ホーム > タグ > 雑多な数字

雑多な数字

妊娠した女性の6人に1人が中絶を選択

妊娠中絶20万件、最少更新 厚労省「知識が普及」

 平成23年度に全国で実施された人工妊娠中絶が20万2106件だったことが25日、厚生労働省の集計で分かった。10年度から約1万件減り、過去最少を更新した。

 母体保護法などで都道府県知事に届け出が義務付けられている妊娠22週未満の中絶件数が対象。データのある昭和30年度から減少傾向で、厚労省は「妊娠に関する知識や避妊方法の普及が影響しているのではないか」とみている。

2012年10月25日 MSN産経ニュース

 上で紹介したニュースにあるように、2011年度の人工妊娠中絶件数は20万件あまり。僕は「こんなに多いのか!」と驚いたが、これでも過去最少の数字だという。厚生労働省の統計調査「衛生行政報告例」によれば、中絶件数の調査が始まった1955年の中絶件数は117万0143件。こちらと比較すれば、2011年度の件数は6分の1ほどで、なるほど改善がなされているようだ。

 ただ、以前に比べれば出生数も減っている。そこで、「衛生行政報告例」と、厚生労働省の「平成23年(2011)人口動態統計の年間推計」を使って「中絶率」(中絶件数を、出生数と中絶数の合計で割ったもの)を算出してみた。

出生数(A) 中絶件数(B) 中絶率(B/(A+B))
1955年 173万0692 117万0143 40.3%
1961年 158万9372 103万5329 39.4%
1971年 200万0973 73万9674 27.0%
1981年 152万9455 59万6569 28.1%
1991年 122万3245 43万6299 26.3%
2001年 117万0662 34万1588 22.6%
2011年 105万7000 20万2106 16.1%

※出生数は全て暦年での数値。中絶件数については、2011年度のみ年度での数値で、その他は暦年での数値。本来は、流産や死産、あるいは「違法な中絶」なども加えて算出する方が正確だが、割愛した。

 1955年当時の中絶率は4割を超えていた。妊娠した女性の、5人に2人の割合で中絶していたのだ。にわかに信じがたいほどの数字ではないか。その後、中絶率は徐々に減少。しかし、2011年になっても16.1%という水準にとどまっている。ざっくりと言って、妊娠した女性の6人に1人は中絶という道を選んでいるわけだ。以前よりははるかにマシだが、それでも、かなりの水準ではないかと感じる。

 「衛生行政報告例」には、世代別の中絶件数も掲載されている。そこで、2011年と1961年の世代別中絶率も算出した。

2011年
出生数(A) 中絶件数(B) 中絶率(B/(A+B))
20歳未満 1万3318 2万0903 61.1%
20~24歳 10万4059 4万4087 29.8%
25~29歳 30万0384 4万2708 12.4%
30~34歳 37万3490 3万9917 9.7%
35~39歳 22万1272 3万7648 14.5%
40~44歳 3万7437 1万5697 29.5%
45~49歳 802 1108 58.0%
50歳以上 41 21 33.9%
1961年
出生数(A) 中絶件数(B) 中絶率(B/(A+B))
20歳未満 2万5218 1万4475 36.5%
20~24歳 46万9027 18万1522 27.9%
25~29歳 69万1349 30万9195 30.9%
30~34歳 37万2175 31万5788 45.9%
35~39歳 13万8158 22万5152 62.0%
40~44歳 3万3055 10万9652 76.8%
45~49歳 1572 1万3027 89.2%
50歳以上 134 268 66.7%

 25歳以上の世代では、おしなべて中絶率は下がっている。ところが、「20~24歳」と「20歳未満」では中絶率が上がっているのである。晩婚化が進み、この世代の婚姻率が低下していることが背景にあるのは確かだ。他にも、「子供を持てない」「持ちたくない」と若い世代に考えさせるような事情が、現在の日本にはあるのだろう。

 妊娠した女性の6人に1人が中絶している事実は、なかなかに考えさせられるものがある。「妊娠に関する知識や避妊方法の普及」だけではなく、出産しやすい環境を用意して中絶率を下げる取り組みをぜひ強化して欲しいと、心から感じた。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


ルーマニア人は摂取カロリーの12%をチョコで得ている

世界の雑記帳:チョコ摂取量多い国、ノーベル賞輩出の確率高まる=研究

 [11日 ロイター] チョコレート消費量が多い国ほど、ノーベル賞受賞者を輩出する確率が高い――。こんな研究結果が医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に発表された。
 チョコレート消費量とノーベル賞受賞者を輩出する確率に相関関係を見いだしたのは、米ニューヨークの病院に勤務するフランツ・メッサーリ医師。同医師はこの相関関係を、ココアやワインに含まれる抗酸化物質フラボノイドが、認知力テストで高得点を獲得することに関係するという研究から思い付き、23カ国のチョコレート摂取量とノーベル賞受賞者数の人口比を調べたという。
 その調査結果によると、最も相関関係が見られたのはスイスで、スウェーデン、デンマークがそれに続く。スイス出身のメッサーリ医師は「スイス人は平均で、1本当たり85グラムのチョコバーを年間120本食べる」と話す。

(2012年10月11日 毎日新聞)

 上の記事を見て驚いたのは、スイス人のチョコレート消費量だ。記事によれば、彼らは85g×120本=10.2kgものチョコバーを、1年で食べているらしい。
 ただし、世界一のチョコレート消費国はスイスではない。日本チョコレート・ココア協会サイトの「世界主要国チョコレート菓子生産・輸出入・消費量推移」ページによれば、1人あたりチョコレート消費量が最も多いのはルーマニア。2009年における消費量は、15.4kgにも上る。これに対し、日本は2.1kg。主要国の中では最も低い部類だ。

 食品のカロリーが一覧できるサイト「グラムのわかる写真館」によると、チョコレートは1kgあたり5570kcal。つまり、ルーマニア人は1年間に15.4kg×5570kcal=8万6000kcalを、チョコレートを通じて摂取している。一方、成人の摂取カロリーの目安は1800~2200kcalとされる。ざっくり2000kcalとすると、1年間で2000kcal×365日=73万kcal。8万6000kcal÷73万kcal≒11.8%だから、ルーマニア人は必要なカロリーの12%ほどをチョコレートから得ているのだ。

 ちなみに、総務省の「家計調査」によれば、日本人1人あたりの食パン消費量は年20kgほど。食パンのカロリーは1kgあたり2640kcalなので、日本人は20kg×2640kcal≒5万3000kcalを食パンから得ている計算になる。つまり、ルーマニア人にとってのチョコレートは、日本人にとっての食パンより大きなカロリー源というわけだ。彼の地では、チョコレートは主食に近い存在なのだろうか。

—-

 話は横道にそれる。

 新聞社は、来る日も来る日も新聞を作っている。これは、実に大変なことだ。時には、ネタが少なくて苦労する時もあるだろう。それでも、白紙のページを作るまいと彼らは努力を重ねる。
 このあたりの事情は、テレビ局も同じ。決められた放送時間を埋めるため、制作担当者は必死になって映像を撮ってこなければならない。
 ネット時代になって、「紙幅・ページ数」や「放送時間」という足かせはなくなりつつある。数十万字を費やして伝えたい記事があれば、何ページも使って語り続ければいい。オンデマンド放送なら、尺を気にせずに番組を作ることができる。紙幅や放送時間の都合でカットする必要などないのだ(「長々と語られても誰も見ねえよ」という編集上の問題はあるが)。逆に、スペースを埋めるためだけに、愚にもつかない記事や映像を垂れ流す必要もなくなる。これは、新聞社・テレビ局にとっても、読者にとっても幸せなことではないだろうか。

 ただ、「埋め草記事」の中にも、時には愛すべきものがある。上で紹介したのは、その一例だ。
 記事で紹介されているアメリカの医師は、いわゆる「疑似相関」の罠にはまっている。例えば、秋になると食欲は増す。同時に、もの悲しい気持ちになる人も増える。でも、だからといって、「もの悲しい気持ちになるのは、食欲が増したからだ!」という結論にはならない。医師が主張しているのは、その種の与太話だ。もちろん、記事の作り手にとってそのあたりの事情は百も承知。上のニュースは、こう結ばれている。

 2001年にノーベル物理学賞を共同受賞した米国人物理学者のエリック・コーネル氏は、チョコレート消費量は国の富に関連し、質の高い研究も国の富に関連すると指摘。ゆえに、「チョコレート消費量と質の高い研究に関連性があると言えるだろう。ただし、直接的な因果関係はないが」と付け加えた。

 誠にごもっとも。この結論が全てである。ただ、ノーベル賞を輩出する確率をチョコレートと結びつけるのは、罪がなくていいと思うのだ。例えば、ノーベル賞輩出率は、1人あたりGDPや教育費ともある程度の相関関係があるのだろう。また、軍事費や社会保障費ともそれなりの連動性があると思われる。でも、それらを持ち出すと、笑って読み飛ばせる記事にはならない。
 「チョコとノーベル賞」というテーマは、埋め草として素晴らしい塩梅だ。毒にも薬にもならない感じが、実に丁度いい。新聞のネット移行が進むと、この種の記事は恐らく減少するはず。でも、なんとか一定量は残して欲しいと、僕は密かに願っている。

 ちなみに、ノーベル賞の公式サイト「Nobelprize.org」によると、ルーマニア出身の受賞者は3人とさほど多くない。しかも、3人とも国籍はルーマニア以外のようだ。件の医師に伝えたら、どんな反応をするだろうか。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


日本は水泳・柔道・レスリングで全メダルの63%を獲得

【ロンドン五輪】総人口を獲得メダル数で割ると1位はグレナダ最下位インド / 日本はいったい何位?

世界的な経済誌「フォーブス」が、オリンピックに関する興味深いデータを紹介していたのでお伝えしたい。現在開催中のロンドンオリンピック2012において、メダル獲得数で1位の座についているのはアメリカだ(2012年8月10日現在)。次いで中国、イギリスという順位になっているのだが、これを総人口やGDP(国民総生産)と照らし合わせてみると、ユニークな結果が出てくるのである。

総人口で獲得メダルを割ると、1位に輝くのはグレナダ。GDPで割っても同じくグレナダだ。国としての力は弱くてもメダルを獲得できるのは、やはりハングリー精神によるものなのだろうか?

(2012年8月11日 ロケットニュース24)

 ロンドンオリンピックが終わった。いろいろなことがあったが、個人的にはとても楽しめた大会だった。

 このサイトでも、オリンピックの総括のつもりで記事を考えてみた。最初に思いついたのは、各国の獲得メダル数を人口やGDPで割ること。ところが、上のロケットニュース24記事で紹介されている通り、すでに「フォーブス」などいくつかのメディアが同種の計算をしているらしい。そこで僕は、各国の総獲得メダル数を「上位3競技の獲得メダル数」で割り、特定競技への依存度を割り出してみようと思う。

 もちろん、メダル数というものは表層的なものだ。何しろ、なでしこジャパンがチーム全員で獲得したメダルも、カウントされる数字は「1」。一方、競泳のマイケル・フェルプスのように、1人で6個のメダルを獲得する選手もいる。それらを同じ土俵の上で比較するのは、かなりの無理があるとは思う。まあ、お遊びのつもりで下の表を見て欲しい。

メダル数 メダル数の多かった競技 「依存率」
アメリカ 104個 水泳(31)、陸上(29)、体操(6) 63%
中国 88個 飛び込み(10)、水泳(10)、バドミントン(8) 32%
ロシア 82個 陸上(18)、レスリング(11)、体操(8) 45%
イギリス 65個 自転車トラック(9)、ボート(9)、陸上(6) 37%
ドイツ 44個 陸上(8)、カヌースプリント(6)、馬術(4) 41%
日本 38個 水泳(11)、柔道(7)、レスリング(6) 63%
オーストラリア 35個 水泳(10)、自転車トラック(5)、ボート(5) 57%
フランス 34個 柔道(7)、水泳(7)、自転車トラック(3) 50%
韓国 28個 フェンシング(6)、射撃(5)、アーチェリー(4) 54%
イタリア 28個 フェンシング(7)、射撃(5)、ボクシング(3) 54%
オランダ 20個 乗馬(4)、水泳(4)、セーリング(3) 55%
ウクライナ 20個 ボクシング(5)、陸上(3)、カヌースプリント(3) 55%

ロンドンオリンピック公式サイト中のデータを基に算出。「依存率」とは、「上位3競技の獲得メダル数の合計」を総獲得メダル数で割ったもの。

 獲得メダル数トップはアメリカだ。内訳を見ると、陸上と競泳だけで60個のメダルを荒稼ぎしている。メダル獲得上位3競技への依存率(以下「依存率」)は63%で、20個以上のメダルを獲得した国の中で一番高い。ただし、それ以外の競技がダメというわけではない。アメリカは、全36競技のうち21競技でメダルを獲得。これは、中国やロシア(20競技でメダル獲得)を上回って第1位だ。「広く深く」という戦略が採れるのは、さすが世界に冠たるスポーツ大国である。

 対照的なのは中国。メダル数が最も多かった競技は飛び込みと競泳だが、獲得したのは各10個にとどまる。しかし、表にある上位3競技の他にも、体操で8つ、射撃・ウェイトリフティングで各7つ、陸上・卓球で各6つのメダルを奪った。「依存率」は、参加国中最低の32%。幅広い種目で、まんべんなくメダルを取っているのである。開催国イギリスも「依存率」は3割台で低め。幅広い競技で強化を進めていたことが伺える。

 意外だったのが韓国だ。上位にはフェンシング、射撃、アーチェリーが並んでおり、国技テコンドーの名前がない。テコンドーは男女あわせて8階級あり、8人の金・銀メダリスト、16人の銅メダリストが生まれているのだが、このうち韓国人はわずか2人(金1、銀1)だけなのである。今大会、日本人柔道選手の苦戦が話題になったが、それでも全14階級で7つのメダルを取った。ひょっとすると、韓国のテコンドーの方が深刻な状況なのかもしれない。

 予想外の国同士が競合関係にあるのも発見だった。例えば韓国とイタリア。フェンシングでは、イタリアの獲得メダル数が7個で1位、韓国が6個で2位。射撃では韓国もイタリアも5個で、中国(7個)に次ぐ同率2位だった。表には載せていないが、イラン(ウェイトリフティング3位、レスリング3位)とアゼルバイジャン(ウェイトリフティング3位、レスリング2位)もなかなかのライバル関係だと言える。

 そして今大会の日本は、13の競技で38個のメダルを獲得した。競泳・柔道・レスリングへの「依存度」は63%で、これはアメリカに次いで高い。今回、過去最多のメダルを得た原動力は、間違いなくこの3種目にある。改めて、関係者の皆さんに感謝したい。

 ところで、メダル数だけを見ると、日本のスポーツ界では「選択と集中」策が進んでいるようにも見える。予算面などから見た場合、その推測は当たっているのだろうか? 詳しい人がいれば、ぜひお教えいただきたいと思う。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


ホーム > タグ > 雑多な数字

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る