ホーム > タグ > スポーツ

スポーツ

バレンティンの本塁打記録には王を上回る価値が

バレンティン54号 プロ野球記録あと1本

 ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(29)が10日、神宮球場で行われた広島20回戦の一回、前田健から左中間へ今季54号2ランを放ち、1964年の王(巨人)、2001年のローズ(近鉄)、02年のカブレラ(西武)が持つシーズン最多55本塁打のプロ野球記録にあと1本とした。

(2013年9月10日 msn産経ニュース)

 バレンティン選手の年間本塁打記録更新が、目前に迫っている。ヤクルトの残り試合数は23。故障など不測の事態が起こらない限り、記録更新は間違いないだろう。

 世間には、この記録に対して「公式球が、反発係数の低い『統一球』から『飛ぶボール』に変わったからだ」と揶揄する声もあるようだ。確かに、前年に比べて明らかに本塁打数は増えている。ボールが変わった効果は、記録更新を後押ししているのだろう。しかし、王貞治の時代に比べると球場は広くなっており、この点では現代の打者の方が不利だ。
 そこで、ある切り口から歴代のスラッガーを比較してみようと思う。それは、「12球団全体で放たれた総本塁打のうち、1人の打者の占めた割合」だ。

本塁打数(A) 総本塁打数(B) A÷B
王貞治(1964年) 55本 1383本※1 3.98%
R・バース(1985年) 54本 1997本 2.70%
T・ローズ(2001年) 55本 1802本 3.01%
A・カブレラ(2002年) 55本 1706本 3.22%
バレンティン(2013年)※2 54本 1155本 4.68%

※1……1964年当時、セ・リーグは140試合制、パ・リーグは150試合制だった。そのため、パ・リーグの本塁打数には140/150を乗じて総本塁打数を調整・算出している。
※2……2013年9月10日現在の成績

 1985年には、年間に2000本近い本塁打が生まれていた。今よりずっと「打高投低」で、本塁打が出やすい環境だったのだ。そのため、ランディ・バースが打った本塁打は、総本塁打の2.7%に過ぎない。タフィ・ローズやアレックス・カブレラも、3%強という水準にとどまっている。これに対し、1964年の王貞治は素晴らしい。彼が放った55本の本塁打は、総本塁打の4%近くを占めた。バース、ローズ、カブレラより厳しい環境で、突出した記録を残していたと評価できるだろう。
 ところが、バレンティンはさらにすさまじい。今シーズンは、総本塁打の4.68%を彼一人でたたき出しているのだ。これは実に素晴らしい値。今回の記録更新は、実に価値の高いものだと思う。今シーズンの彼を「王以上のホームランバッター」と呼んでも、違和感はないはずだ。

 さて、この切り口で見た場合、もうひとり紹介したい選手がいる。2011年の中村剛也だ。

本塁打数(A) 総本塁打数(B) A÷B
中村剛也(2011年) 48本 939本 5.11%

 この年は、統一球の影響で本塁打が激減。年間の本塁打数は1000本を割り込んだ。そんななか、48本ものホームランを放った中村は球史に燦然と輝く存在だったと思う。何しろ、彼一人だけで総本塁打の20分の1以上をあげたのだから。

 今年は故障で長期欠場が続いた中村だが、来季はバレンティンの記録を更新する勢いで頑張って欲しいものだ。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


日本は水泳・柔道・レスリングで全メダルの63%を獲得

【ロンドン五輪】総人口を獲得メダル数で割ると1位はグレナダ最下位インド / 日本はいったい何位?

世界的な経済誌「フォーブス」が、オリンピックに関する興味深いデータを紹介していたのでお伝えしたい。現在開催中のロンドンオリンピック2012において、メダル獲得数で1位の座についているのはアメリカだ(2012年8月10日現在)。次いで中国、イギリスという順位になっているのだが、これを総人口やGDP(国民総生産)と照らし合わせてみると、ユニークな結果が出てくるのである。

総人口で獲得メダルを割ると、1位に輝くのはグレナダ。GDPで割っても同じくグレナダだ。国としての力は弱くてもメダルを獲得できるのは、やはりハングリー精神によるものなのだろうか?

(2012年8月11日 ロケットニュース24)

 ロンドンオリンピックが終わった。いろいろなことがあったが、個人的にはとても楽しめた大会だった。

 このサイトでも、オリンピックの総括のつもりで記事を考えてみた。最初に思いついたのは、各国の獲得メダル数を人口やGDPで割ること。ところが、上のロケットニュース24記事で紹介されている通り、すでに「フォーブス」などいくつかのメディアが同種の計算をしているらしい。そこで僕は、各国の総獲得メダル数を「上位3競技の獲得メダル数」で割り、特定競技への依存度を割り出してみようと思う。

 もちろん、メダル数というものは表層的なものだ。何しろ、なでしこジャパンがチーム全員で獲得したメダルも、カウントされる数字は「1」。一方、競泳のマイケル・フェルプスのように、1人で6個のメダルを獲得する選手もいる。それらを同じ土俵の上で比較するのは、かなりの無理があるとは思う。まあ、お遊びのつもりで下の表を見て欲しい。

メダル数 メダル数の多かった競技 「依存率」
アメリカ 104個 水泳(31)、陸上(29)、体操(6) 63%
中国 88個 飛び込み(10)、水泳(10)、バドミントン(8) 32%
ロシア 82個 陸上(18)、レスリング(11)、体操(8) 45%
イギリス 65個 自転車トラック(9)、ボート(9)、陸上(6) 37%
ドイツ 44個 陸上(8)、カヌースプリント(6)、馬術(4) 41%
日本 38個 水泳(11)、柔道(7)、レスリング(6) 63%
オーストラリア 35個 水泳(10)、自転車トラック(5)、ボート(5) 57%
フランス 34個 柔道(7)、水泳(7)、自転車トラック(3) 50%
韓国 28個 フェンシング(6)、射撃(5)、アーチェリー(4) 54%
イタリア 28個 フェンシング(7)、射撃(5)、ボクシング(3) 54%
オランダ 20個 乗馬(4)、水泳(4)、セーリング(3) 55%
ウクライナ 20個 ボクシング(5)、陸上(3)、カヌースプリント(3) 55%

ロンドンオリンピック公式サイト中のデータを基に算出。「依存率」とは、「上位3競技の獲得メダル数の合計」を総獲得メダル数で割ったもの。

 獲得メダル数トップはアメリカだ。内訳を見ると、陸上と競泳だけで60個のメダルを荒稼ぎしている。メダル獲得上位3競技への依存率(以下「依存率」)は63%で、20個以上のメダルを獲得した国の中で一番高い。ただし、それ以外の競技がダメというわけではない。アメリカは、全36競技のうち21競技でメダルを獲得。これは、中国やロシア(20競技でメダル獲得)を上回って第1位だ。「広く深く」という戦略が採れるのは、さすが世界に冠たるスポーツ大国である。

 対照的なのは中国。メダル数が最も多かった競技は飛び込みと競泳だが、獲得したのは各10個にとどまる。しかし、表にある上位3競技の他にも、体操で8つ、射撃・ウェイトリフティングで各7つ、陸上・卓球で各6つのメダルを奪った。「依存率」は、参加国中最低の32%。幅広い種目で、まんべんなくメダルを取っているのである。開催国イギリスも「依存率」は3割台で低め。幅広い競技で強化を進めていたことが伺える。

 意外だったのが韓国だ。上位にはフェンシング、射撃、アーチェリーが並んでおり、国技テコンドーの名前がない。テコンドーは男女あわせて8階級あり、8人の金・銀メダリスト、16人の銅メダリストが生まれているのだが、このうち韓国人はわずか2人(金1、銀1)だけなのである。今大会、日本人柔道選手の苦戦が話題になったが、それでも全14階級で7つのメダルを取った。ひょっとすると、韓国のテコンドーの方が深刻な状況なのかもしれない。

 予想外の国同士が競合関係にあるのも発見だった。例えば韓国とイタリア。フェンシングでは、イタリアの獲得メダル数が7個で1位、韓国が6個で2位。射撃では韓国もイタリアも5個で、中国(7個)に次ぐ同率2位だった。表には載せていないが、イラン(ウェイトリフティング3位、レスリング3位)とアゼルバイジャン(ウェイトリフティング3位、レスリング2位)もなかなかのライバル関係だと言える。

 そして今大会の日本は、13の競技で38個のメダルを獲得した。競泳・柔道・レスリングへの「依存度」は63%で、これはアメリカに次いで高い。今回、過去最多のメダルを得た原動力は、間違いなくこの3種目にある。改めて、関係者の皆さんに感謝したい。

 ところで、メダル数だけを見ると、日本のスポーツ界では「選択と集中」策が進んでいるようにも見える。予算面などから見た場合、その推測は当たっているのだろうか? 詳しい人がいれば、ぜひお教えいただきたいと思う。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


猫ひろしさんは、日本で上位600~700番目のランナー?

東京マラソン3位・川内さん

 やったぞ、日本代表だ――。27日に行われた東京マラソン2011(読売新聞社など共催)で、久喜市鷲宮、県立春日部高校事務職員の川内優輝さん(23)(埼玉陸協)が2時間8分37秒で日本人トップの3位に入賞した。

(2011年2月28日 読売新聞)

猫ひろし、驚異の2時間37分49秒/マラソン

 東京マラソン2011(27日、新宿・都庁前発、有明・ビッグサイト着)タレントの猫ひろし(33)がフルマラソンの部に出場し、2時間37分49秒で完走、男子で101位という好成績を挙げた。このタイムは1910年代の世界最高記録に近い。猫は2010年の東京マラソンで2時間55分45秒で完走しており、昨年の記録を18分近く更新した。

(2011年2月27日 サンケイスポーツ)

 市民ランナーの川内優輝選手が、日本人トップでゴール。また、タレントの猫ひろしさんが、2時間30分台という好記録をたたき出した。今年の東京マラソンは、なかなか話題豊富な大会だったと思う。

 川内選手と猫さんの素晴らしさを伝えるため、まとめたのが下の表だ。
 現在、日本陸上競技連盟が主催、あるいは後援している男子フルマラソンの大会は7つ。2010年3月7日に行われた「びわ湖毎日マラソン」から、昨日行われた「東京マラソン」までの7大会で、2時間10分、2時間20分、2時間30分、そして猫ひろしさんの記録2時間37分49秒を切った日本人男子選手が何人いるか算出してみた。

  ~2h 10′ ~2h 20′ ~2h 30′ ~2h 37′ 49″
びわ湖毎日マラソン 0人 18人 94人 131人
長野マラソン 0人 5人 15人 31人
北海道マラソン 0人 2人 20人 38人
福岡国際マラソン 0人 11人 55人 141人
防府読売マラソン 0人 4人 21人 45人
別府大分毎日マラソン 0人 9人 33人 94人
東京マラソン 2人 22人 47人 90人
合計 2人 71人 285人 570人

 この1年間で2時間10分以内にゴールした日本人ランナーは、川内選手と、やはり東京マラソンに出場して4位入賞した尾田賢典選手だけ。日本人選手が2時間10分を切ったのは、2008年12月の福岡国際マラソン(入船敏、藤原新、佐藤智之の3選手)以来、3年ぶりのことだ。さらに、川内選手は実業団に所属していない「市民ランナー」。そのことが、彼の偉業をさらに際立たせている。

 猫さんの記録も輝かしいものだ。表に示した7大会で、猫さんより良いタイムでゴールした日本人男子選手は、延べ570人。複数の大会に出ている選手もいるため、「猫さんより速い選手」の数は、さらに少なくなる。一方、日本国内には、他にも数多くの市民マラソン大会も存在する。しかし、優勝タイムは2時間20分台で、猫さんのように2時間40分を切る選手も2ケタ届くか届かないかというケースが多い。
 これらを考え合わせると、猫さんは現在、「日本で600~700番目に速いランナー」と見てもいいのではないか? 

 ちなみに、日本プロ野球選手会の公式サイトにある「2010年シーズンの年俸調査結果の発表」ページによると、プロ野球の支配下公示選手は742人。また、東京大学サイトの「学部学生の入学状況(平成22年度入試)」によれば、同学の入学者数は3094人(こちらは女性も含んだ数字だが)。これらと比較すると、「日本で600~700番目のランナー」、かなり凄いことじゃないかと思うのだ。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


ホーム > タグ > スポーツ

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る