をあげたのだから。

 今年は故障で長期欠場が続いた中村だが、来季はバレンティンの記録を更新する勢いで頑張って欲しいものだ。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


メジャーリーガーの総年俸額は、日本プロ野球の8倍以上

平均年俸は2億8千万円 前年より4・1%上昇

 米大リーガーの平均年俸が前年より4・1%上昇し、344万ドル(約2億8千万円)だったとAP通信が5日、調査結果を発表した。

 ヤンキースのロドリゲス内野手が3千万ドル(約24億6千万円)で12年連続の最高年俸となった。エンゼルスのウェルズ外野手が2464万ドル、ヤンキースのサバシア投手が2428万ドルで続いた。

(2012年4月6日 msn産経ニュース)

 メジャーリーガーの平均年俸は約2億8000万円らしい。

 上のmsn産経ニュース記事だけではよく分からなかったので、より詳しく書かれていたCBSSPORTS.COMの記事「Baseball’s average salary goes up to $3.44M」も読んでみた。どうやら「$3.44M」とは、開幕時に全30チームのロースターに残っていた852選手の平均年俸ということのようだ。
※メジャーのロースターは1チーム25人。30チームで750人のはずなので、852人の中には一部の故障者リスト入り選手も含まれていると思われる。
 逆に言えば、メジャーリーガーの総年俸額は、344万ドル×852人=29億3088万ドルとなる。これは日本円に換算すると、約2400億円だ。

 一方、日本プロ野球選手会公式ホームページに掲載されているレポート「2011年シーズンの年俸調査結果の発表」によれば、2011年時点における日本プロ野球の総年俸額は288億5210万円。MLBの8分の1以下の規模だ。なお、これは二軍までを含んだ総年俸。MLBの基準に揃えて開幕時の一軍登録選手だけに絞れば、さらに総年俸額は小さくなる。こうしてみると、MLBとNPBとでは、ビジネスのスケールがずいぶん異なるものだと痛感する。

 選手1人あたりの年俸も、かなり違う。CBSSPORTS.COMの記事によると、年俸100万ドル(8200万円)以上のメジャーリーガーは448人。これは、全メジャーリーガーの52.6%に相当する。また、1000万ドル(8億2000万円)プレイヤーは89人、2000万ドル(16億4000万円)プレイヤーは14人もいるそうだ。
 これに対し、年俸7000万円以上の日本プロ野球選手は110人。メジャーの水準より、だいぶ少ない。最高年俸額も、高くて5億円といったところだ。

 在アメリカの日本人選手が苦しんでいるという報道を、今季はたびたび目にする。松井秀喜はまだ所属チームが決まっていないし、松坂大輔をはじめ故障者リストに入っている選手もいる。西岡剛や五十嵐亮太などはマイナーでのプレイを余儀なくされている状態だ。
 しかし、トップクラスの日本人選手にとって、メジャーリーガーの厚遇は魅力であり続けるだろう。やはり、MLBの年俸水準は日本のそれより高い。そして、日本の球団は赤字解消のために人件費の削減に動いているのに対し、アメリカでは人件費が増加し続けているからだ。

 今後も、スター選手のアメリカ流出は続きそうだ。それゆえ、日本選手が海外で力を発揮するのを手助けするビジネスが、今後はもてはやされるのかもしれない。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


来季は、過去最多の日本人メジャーリーガーが生まれるかも?

大リーグ外国人出身地、日本は6位に後退

 米大リーグは1日、開幕メジャー(出場選手登録枠各チーム25人と故障者リスト登録選手)846選手の出身内訳を発表し、昨年と同じ27・7%の234人が、米国以外の国や地域の出身となった。
 出身国・地域は14に上り、ドミニカ共和国の86人をトップに、ベネズエラが62人、プエルトリコが20人で続いた。上位3か国・地域は昨年と変わらないが、昨年は14人で4位だった日本は、今年は10人に減り、16人のカナダ、11人のキューバに抜かれ6位に後退した。

(2011年4月2日 読売新聞)

 メジャーリーグが開幕戦を迎えた。メジャー11年目のイチローは、2安打2盗塁と堂々の船出。一方、今季からツインズでプレイする西岡剛は、タイムリーエラーを犯してほろ苦いデビュー戦となった。

 ところで、開幕時にロースター入りを果たした日本人メジャーリーガーは、上の読売新聞記事で紹介されているように10選手。昨年に比べて4人減った。そこで、野茂英雄がドジャーズに入団した1995年からの、日本人メジャーリーガーの人数をまとめたのが下のグラフ。

日本人メジャーリーガー人数の推移

 日本人選手によるメジャー入りの道を切り開いたのは、なんと言っても野茂英雄だ。1995年の成績は、13勝6敗、防御率2.54。9月にはノーヒットノーランを記録し、新人王と奪三振のタイトルを獲得した。前年のストライキで人気が落ち込んでいたメジャーリーグにとって、「トルネード」は救世主だったのだ。
 野茂の成功により、日本人投手は脚光を浴びた。そして、翌1996年にはマック鈴木、1997年には長谷川滋利や伊良部秀輝などがメジャー入り。その後しばらくは、「投高打低」の状況が続いたのである。

 風向きが変わったのは2001年。イチローと新庄剛志が、日本人野手初のメジャーリーガーとなった。そして彼らの活躍により、日本人野手もメジャーで通用することが証明された。
 その後、田口壮や松井秀喜などが各チームで確固とした地位を築き、日本人野手の数も徐々に増加。2006年には、長谷川の引退や野茂のマイナー落ちなどもあって、野手の数が投手を上回ったのである。

 最盛期の2008年と2009年には、18人の日本人選手がメジャーでプレイしていた。それに比べると、今季の10人という数字はやや寂しい。ただ、来年は多くの日本人選手が海を渡るのではないか。なぜなら、来季は日本プロ野球の経営環境が相当悪くなると思われるからだ。
 2010年10月25日付け当ブログ記事「日本シリーズの放映権料はバラエティ番組制作費の2倍」や、2011年1月6日付け記事「プロ野球全選手の年俸総額は、20年前に比べて2.76倍に増加」でも触れたように、ここ数年の日本プロ野球界は厳しい状況に置かれている。観客動員は頭打ちで、テレビ放送権料は落ち込む一方。親会社による赤字補填も受けにくくなっている。そこに、今回の大震災だ。多くの球団では経営が悪化するはず。そして彼らは、人件費を削減しようと試みるだろう。

 2011年4月1日付け47NEWS・共同通信記事「大リーグ平均年俸2・8億円 最高はロドリゲス27億円」によれば、イチローの年俸は1800万ドル(約15億円)。福留孝介が1450万ドル(約12億円)、黒田博樹が1177万ドル(約10億円)だという。日本プロ野球の状況次第ではあるが、来季はメジャーに移籍して好待遇を勝ち取ろうとするスター選手が増える可能性が高い。ことによると、20人以上の日本人選手がメジャーでプレイする可能性だってあり得る。

 球場で野球を楽しむファンにとって、スター選手が海外移籍するのは寂しいことだ。でも、海外で活躍する日本人選手は、経済的にも精神的にも、日本を支えてくれる。この数年に関しては、スター選手を笑顔で送り出す方がいいのだろうな。そして、その間に日本を復興し、彼らが戻れる環境を用意するのだ。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


ホーム > タグ > 野球

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る