ホーム > タグ > 震災

震災

被災3県では20人に1人が現在も避難中

復興願う希望の灯火 震災から2度目の大みそか

 深い爪痕が残る地に、希望の明かりがともる。あの日から2度目の大みそか。夜の仮設住宅で、市街地で、生きる証しがきらめく。時の節目の輝きに、人々の願いと祈りが重なる。
 東日本大震災の最大の被災地、宮城県石巻市の街を高台から望んだ。「復興元年」とされた2012年。多くの被災者が悲しみを乗り越え、生活再建へ一歩を踏み出した。
 厳しい現実も続く。仮設住宅などで避難生活を強いられているのは、全国で約32万5000人。福島第1原発事故の被害が深刻な福島県では、約5万8000人が県外へ避難している。
(2012年12月31日 河北新報)

 東日本大震災と福島原発事故が起きてから2度目の大みそか、か。

 「3.11」の記憶は、スカイツリー開業、ロンドン五輪、中国・韓国との国境を巡る争い、政権交代といったニュースに押しやられ、過去のものにされようとしている。被災地に対する関心も、小さくなる一方だ。だが、上で紹介したニュースなどを目にすると、震災や原発事故はいまだに「現在の出来事」なのだと痛感する。

 復興庁が公開している「避難者等の数[平成24年12月12日]」によれば、現在でも32万人以上の方が避難生活を余儀なくされている。宮城県、福島県、岩手県の3県に限っても、約25万人が避難中という状況だ。
 実はこの人数、昨年からあまり減っていない。約1年前に公表された「避難者等の数[平成23年12月21日]」と、今年のデータを比較したのが下の表。

2011年12月の避難者 2012年12月の避難者 増減
岩手県 4万3812人 4万1626人 -2186人
宮城県 12万3927人 11万2008人 -1万1919人
福島県 9万5546人 9万8235人 +2689人
合計 26万3285人 25万1869人 -1万1416人

 最も減少幅の大きかった宮城県でも、避難者数は1割ほどしか減っていない。福島県に至っては、かえって避難者数が増えているのだ。とてもじゃないが、震災が終わったなんて、口が裂けても言えないのが現状だ。

 避難者の比率も高い。岩手県ウェブサイトの「岩手県毎月人口推計」ページ、宮城県ウェブサイトの「宮城県推計人口(月報)」ページ、福島県ウェブサイトの「福島県の推計人口」ページによれば、2012年12月1日現在における岩手県の人口は130万2645人、、宮城県は232万6957人、福島県の人口は196万523人。ここから、各県の「避難率」を算出したのが下の表。

避難者数(A) 人口(B) 避難率(A/B)
岩手県 4万1626人 130万2645人 3.2%
宮城県 11万2008人 232万6957人 4.8%
福島県 9万8235人 196万523人 5.0%
合計 25万1869人 559万125人 4.5%

 被災3県の避難率は4.5%。ざっと見積もって、20人に1人がいまだに仮住まいなのだ。

 新しい年が、もうすぐやってくる。だが、年明けと共に記憶を風化させてはいけない。震災と原発事故は、今も過去ではなく、現在進行形の問題なのだ。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


震災によるがれきの量は、東京ドーム8.5個分

震災がれき:都道府県・政令市に今週、処理要請…閣僚会合

 政府は13日、東日本大震災で発生した災害廃棄物(がれき)の処理を進めるため、初の関係閣僚会合を開催した。議長の野田佳彦首相は、被災地以外で処理する広域処理について、全都道府県と政令市に受け入れを文書で要請することや、がれきを再利用し、復興の象徴的な事業として津波の防潮林や避難のための高台を整備する方針を示した。

(2012年3月13日 毎日新聞)

 震災によって発生したがれきの処理は、遅れに遅れている。上で紹介した毎日新聞記事によれば、岩手県・宮城県・福島県で発生したがれきの総量は2252万8000トン。このうち処分が済んだのは、わずか6.7%の150万8000トンに過ぎない。残ったがれきは、2252万8000トン-150万8000トン=2102万トンだ。

 ところで、「がれき2102万トン」とはどのくらいの量なのだろうか。国立環境研究所サイトの「東日本大震災関連ページ」に掲載されている資料「災害廃棄物の重量容積変換について(第一報)」によれば、がれき(搬出・処分時)の比重は1立方メートルあたり2.0トンと見積もられている。2102万÷2.0≒1050万だから、がれき2102万トンは容積に直せば約1050万立方メートルというわけだ。
 東京ドームの容積は124万立方メートル。1050万÷124万≒8.5だから、震災で発生したがれきは東京ドーム8.5個分に相当する。また、仮にがれきを深さ1メートルの穴に埋めて処分する場合、必要な敷地は1050平方メートル=10.5平方キロメートル。これは、荒川区(面積10.2平方キロメートル)に匹敵する広さだ。これだけのがれきを被災地だけで処分するのは、とても難しいことだろう。

 がれきの処分を、日本全体で分かち合わなければならないことは、ごみの最終処分場の状況からも伝わってくる。環境省の報道発表資料「一般廃棄物の排出及び処理状況等(平成21年度)について」によると、2009年度末時点でのごみ最終処分場の残り容量は、日本全体で1億1604万立方メートルだ。
 もし被災3県が抱える最終処分場が、3県の人口(日本全体の4.5パーセント程度)に比例しているとすると、その容量は520万立方メートル程度と推測できる。全てのがれきが最終処分場で処分されるわけではないが、それでも「1050万立方メートル」に比べると、やはり少ない。

 どこをどう考えても、がれきを被災地だけで処理することは難しそうだ。やはり、日本全体が分に応じた負担をするしかない。ただ、どうしてもがれきの受け入れを拒否する自治体もあるだろう。
 その場合は、受け入れを拒否する代わりにその自治体の地方税を高くし、その分を被災地支援に回すなどの仕組みを作る方法が考えられるだろう。「カネで安全を買う」ようで、個人的には好きになれないやり方だ。しかし、皆が妥協できる着地点としては、十分に考えられるのではないか。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


2011年の離婚は1万6000件減で、戦後最大の減少幅

死者・不明者1万9009人 東日本大震災きょう1年

 掛け替えのない多くの命が奪われた東日本大震災の発生から、11日で1年となる。大きな被害を受けた岩手、宮城、福島3県の自治体は追悼式典を開き、被災地では犠牲者の鎮魂と復興を祈念する催事も行われる。行方不明者の死亡認定はこれまで、被災3県で3700人を超えた。複雑な思いを抱えながらも、家族の「死」を受け入れた人が少なくない。被災者はあらためて悲しみを胸に刻み、復興を誓う。

 警察庁の10日現在のまとめでは、死者は12都道県で1万5854人、不明者は6県で3155人で、死者・不明者は計1万9009人となっている。

(2012年3月11日 河北新報)

 

 今日で、あれから1年が過ぎた。

 大震災は、僕にとって決して過去ではない。拭っても消えない染みのように、今も心の一角を暗く重たくしている。関東在住の僕ですらこんな風なのだから、被災地の方々はなおさらだろう。現在も苦しんでいる人がたくさんいることだけは、忘れずにいようと思う。

 日本はあの日以来、大きく変わった。そして、変化に順応するために、日本人の意識も変わりつつあると感じる。その一つの表れが、離婚件数の減少だ。

 厚生労働省の「平成23年(2011)人口動態統計の年間推計」を元に、戦後の年間離婚件数を折れ線グラフ化したのが下図。2011年の推計離婚件数は23万5000件で、前年(25万1378件)に比べて1万6000件以上減る見通しだ。これだけ離婚件数が減ったのは、戦後初めてのことである。

 さらに、対前年比の増減率を算出したのが下図。

 2011年は対前年比マイナス6.5%で、これは1985年(-6.8%)に次ぐ大幅減だ。恐らく、震災によって家族の結びつきが強く意識されたことが、この結果につながったのだと思う。

 ネットリサーチ会社のインターワイヤードが発表した「『東日本大震災から1年後』の意識調査」でも、「家族志向」の高まりが見て取れる。「一緒に住む人がほしい」「恋人が欲しい」「結婚したい」という気持ちが強まった人は、震災前より明らかに増えているのだ。

 実を言えば、2011年は婚姻件数も減っている。2010年の婚姻件数が70万214件だったのに対し、2011年は4.3%減の67万件程度という予測。そこで、2012年2月1日付けJcastニュース「震災の影響で結婚増加はウソ? 2011年婚姻数は戦後最低」のように報じるメディアもあった。

 ただ、結婚と離婚とでは事情が異なる。簡単に言えば、「離婚を思いとどまるのは短期間でできるが、結婚にこぎつけるには時間がかかる」のだ。国立社会保障・人口問題研究所の「第14回出生動向基本調査」によると、2005年から2010年に結婚した初婚同士の夫婦の場合、平均交際期間は4.26年だったという。震災で結婚を望む人が増えても、1年弱で相手を見つけ、結婚できる人はむしろ少数派。結婚件数という数字に表れるまでには、タイムラグがあるのだ。

 戦後の日本では、世帯数あたりの人数は減る一方だった。総務省統計局サイトの「国勢調査からわかったこと」ページによれば、今や全世帯の約3分の1が単身世帯なのだ。こうした傾向が変わるかどうか、僕には分からない。結婚や出産は、願うだけでは実現できないことだから。だが、「3.11」後の日本では、家族を持ちたいと思う人が増えていることだけは、恐らく確かなのだろう。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


ホーム > タグ > 震災

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る