ホーム > タグ > 時間

時間

1日30kmペースで歩くと、日本全道路の完歩まで116年かかる

夫婦で全国69街道完歩/袋井の青島さん

 袋井市袋井でクリーニング業を営む青島政夫さん(73)と妻きみ子さん(73)が、北海道から鹿児島県まで全国の69街道約2500キロを18年かけて完歩した。途中で夫婦にがんが見つかったが、元気に歩き続けて「克服した」。後は福井県小浜市と京都を結ぶ鯖(さば)街道(若狭街道)などの枝街道を歩き、100街道完歩を目指す。

(2012年5月23日 朝日新聞)

 静岡県のご夫婦が、18年かけて2500kmを歩いたという記事。お二人は50代半ばから街道歩きを始め、73歳で69街道を歩ききったのだという。

 朝日新聞の記事では、お二人は1日12時間のペースで歩いたと紹介されている。当然、途中に食事や休憩も挟んだであろうから、平均時速は3km弱くらいだろうか。すると、1日あたりの歩行距離は30~35km程度ということになる。2500km÷30km≒80日、80日÷18年≒4.5日。つまり、ご夫婦は年に5日弱を費やし、18年間、コツコツと歩いてきたのだろう。無論、各地の街道まで移動する必要もあるから、旅に費やした時間はさらに長かったはずだ。
 今回、お二人がたくさんの街道を歩いたこと自体も、とてもご立派なことだと思う。だが、それをご夫婦で仲良く達成したのが、何より素晴らしいと僕は感じた。年に何日も、夫婦揃ってどこかに出掛ける。肩を並べ、一日中一緒に歩く。それを18年も続けたのだ。憧れるよな。

****

 日本人の中には、日本を「狭すぎる」「ちっぽけな島国」などと評する人がいる。
 なるほど、世界地図や地球儀で日本を見てみれば、確かに日本は面積の広い国ではないかもしれない。だが、もし日本を「ちっぽけ」と呼ぶなら、ドイツもイタリアもイギリスも、ベトナムもフィリピンも韓国も、全て「さらにちっぽけな国」だ。日本を「ちっぽけ」と呼ぶ人が、これらの日本よりさらに狭い国を「もっとちっぽけ」と呼んでいる姿は、あまり見たことがない。恐らく彼らは、何らかの理由で日本にケチをつけたいだけなのだろう。

 実際に歩いてみれば、日本はとてつもなく広い。例えば、国土交通省道路局のサイト「道の相談室~道移管する各種データ集」ページによれば、日本における道路の総延長距離は126万8743km。もし、1日に30kmのペースで歩けば、126万8743km÷30km≒42300日≒116年となる。1人の人間が1日も休まず一生歩き続けたとしても、日本の全道路を歩き通すのは大変なのだ。
 さらに、日本人の数は膨大だ。現時点で、日本の人口は約1億2745万人。1日に100人と知り合えると仮定すれば、日本人全員と知り合えるまでの期間は、1億2745万人÷100人=127万4500日≒3492年となる。もちろん、こんなことはどんな人間にだって不可能である。

「日本なんてちっぽけなものさ」と斜に構える人には、ぜひ勧めたい。上のニュースで紹介されたご夫婦のように、自分の足で日本を歩き、多くの人と実際に顔をつきあわせることを。そうすれば、日本が実に広い国であることが実感できるはずだ。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


テレビの平均視聴時間は15年間で9分増加

「テレビの時代」はもう終わった 視聴率トップたった18.1%と「史上最低」

 1週間のテレビ視聴率のランキングで、ワースト記録が生まれた。1位がたったの18.1%しかなかったのだ。テレビ離れは、どこまで深刻化しているのだろうか。

 産経新聞は、ビデオリサーチの数字(関東地区)をもとに「週間視聴率トップ30」を毎週まとめている。2011年10月3~9日の1位の視聴率は、「史上最低」の18.1%(笑点、日本テレビ)だった。

(2011年10月12日 J-CASTニュース)

 上で紹介したJ-CASTニュース記事は、テレビの「週間視聴率トップ30」に入る番組の視聴率が低下傾向だと伝えている。そして、これを根拠に、視聴者の「テレビ離れ」が深刻化していると伝えている。

 なるほど、1番組あたりの視聴率が下がっているのは間違いない。ビデオリサーチによれば、1995~2010年におけるドラマ部門の視聴率1位番組の視聴率と、視聴率30%以上のドラマの本数は下記の通り。

最高視聴率ドラマ/視聴率 30%以上
1995年 家なき子2/31.5% 3本
1996年 秀吉/37.4% 5本
1997年 渡る世間は鬼ばかり/34.2% 5本
1998年 GTO/35.7% 4本
1999年 古畑任三郎VS SMAP/32.3% 2本
2000年 ビューティフルライフ/41.3% 3本
2001年 HERO/36.8% 1本
2002年 北の国から2002遺言・前編/38.4% 2本
2003年 GOOD LUCK!!・最終回/37.6% 1本
2004年 白い巨塔/32.1% 2本
2005年 ごくせん/32.5% 1本
2006年 HERO/30.9% 1本
2007年 華麗なる一族/30.4% 1本
2008年 篤姫/29.2% 0本
2009年 天地人/26.0% 0本
2010年 龍馬伝/24.4% 0本

 1996、1997年には、視聴率が30%を超えたドラマが5本もあった。ところが、2007年3月の「華麗なる一族」以降はゼロ。2010年以降は、25%を超えるドラマすら出現していない。バラエティ番組などでも、同じような傾向が現れている。

 ただし、これをもって「テレビ離れ」と決めつけるのは短絡的だ。国民がテレビを見る時間は、決して減っていない。むしろ増加傾向なのである。
 NHK放送文化研究所の調査「生活時間調査からみたメディア利用の現状と変化~2010年 国民生活時間調査より~」によると、1995年当時における平日のテレビ平均視聴時間は3時間19分。これに対し、2000年には3時間25分、2005年には3時間27分、そして2010年には3時間28分だった。テレビの視聴時間は、15年間で9分間、約4.5%増えているのだ。

 では、なぜ1番組あたりの視聴率が下がっているのか。その原因は、「テレビ離れ」ではなく「多チャンネル化」に求めるべきだろう。
 (社)衛星放送協会サイトの「視聴世帯数」ページによれば、1995年と2010年の衛星放送契約者数は下記の通り。

NHK-BS WOWOW スカパー!+スカパー!e2
1995年 737万人 205万人 – ※
2010年 1567万人 251万人 362万人

※スカパー!は1995年10月開局。ちなみに、1996年度の契約者数は24万人。

 衛星放送の契約者数は、15年間で1200万人も増えた。恐らく、CATVなどを通じてテレビ番組を見ている人も増えているはずだ。当然、見られるチャンネルの数も多くなっている。従来なら「NHK2局+民放4~6局」から選ぶしかなかったのが、「BS、CSを含めた数十局」から選ぶ状況に変わっているのである。当然、1番組あたりの視聴率は下がるが、テレビ全体の視聴時間が減っているわけではない。
 僕自身も、地上波放送のドラマ・バラエティ番組を見る時間はめっきり減った。しかし、CSの専門チャンネルでスポーツ番組を見る機会が増えている。また、テレビ発の映像を、YouTubeなどで視聴することも少なくない。総合的なテレビ視聴時間は、以前とさほど変わっていないように思う。

 もちろん、テレビの置かれた状況は甘くはない。前出の「生活時間調査からみたメディア利用の現状と変化~2010年 国民生活時間調査より~」によると、若年層のテレビ視聴時間は確実に短くなっている。若い世代に限れば、テレビ離れの傾向が現れているのだ。また、チャンネル数が多くなり、視聴者が分散すれば、1番組当たりの制作費は削減せざるを得ないだろう。質の高い番組作りは難しくなる危険性が高い。
 だが、テレビそのものが持つ力は、まだまだ大きいのだ。むしろ、新聞や雑誌、ラジオといった他メディアの発信力が落ちている分、その存在感は相対的に大きくなっているのかもしれない。

 少なくとも、あと少しは「テレビの時代」が続く。僕には、そう思えるのである。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


就職人気ランキング24位だった東電は、将来の原発要員を確保できるか?

東京電力:入社式を中止…創業以来初めて

 東京電力は29日、4月1日に予定していた入社式を中止すると正式発表した。東日本大震災後、福島第1原子力発電所の事故対応や計画停電の実施などに追われていることに加え、「震災の被害の甚大さや社会的状況を考え判断した」(広報部)という。一方、震災後に技術系の大卒内定者1人が入社を辞退した。

(2011年3月29日 毎日新聞)

 東京電力はこの春、1077人の入社予定者を迎える。また、同社の2011年2月15日付けプレスリリース「平成24年度採用計画について」によると、2012年卒についても1070人程度の定期採用を予定していた。だが、今回の大震災で、採用計画は修正を余儀なくされるだろう。

 毎日コミュニケーションズが行った「2012年卒マイコミ大学生就職企業人気ランキング調査」によれば、東京電力は「理系人気ランキング」の24位に入っている。
 同調査では、上位50社について「その会社を選んだ理由」を聞いている。東京電力を選んだ理由のベスト5は、1位が「安定しているから」(28.6%)、2位が「社会的貢献度が高いから」(17.7%)、3位が「業界上位である」(11.2%)、4位が「やりたい仕事ができそう」(10.6%)、5位が「環境問題に前向きである」(6.8%)。今となっては、冗談のような結果だ。
 もはや、東京電力は「安定した職場」ではなくなった。当然、同社を目指す人は大幅に減るだろう。また、福島第1原発で作業に当たっている協力会社も、人材採用が難しくなるはずだ。

 東京電力の採用計画は、僕らにとっても重要な問題である。なぜなら、日本はかなりの期間にわたり、福島第1原発を保守・管理する人員を確保しなければならないからだ。

 現在、日本には解体作業を進めている原子力発電所が2つある。1つは、福井県敦賀市の「ふげん」。そして、もう1つが、日本原子力発電(原電)が動かしていた、茨城県東海村の「東海発電所」だ。原電サイトの「東海発電所の廃止措置」ページによれば、同原発が営業運転を取りやめたのは1998年。そして、廃止措置工事が終わるのは2021年3月の予定。運転停止から廃止まで、実に20年以上を費やすわけだ。
 東海発電所の事例を考え合わせると、福島第1原発が廃炉になるまでには数十年単位の時間がかかるだろう。その間、必要とされる作業員の延べ人数は、かなり大きなものになる。そして、彼らが抱えるリスクも非常に大きい。どうやって人員を確保すればいいのか、東京電力の経営陣は頭を抱えているはずだ。

 2011年3月29日付け東京新聞記事「『日当40万円出すから』 原発作業員 確保に躍起」などでも伝えられている通り、人員不足の問題はすでに表面化している。一方、各種報道を見る限り、東京電力の当事者能力はかなり低そうだ。安易な企業救済は嫌だが、今回は国有化によって有能な経営陣への入れ替えを図るより他に、選択肢がないのかもしれない。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


ホーム > タグ > 時間

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る