ホーム > タグ > マスコミ

マスコミ

テレビの平均視聴時間は15年間で9分増加

「テレビの時代」はもう終わった 視聴率トップたった18.1%と「史上最低」

 1週間のテレビ視聴率のランキングで、ワースト記録が生まれた。1位がたったの18.1%しかなかったのだ。テレビ離れは、どこまで深刻化しているのだろうか。

 産経新聞は、ビデオリサーチの数字(関東地区)をもとに「週間視聴率トップ30」を毎週まとめている。2011年10月3~9日の1位の視聴率は、「史上最低」の18.1%(笑点、日本テレビ)だった。

(2011年10月12日 J-CASTニュース)

 上で紹介したJ-CASTニュース記事は、テレビの「週間視聴率トップ30」に入る番組の視聴率が低下傾向だと伝えている。そして、これを根拠に、視聴者の「テレビ離れ」が深刻化していると伝えている。

 なるほど、1番組あたりの視聴率が下がっているのは間違いない。ビデオリサーチによれば、1995~2010年におけるドラマ部門の視聴率1位番組の視聴率と、視聴率30%以上のドラマの本数は下記の通り。

最高視聴率ドラマ/視聴率 30%以上
1995年 家なき子2/31.5% 3本
1996年 秀吉/37.4% 5本
1997年 渡る世間は鬼ばかり/34.2% 5本
1998年 GTO/35.7% 4本
1999年 古畑任三郎VS SMAP/32.3% 2本
2000年 ビューティフルライフ/41.3% 3本
2001年 HERO/36.8% 1本
2002年 北の国から2002遺言・前編/38.4% 2本
2003年 GOOD LUCK!!・最終回/37.6% 1本
2004年 白い巨塔/32.1% 2本
2005年 ごくせん/32.5% 1本
2006年 HERO/30.9% 1本
2007年 華麗なる一族/30.4% 1本
2008年 篤姫/29.2% 0本
2009年 天地人/26.0% 0本
2010年 龍馬伝/24.4% 0本

 1996、1997年には、視聴率が30%を超えたドラマが5本もあった。ところが、2007年3月の「華麗なる一族」以降はゼロ。2010年以降は、25%を超えるドラマすら出現していない。バラエティ番組などでも、同じような傾向が現れている。

 ただし、これをもって「テレビ離れ」と決めつけるのは短絡的だ。国民がテレビを見る時間は、決して減っていない。むしろ増加傾向なのである。
 NHK放送文化研究所の調査「生活時間調査からみたメディア利用の現状と変化~2010年 国民生活時間調査より~」によると、1995年当時における平日のテレビ平均視聴時間は3時間19分。これに対し、2000年には3時間25分、2005年には3時間27分、そして2010年には3時間28分だった。テレビの視聴時間は、15年間で9分間、約4.5%増えているのだ。

 では、なぜ1番組あたりの視聴率が下がっているのか。その原因は、「テレビ離れ」ではなく「多チャンネル化」に求めるべきだろう。
 (社)衛星放送協会サイトの「視聴世帯数」ページによれば、1995年と2010年の衛星放送契約者数は下記の通り。

NHK-BS WOWOW スカパー!+スカパー!e2
1995年 737万人 205万人 – ※
2010年 1567万人 251万人 362万人

※スカパー!は1995年10月開局。ちなみに、1996年度の契約者数は24万人。

 衛星放送の契約者数は、15年間で1200万人も増えた。恐らく、CATVなどを通じてテレビ番組を見ている人も増えているはずだ。当然、見られるチャンネルの数も多くなっている。従来なら「NHK2局+民放4~6局」から選ぶしかなかったのが、「BS、CSを含めた数十局」から選ぶ状況に変わっているのである。当然、1番組あたりの視聴率は下がるが、テレビ全体の視聴時間が減っているわけではない。
 僕自身も、地上波放送のドラマ・バラエティ番組を見る時間はめっきり減った。しかし、CSの専門チャンネルでスポーツ番組を見る機会が増えている。また、テレビ発の映像を、YouTubeなどで視聴することも少なくない。総合的なテレビ視聴時間は、以前とさほど変わっていないように思う。

 もちろん、テレビの置かれた状況は甘くはない。前出の「生活時間調査からみたメディア利用の現状と変化~2010年 国民生活時間調査より~」によると、若年層のテレビ視聴時間は確実に短くなっている。若い世代に限れば、テレビ離れの傾向が現れているのだ。また、チャンネル数が多くなり、視聴者が分散すれば、1番組当たりの制作費は削減せざるを得ないだろう。質の高い番組作りは難しくなる危険性が高い。
 だが、テレビそのものが持つ力は、まだまだ大きいのだ。むしろ、新聞や雑誌、ラジオといった他メディアの発信力が落ちている分、その存在感は相対的に大きくなっているのかもしれない。

 少なくとも、あと少しは「テレビの時代」が続く。僕には、そう思えるのである。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


NHKへの信頼度は大幅アップ、政府への信頼度は急降下

震災関連の情報源、ポータルサイトがテレビに次ぐ ソーシャルメディアも存在感

 東北関東大震災に関連した情報源として、NHKなどのテレビを重視する人が多かった一方、ポータルサイトやソーシャルメディアの存在感も高まった──野村総合研究所(NRI)が3月29日公表した、震災に関連したメディア接触動向に関する調査で、こうした結果が出た。

(2011年3月29日 ITmedia)

 上で紹介したITmedia記事のネタ元は、野村総合研究所の「東北地方太平洋沖地震に伴うメディア接触動向に関する調査」。関東に住む20~59歳の男女にインターネット経由で行われたもので、非・インターネット利用者は調査対象に含まれていない。

 興味深かったのは、今回の震災で信頼度の上がった情報源と下がった情報源が、くっきりと分かれたことだ。以下の表は、「震災関連の情報に接して、『信頼度が上昇した』という回答比率(メディアや情報発信主体別)」と「震災関連の情報に接して、『信頼度が低下したという』回答比率(メディアや情報発信主体別)」という問いに対する回答をまとめたもの。

  信頼上昇(A) 信頼低下(B) A-B
NHK 28.8% 4.7% △24.1%
ポータルサイト 17.5% 4.2% △13.3%
ソーシャルメディア上の個人 13.4% 9.0% △4.4%
大学・研究機関 9.2% 7.4% △1.8%
新聞社 2.8% 5.9% ▼3.1%
民放 7.2% 13.7% ▼5.5%
政府・自治体 7.8% 28.9% ▼21.1%

 この調査を見る限り、NHKへの信頼度は圧倒的だ。ビデオリサーチによる3月14~20日の視聴率調査でも、報道番組の視聴率ランキングはNHKが独占している。一方、民放や新聞社は、視聴者・読者からの信頼をかなり失った。これは僕の推測だが、新聞社はタイムリーな情報が伝えられない点、民放は被災者への無神経な取材姿勢が嫌気されたのではないか。

 そして、最も信頼を失ったのが政府と自治体だ。28.9%の人が、政府・自治体の情報に対する信頼度が低下したと答えたのは、非常に重い事実だと思う。
 今の政府には、情報を集め、整理し、分析する能力が欠けているように見える。日本中の人材をかき集め、信頼に足る情報を発信できるようになってくれればいいのだが……。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


「金八先生」最終回の卒業生出席率は72%

近藤真彦:「金八先生」最終回に13年ぶり出演 卒業生総勢152人集結

 俳優の武田鉄矢さん(61)が演じてきた“坂本金八先生”が定年退職を迎える27日放送のスペシャルドラマ「3年B組金八先生・ファイナル『最後の贈る言葉』4時間SP」に、近藤真彦さんら総勢152人もの「桜中3B卒業生」が出演することが明らかになった。

(2011年3月9日 毎日新聞)

 ドラマ「3年B組金八先生」シリーズが、ついに終わる。
 鶴見辰吾、杉田かおる、田原俊彦、近藤真彦、野村義男、三原じゅん子、小林聡美などが出演していた第1シリーズの放送開始日は、1979年10月26日。実に30年以上昔の話だ。そりゃ、金八先生も退職するわなあ。第1・第2シリーズをリアルタイムで見ていた僕としては、なかなか感慨深いものがある。

 ところで、3月27日に放送されるスペシャル番組には、総勢152人の「卒業生」が登場するそうだ。そこで、Wikipediaの「3年B組金八先生の生徒一覧」の項目から各シリーズにおける3年B組生徒数を、TBSの「『3年B組金八先生ファイナル~』公式サイト」から今回の番組の出演者数を抜き出し、「出席率」を算出してみた。

  卒業年 3年B組生徒数 最終回出演者 出席率
第1シリーズ 1980年 32人 17人 53%
第2シリーズ 1981年 34人 22人 65%
第4シリーズ 1996年 30人 21人 70%
第5シリーズ 2000年 30人 18人 60%
第6シリーズ 2002年 30人 27人 90%
第7シリーズ 2005年 30人 27人 90%
第8シリーズ 2008年 25人 20人 80%
合計   211人 152人 72%

 第3シリーズ(桜中学ではなく松ヶ崎中学校が舞台だったため、今回のスペシャル番組には卒業生が登場しない)を除いた卒業生の人数は、合計211人。一方、スペシャル番組への出演者数は152人なので、出席率は72%となる。これは、かなり高い数字だと思う。特に、第2シリーズの出席率65%というのが驚き。すでに芸能活動から離れていた人は多いだろうし、故沖田浩之さんのように亡くなられた方もいる。そんな中、3人に2人が出演するのは凄いことだろう。結束の固かったクラスの同窓会だって、これだけの出席率にはなかなかならないものだ。

 ちなみに僕は、「腐ったミカン」の第2シリーズが放映されていた1981年に、中学校を卒業した。つまり、「加藤優」とは同級生。ほかの世代の人には分かりづらいだろうが、加藤優は僕らにとって、ある種の「象徴」なのだ。
 今回のスペシャル番組には、加藤優役を演じた直江喜一さんも出演するらしい。とりあえず、HDDレコーダーを最高画質設定にして、予約を入れておくつもりだ。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


ホーム > タグ > マスコミ

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る