ホーム > タグ > 音楽

音楽

AKB48と嵐のおかげで、CDシングルの総売上は2006年以来の増加に

嵐、オリコン史上最多7冠! AKBとシングルTOP10独占

 人気グループ、嵐が音楽・映像ソフトを販売している全国3万9580店舗の実売データをもとに集計された「第43回オリコン年間ランキング2010」で、売り上げ総額No.1アーティストに2年連続で輝いたことが19日、発表された。

(2010年12月20日 msn産経ニュース)

 オリコンの「2010年 オリコン年間ランキング」によると、今年のCDシングルランキングは、AKB48の楽曲が1、2、5、8位に、嵐が3、4、6、7、9、10位にランクイン。この2組だけで、ベスト10を独占してしまった。
 1組のアーティストがCDシングル年間ベスト10に4曲を送り込む快挙は、昨年の嵐に続いて2年連続。ただし、その前になると、1988年の光GENJI(1位「パラダイス銀河」、2位「ガラスの十代」、3位「Diamondハリケーン」、7位「剣の舞」)までさかのぼらなければならない。押しも押されもせぬ大記録を、2組が同時に達成したのだから驚きだ。

 日本レコード協会の「最新の生産実績」ページによれば、2010年10月までのシングルCD生産数量は、対前年同期比で12%増。ずっと右肩下がりだったCDシングルの売り上げだが、今年は2006年以来のプラスに転じそうな勢いだ。そして言うまでもなく、AKB48と嵐の2組の貢献度は大きい。
 では、2組がどれだけCD売り上げ増に寄与しているか見てみよう。下表は、各年にCDシングルベスト10入りした10曲の売り上げ枚数を合計したものと、CDシングルの総生産枚数を抜粋したもの。前者はオリコン、後者は日本レコード協会のデータを使用している。

  ベスト10合計枚数(A) 総生産枚数(B) A÷B
2005年 630万8064枚 6274万5000枚 10.1%
2006年 624万5007枚 6586万1000枚 9.5%
2007年 479万6396枚 6132万4000枚 7.8%
2008年 484万4917枚 5348万8000枚 9.1%
2009年 444万7224枚 4474万2000枚 9.1%
2010年 670万2599枚 5138万0400枚※ 13.0%

※2010年のCDシングル総生産数量は、10月分までしか出ていない。そこで、それまでのデータを10で割って1カ月あたりの数量を算出し、それを12倍した数値を掲載している。

 2005年から2009年までは、ベスト10曲の合計枚数は全体の8~10%程度で推移していた。ところが、2010年には13.0%に急増。ヒットランク上位曲、すなわちAKB48と嵐のCDが売れたことで、全体の枚数が底上げされたのだ。逆に言えば、恐らくランキング下位曲の生産枚数は、前年とさほど変わっていないと推測できる。

 となれば、焦点はAKB48と嵐の勢いがどこまで続くかである。もし、来年も2組が快進撃を続け、さらに2組のノウハウを取り入れて売れ行きを伸ばすアーティストが現れれば、CDシングル市場は活況を取り戻すだろう。反対に、2組の勢いが止まるようなことになれば、業界は再び縮小局面に入る危険性が高い。

 音楽業界の期待を背負う2組。来年は、いったいどうなるだろうか?

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


2006~9年の年間アルバムランキングで、「ベスト盤」の占める割合は51.5%

宇多田さん、来月発売ベスト盤を「私と無関係」

 11月24日に二つのレコード会社から発売される歌手の宇多田ヒカルさん(27)の2種類のベスト盤のうち1枚について、宇多田さん本人が「私の意志とは無関係のリリース。ファンにお金を出させるのは心苦しい」と自身のブログで批判していることが、26日分かった。

(2010年10月26日 読売新聞)

 レコード会社がベスト盤を出したがる理由は単純だ。売れるからである。

 下表は、オリコンスタイルが発表している年間アルバムランキングから、2006年以降のベスト10をまとめたもの。それぞれ、「2006年 年間アルバムランキング」、「2007年 年間アルバムランキング」、「2008年 年間アルバムランキング」、「2009年 年間アルバムランキング」を参照している。地色が青くなっているのが、いわゆる「ベスト盤」だ。

2006年 年間アルバムランキング
1位 Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection

’95-’05 “歌バカ”(平井堅)

207万0766枚
2位 BEST~second session~(倖田來未) 176万8628枚
3位 ALL SINGLES BEST(コブクロ) 174万8682枚
4位 Catch The Wave(Def Tech) 122万5757枚
5位 B’z The Best “Pleasure II”(B’z) 119万1725枚
6位 BEST(中島美嘉) 110万9420枚
7位 ULTRA BLUE(宇多田ヒカル) 88万2343枚
8位 (miss)understood(浜崎あゆみ) 87万7433枚
9位 NAMELESS WORLD(コブクロ) 86万6948枚
10位 LOVE COOK(大塚愛) 83万1633枚
ランキングベスト10の売上合計 1257万3335枚
ベスト盤の売上 788万9221枚
ベスト盤の占める割合 62.7%
 
2007年 年間アルバムランキング
1位 HOME(Mr.Children) 118万1241枚
2位 BEST~second session~(倖田來未) 102万2448枚
3位 ALL SINGLES BEST(コブクロ) 85万2637枚
4位 ベスト・ダム・シング(アヴリル・ラヴィーン) 84万8912枚
5位 A BEST 2-WHITE-(浜崎あゆみ) 71万6582枚
6位 愛 am BEST(大塚愛) 71万3563枚
7位 A BEST 2-BLACK-(浜崎あゆみ) 69万6728枚
8位 ケツノポリス5(ケツメイシ) 68万0002枚
9位 CAN’T BUY MY LOVE(YUI) 64万5412枚
10位 グレイテスト・ヒッツ(スキマスイッチ) 64万4231枚
ランキングベスト10の売上合計 800万1756枚
ベスト盤の売上 362万3741枚
ベスト盤の占める割合 45.3%
 
2008年 年間アルバムランキング
1位 EXILE LOVE(EXILE) 147万0959枚
2位 BEST FICTION(安室奈美恵) 144万7149枚
3位 5296(コブクロ) 140万4658枚
4位 EXILE CATCHY BEST(EXILE) 122万2339枚
5位 HEART STATION(宇多田ヒカル) 99万7536枚
6位 EXILE BALLAD BEST(EXILE) 94万3901枚
7位 B’z The Best“ULTRA Pleasure”(B’z) 94万0333枚
8位 A COMPLETE ~ALL SINGLES~(浜崎あゆみ) 81万5643枚
9位 AND I LOVE YOU(DREAMS COME TRUE) 78万5641枚
10位 あっ、ども。おひさしぶりです。(GReeeeN) 77万8578枚
ランキングベスト10の売上合計 1080万6737枚
ベスト盤の売上 536万9365枚
ベスト盤の占める割合 49.7%
 
2009年 年間アルバムランキング
1位 All the BEST! 1999-2009(嵐) 143万2781枚
2位 SUPERMARKET FANTASY(Mr.Children) 125万1148枚
3位 塩、コショウ(GReeeeN) 100万0127枚
4位 愛すべき未来へ(EXILE) 89万7095枚
5位 EXILE BALLAD BEST(EXILE) 84万7273枚
6位 ayaka’s History 2006-2009(絢香) 78万6657枚
7位 DO YOU DREAMS COME TRUE?

(DREAMS COME TRUE)

66万8097枚
8位 レミオベスト(レミオロメン) 48万9464枚
9位 Box Emotions(Superfly) 48万0865枚
10位 CALLING(コブクロ) 46万7521枚
ランキングベスト10の売上合計 832万1028枚
ベスト盤の売上 355万6175枚
ベスト盤の占める割合 42.7%

 ご覧の通り、2006、2007、2008年のランキングでは5つのベスト盤が、2009年には4つがベスト10入りを果たしている。2006年には、1~3位をベスト盤が独占した。
 2006~2009年にベスト10入りした40作品の総売上は、3970万2856枚。一方、ベスト盤19作品の総売上は2043万8502枚だった。ベスト盤の占める割合は51.5%に達する。ベスト盤は、CD市場において巨大な存在感を発揮しているのだ。
 しかもベスト盤の制作は、オリジナルアルバムに比べて手間も費用もかからない。安く作れて、しかも売れる。だから、多少強引な手段に出ても、レコード会社はベスト盤を出すのだろう。

 レコード会社側にも、言い分はあるようだ。音楽作りの現場は、雑誌やテレビ番組、映画作りなどと似通っていて、共同作業の局面が多い。確かに、曲を作り、歌詞を書き、歌うのはアーティスト。しかし、音楽というパッケージを作る際には、スタジオミュージシャンやエンジニアなどの創意工夫もふんだんに生かされているようだ。彼らの権利を代表する形で、レコード会社が「原盤権」を持つ。それは、一定の理屈があるとは思う。
 しかし、作品を生みだしたのは、やはりアーティストなのだ。だから、アーティストが望まない作品が世に送り出されるのは、あまりに不幸なことだろう。

 もし、アーティストに労働組合のようなものがあれば、レコード会社に対して「原盤権に関する慣例の廃止」を訴えて活動するんだろうけどなあ。宇多田ヒカルが、吉田美和や草野マサムネあたりに声を掛け、動いてくれないかしら?

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


安全地帯の公演中止により、1800万円分のチケットが払い戻しに

玉置浩二、客に暴言連発!またライブ打ち切り!メンバーも“ボイコット”!!

 玉置浩二(51)がボーカルを務める5人組バンド「安全地帯」が12日、福岡サンパレスで行ったコンサートが、玉置の“暴挙”により途中で中止となるハプニングがあった。

(2010年9月13日 スポーツ報知)

 昨夜行われた安全地帯のコンサートが、途中で打ち切られてしまった。原因は、ボーカルの玉置浩二氏。記事によれば、出だしからろれつが回らない状態で、途中、ヤジを飛ばした観客と口論になる場面もあったらしい。
 主催者側は、チケット(7800円)の払い戻しを発表。約2300席が完売だったため、7800円×2300席=1794万円。つまり、チケット代だけで1800万円の損害が出たことになる。

 「安全地帯オフィシャルサイト」を見ると、今回のツアーはまだまだ続く。崇城大学市民ホール(1591席)、宮崎市民文化ホール(1867席)、府中の森芸術劇場(2027席)、ハーモニーホール座間(1310席)、兵庫県立芸術文化センター(2001席)、グランキューブ大阪(2754席、2回公演)、アルファあなぶきホール(2001席)、富山・オーバードホール(2200席)、長岡市立劇場(1500席)と、通常公演だけで9カ所10公演。さらに、奈良・薬師寺の大講堂前特設舞台(定員数不明)、日本武道館(14471席)で追加公演が予定されている。チケットが完売した場合、ツアーの残り分だけで3万5000人以上を動員する見込みだ。
 仮に、これらの公演が全てキャンセルされた場合、払い戻しにかかる金額は、最大で3万5000人×7800円=2億7300万円。ここに、物販面での損失も重なる。安全地帯側にとって、大きな打撃となるはずだ。

 玉置氏が公式サイトで語っているとおり、「ライブは生もの」。そして、ライブを作り出すアーティストも、また生身の人間なのだ。時には調子を崩すことだってある。一方、当ブログの8月23日付け記事「CD新譜1枚あたり生産金額は10年前の3分の1に~ライブ重視が進行中」でも触れたが、今後の音楽業界ではライブ活動がますます重視されるはずだ。もしアーティストが倒れて公演が不可能になった場合、損害は以前より大きくなるに違いない。

 そこで、今後の音楽業界では、ライブの担い手であるアーティストをケアすることで、ライブの品質を一定に保つ専門職が登場するかも。医学、心理学から音楽まで幅広い知識を持った「音楽品質管理者」。需要は十分にありそうな気がするのだ。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


ホーム > タグ > 音楽

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る