ホーム > タグ > 雑文

雑文

父の死に関連した備忘録(2)~若い世代にこそ遺書は必要

4月2日の早朝、父が亡くなりました。
父を送り出す中でで気づいたことについて、
備忘録を残しておきます。
2つめのテーマは、「遺書」です。

僕の父は、最後まで治る気でいたと思います。
亡くなる前日、母と交わした最後の言葉は「また明日」でした。
そのため、遺書のたぐいは一切残していません。

父の場合、遺書がなくても特に不都合はなかったでしょう。
父は亡くなる直前、多くの人に会っていました。
その際、伝えるべきこと、伝えたいことは伝えていたと思います。
また、引退してからかなりの年月が経っているので、
仕事に関する連絡事項もありませんでした。

しかし、現在の僕が突然死んでしまった場合、
状況は全く異なります。
現在、仕事に就いていて、しかもフリーランス。
亡くなった後の手続きについて、
かなり細かい部分まで指示をしておく必要があると痛感しました。
70代で亡くなった父より、40代の僕の方が、
遺書を作っておく必要性は格段に大きいのです。

実は、僕は5年ほど前に、
「遺し書き」と題した遺書を書いています。
当時、親しかった同世代の友人が立て続けに亡くなり、
死というものの存在をごく身近に感じた頃です。
己が突然死んだ場合に備え、必要な準備をしようと考えました。

内容は、このようなものです。

——————–
○はじめに
……この「残し書き」の趣旨について

○第1条 緊急時の連絡先
……死亡時、もしくはそれに準ずる緊急時の連絡先リスト
※必ず連絡して欲しい5人と、余裕があれば連絡して欲しい5人

○第2条 延命処置の拒否
……植物状態などに陥った場合、無意味な延命処置はしないこと

○第3条 臓器等の提供
脳死の場合、臓器を日本臓器移植ネットワークに提供すること

○第4条 葬儀
……葬儀に関する希望

○第5条 埋葬
……埋葬に関する希望

第6条 相続
……財産や保険金に関する注意書き

第7条 私物の処理
……仕事用PCについては一定期間保管の上で廃棄。それ以外のPCについては、中身を見ずに初期化。名刺、仕事用の資料の廃棄方法。その他の私物の廃棄方法など

○第8条 各種契約の解除
……クレジットカード、携帯電話、インターネットサービスをはじめとする各種サービスの解約について。ID、パスワードを記録した別ファイルの保管場所についても付記

○第9条 その他
……「残し書き」で触れていない事柄について

○終わりに
……家族への謝意
——————–
※それぞれの詳細については、いろいろ差し障りもあるので(^^;;、書いていません。

これを書いた当時、僕は参考にできるひな形を
ネットなどで探してみたものです。
ところが、役立つものはほとんど見つかりませんでした。

また、世の中ではかなり前から、死ぬ前に必要事項を記入しておく
「エンディングノート」が広まっています。
実は、以前、葬儀や死をテーマにした単行本を
手がけた経験があったため、
僕はこの種のものをいくつか読んだことがあります。
ただ、現時点で市販されているエンディングノートは、
ほぼ全てが高齢者向けに作られているのです。

エンディングノートや遺書を本当に必要としているのは、
むしろ、若い世代ではないかと思います。
仕事、家族(特に子供)への処遇など、
短期間で判断・対応を迫られる事柄は、
高齢者より若い人の方がずっと多いでしょう。
また、一般に現役世代の方が、
仕事・プライベートでの交友関係は広いはずですから。
だから、遺書を事前に用意しておくことで、
残された側の負担は、ずっと軽くなるのです。

ということで、若い世代向けのエンディングノートが、
もっと世の中に増えるといい。
そんなことを思いました。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


父の死に関連した備忘録(1)~通夜式・告別式のあいさつについて

4月2日の早朝、父が亡くなりました。
父を送り出す中でで気づいたことについて、
備忘録を残しておきます。
1つめのテーマは、「葬儀でのあいさつ」です。

(1)喪主としてあいさつをすることに

喪主は、通夜式・告別式のそれぞれで、
参列者に対してあいさつすることになっています。
葬儀社側が用意した定型文を読み上げる手もありますが、
僕は、自分の言葉で感謝の気持ちを伝えようと思いました。

ご参列いただいたのは、親類と少数のご友人、近隣の方のみ。
全部で、約60人でした。
多くの方は、父の病状がかなり悪いことは、
ぼんやりとですが、ご存じいただいている状況。
ただし、これほど早く亡くなると考えていた方は
少なかったはずです。

(2)あいさつの基本方針と構成

僕が立てた基本方針はこうです。

多くの方が父の死を初めて知る通夜式では、
父が幸せであったことを伝え、参列者の皆さんに安心してもらう。
そして、最後の別れとなる告別式では、父の人柄と生涯を伝え、
皆さんに、父がいたことを記憶してもらう。

そのため、それぞれの構成は下のようにしました。

【通夜式】
・謝意
・父のお陰で私たち子供が家族を持ち、孫も順調に成長していること
・父は何より、妻に恵まれたこと
・痛みを感じることは少なく、安らかに逝けたこと
・縁のあった方々にこうして見送っていただき、父は幸せだということ
・謝意

【告別式】
・謝意
・父の人柄の良さ
・父の真面目さ
・家族から父への感謝
・家族は今後も、折に触れ父を思い出すだろうこと
・参列者の皆さんも、ぜひ、時々は父を思い出して欲しいこと
・父がいたことを思い出すことが、父にとっても喜びであろうこと
・謝意

なお、あいさつの分量は、通夜式では500文字(約2分)、
最後の別れとなる告別式では700文字(約3分)になりました。

(3)葬儀のスピーチはうまくいかない

基本方針と文章構成は、おおむね間違っていなかったと思います。
ただ、スピーチは全くのダメダメでした。
理由は2つあります。

1つ目の理由は、練習不足です。
葬儀直前の遺族には、時間的余裕もさることながら、
精神的余裕が全くないのです。
冷たくなった父の横で、あいさつを練習する気持ちになど
なれるわけがありません。

2つ目の理由は、話す際に、感情を制御できなくなることです。
父にまつわるエピソードや、父への感謝を口にするたび、
思いがこみ上げ、うまく話せなくなりました。

一般のプレゼンテーションでは、
聞き手を見ながら、感情を込めて語りかけることが求められます。
そこで僕も、参列者の皆さんに心からの感謝を伝えようと、
草稿をほとんど見ることなく、皆さんの目を見て話そうとしました。
ところが、今思えば、これは間違いだったかもしれません。
草稿を暗記する精神的・時間的余裕がなく、
しかも、感情を全くコントロールできないまま話をすれば、
そりゃ、うまくいかないに決まってます(^^;;。
むしろ、草稿を手に持ち、きちんと読み上げることに集中する方が、
スピーチはうまくいったかもしれませんね。
もちろん、僕の涙混じりの話しぶりが、
かえって心に刺さったと話してくれた方もいらっしゃいましたが、
伝えるべきことを伝えるという意味では、
100点満点とはいかなかったかなあ、と。

原稿を読み上げ、伝えるべきことをきちんと伝える方がいいのか、
グダグダだが感情だけはむき出しで伝わる方がいいのか。
この辺は、話し手の好みに左右されるのかなと思います。
ただ、今回の経験を通じて
僕は「草稿を読むことに集中する」方がベターかと感じました。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


東京電力の経営陣には大企業経営者としての「覚悟」が欠けている

2011年1月6日付け当ブログ記事
「プロ野球全選手の年俸総額は、20年前に比べて2.76倍に増加」
などでも触れていますが、
僕は「報酬」を、感謝の量に比例して与えられるべきものだと考えています。

例えばある人は、5人に対して各10万円分の貢献をし、
月に50万円の報酬を手にする。
別の人は、50万人に各1円分の貢献をして、
やはり、月に50万円の報酬を手にする。
そのように、誰か他の人のために役立った分だけ、
お金をもらえる仕組みが望ましいと思っています。
(ちなみに、投機などで財産を築いたような人には、
莫大な税金を支払うことで世の中の役に立って欲しいですね。)

だから、多くの人に多くの幸せを与えられる人が、
高収入を得るのは当然のことだと思っています。
例えば、優れたスポーツ選手やミュージシャン。
あるいは、(毀誉褒貶ありますが)孫正義さんのように、
たくさんの人の暮らしを便利にした人。
彼らが高収入を得るのは正当なことです。
政治家も、同じカテゴリーに入る仕事でしょう。
もちろん、きちんと仕事をしているという前提付きではありますが。

逆に言えば、多くの人を不幸にした人は、
それなりのペナルティを支払うのが当然だと思うのです。
例えば、スパムメールを送りつける業者。
一人ひとりに与えている迷惑は小さいかもしれませんが、
すべてのネットユーザーにかかっている負荷を合計すると、
とんでもない量になるはず。
こうした業者には、億を超える規模の罰金が科されてしかるべきです。

****

さて、今回の東京電力の原発事故。

僕は、東京電力従業員の給与引き下げには、慎重な立場です。
彼らは、福島原発の処理というリスクの高い仕事を抱えています。
その上、給料まで大幅ダウンしたら、優秀な人ほど転職を考えるでしょう。
仮に原発を廃止するにしても、廃炉までには数十年もの期間がかかります。
その間、安全に原発を管理するためには、
東京電力は優秀な人材を確保し続ける必要があるのです。

しかし、経営陣の報酬は、全く別の話です。

2011年4月27日付け読売新聞記事
「役員報酬半減、大変厳しい数字…東電の清水社長」は、
東京電力の清水社長が、役員の報酬を50%削減することに対して
「大変厳しい数字と考えている」とコメントしたと伝えています。
これは、とんでもない、ふざけきった認識だと考えます。

確かに、今回の原発事故は、
100年に1度とも言われる大津波が原因でした。
その点、東京電力には同情の余地がある。
ただ、東京電力の対応のまずさが、
事故を拡大してしまった事実は否定できません。
その結果、福島県民をはじめ、多くの人々が影響を受けました。
たくさんの人に多大な迷惑をかけたのだから、
それにふさわしい責任の取り方があると思うのです。

役員報酬は100%カット。
退職金についても、全額辞退して義援金に充てる。
それは、経営者として最低限のラインなのではないですかね?

大企業の経営者には、多くの人々を幸せにする力があります。
それが、彼らが高い報酬を得ている根拠なのです。
だからこそ、己の経営責任で多くの人々を不幸にしたら、
それ相応のペナルティを支払うのが筋。

そうした経営者としての「覚悟」が、
東京電力の経営陣には欠けているように見えます。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


ホーム > タグ > 雑文

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る