ホーム > タグ > 重さ・大きさ

重さ・大きさ

「スーパームーン」の見かけ上の直径は、普段より7.7%大きい

今夜は“スーパームーン”…大きくて明るい

 NASAの報道によると、5月5日ごろに「スーパームーン」が見られるとのこと。スーパームーンとは、通常の満月より大きく明るい満月のこと。NASAによるとこの5月の満月は、2012年の他の満月より14%大きく、30%明るいそうだ。
(2012年5月5日 RBB TODAY)

 数時間前に知ったのだが、今日は「スーパームーン」が見られるらしい。先ほど外に出てみたら、なるほど今夜の満月は大きくて明るかった。近くには土星(0等星)とスピカ(1等星)も見えたが、どちらも普段より2段階くらい暗く見えた。

 ところで、上の記事には「他の満月より14%大きい」と書かれている。これだけ読むと、大きいのは直径なのか、それとも表面積なのか分からない。また、英語版Wikipediaで「Supermoon」を引いてみると、“a full moon at perigee is 12% larger and brighter than an average full moon”とある。こちらは、「12%大きく、明るい」という表現だ。いったい、どちらが正しいのだろう?

 そこで、Wikipediaで「月」の項を確認してみた。記述によれば、月の平均公転半径は38万4400km。一方、近地点距離は36万3304kmとある。そこで、こんな図を描いてみた。

月・地球の距離と、見かけ上の角度

 月の直径(3474km)と地球からの距離が分かれば、月の見かけ上の角度が分かる。いちいち計算するのは大変なので、カシオ計算機が運営している「keisanサービス」を使い、普段と今日の満月それぞれについて、見かけ上の角度を求めてみた。
 すると、普段の満月の直径は、見かけ上の角度で0度31分4秒=1864秒になるようだ。一方、今日の満月は0度32分52秒=1972秒ということらしい。1972秒÷1864秒≒1.058だから、今日の満月は普段より5.8%だけ直径が大きく見える計算だ。また、1.058の2乗はおよそ1.12。つまり、直径が5.8%増えたことで、見かけ上の面積は12%増えることになる。これが、英語版Wikipediaの「12%大きい」の根拠なのだろう。

 というわけで、手元で計算した限りにおいては、英語版Wikipediaの「12%大きく、明るい」が正しく、NASA発表とされる「14%大きく、30%明るい」が誤っているように思えるのだが、どうなのだろうか?

【追記】
 南アフリカ天文台(South African Astronomical Observatory)の「Lunar Perigee and Apogee 2004-2020」ページによると、今回の「スーパームーン」における地球-月の距離は35万6953km。上と同様に「keisanサービス」を使ってみたところ、満月の直径は見かけ上で0度33分27秒=2007秒となった。2007秒÷1864秒=1.077なので、「スーパームーン」の見かけ上の直径は普段の満月より7.7%大きいということになる。当初、この記事には「『スーパームーン』の見かけ上の直径は、普段より5.8%大きい」という見出しを付けていたが、訂正しておきたい。

 また、1.077の2乗はおよそ1.16。つまり、今回の「スーパームーン」は、通常より16%だけ表面積が大きいわけだ。一方、NASAのニュースリリース「Supermoon 2012」には、“The perigee full moon on May 5, 2012 will be as much as 14 percent bigger and 30 percent brighter than other full moons of 2012.”とある。NASAは「2012年の他の月に比べて、『スーパームーン』(の表面積)は14%大きい」と主張しているが、これも恐らく正しいのだろう。

 ただし、NASAの「30%明るい」の根拠は、よく分からない。Wikipediaの「宇宙の距離梯子」の項によれば、天体の見かけ上の明るさは距離の2乗に反比例する。今回、月は「2012年の他の月」に比べて7%程度しか近づいていない。1.07の2乗はおよそ1.14だから、明るさも14%程度しか増えないと思うのだが……。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


震災によるがれきの量は、東京ドーム8.5個分

震災がれき:都道府県・政令市に今週、処理要請…閣僚会合

 政府は13日、東日本大震災で発生した災害廃棄物(がれき)の処理を進めるため、初の関係閣僚会合を開催した。議長の野田佳彦首相は、被災地以外で処理する広域処理について、全都道府県と政令市に受け入れを文書で要請することや、がれきを再利用し、復興の象徴的な事業として津波の防潮林や避難のための高台を整備する方針を示した。

(2012年3月13日 毎日新聞)

 震災によって発生したがれきの処理は、遅れに遅れている。上で紹介した毎日新聞記事によれば、岩手県・宮城県・福島県で発生したがれきの総量は2252万8000トン。このうち処分が済んだのは、わずか6.7%の150万8000トンに過ぎない。残ったがれきは、2252万8000トン-150万8000トン=2102万トンだ。

 ところで、「がれき2102万トン」とはどのくらいの量なのだろうか。国立環境研究所サイトの「東日本大震災関連ページ」に掲載されている資料「災害廃棄物の重量容積変換について(第一報)」によれば、がれき(搬出・処分時)の比重は1立方メートルあたり2.0トンと見積もられている。2102万÷2.0≒1050万だから、がれき2102万トンは容積に直せば約1050万立方メートルというわけだ。
 東京ドームの容積は124万立方メートル。1050万÷124万≒8.5だから、震災で発生したがれきは東京ドーム8.5個分に相当する。また、仮にがれきを深さ1メートルの穴に埋めて処分する場合、必要な敷地は1050平方メートル=10.5平方キロメートル。これは、荒川区(面積10.2平方キロメートル)に匹敵する広さだ。これだけのがれきを被災地だけで処分するのは、とても難しいことだろう。

 がれきの処分を、日本全体で分かち合わなければならないことは、ごみの最終処分場の状況からも伝わってくる。環境省の報道発表資料「一般廃棄物の排出及び処理状況等(平成21年度)について」によると、2009年度末時点でのごみ最終処分場の残り容量は、日本全体で1億1604万立方メートルだ。
 もし被災3県が抱える最終処分場が、3県の人口(日本全体の4.5パーセント程度)に比例しているとすると、その容量は520万立方メートル程度と推測できる。全てのがれきが最終処分場で処分されるわけではないが、それでも「1050万立方メートル」に比べると、やはり少ない。

 どこをどう考えても、がれきを被災地だけで処理することは難しそうだ。やはり、日本全体が分に応じた負担をするしかない。ただ、どうしてもがれきの受け入れを拒否する自治体もあるだろう。
 その場合は、受け入れを拒否する代わりにその自治体の地方税を高くし、その分を被災地支援に回すなどの仕組みを作る方法が考えられるだろう。「カネで安全を買う」ようで、個人的には好きになれないやり方だ。しかし、皆が妥協できる着地点としては、十分に考えられるのではないか。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


深さ2mの雪が落ちた際の重みは、自動車1台分に匹敵

雪に埋もれ男性死亡/青森

 4日午前1時40分ごろ、青森市浪打2丁目の店舗兼住宅に住む女性(72)から「屋根から落ちた雪に人が埋まっているかもしれない」と119番通報があった。

(2011年2月4日 東奥日報)

 今年の雪害は、本当に深刻だ。

 消防庁の「平成22年版 消防白書」によれば、2000~2009年の雪害による死者数は439人。年平均で44人の方が亡くなっている。ところが、消防庁の災害情報「今冬(平成22年11月から平成23年2月3日まで)の雪による被害状況等(速報値)」によると、この冬は2月3日の段階で、既に96人の方が犠牲になった。他にも、1130人が重軽傷を負っている。

 上で紹介した東奥日報記事も、やはり雪害による悲劇を伝えている。記事によれば、亡くなった方は、軒下に積もった約2メートルの雪の中から発見された。
 北国出身の友人に言わせれば、雪は恐ろしいほど重いのだそうだ。だが、暖かい地域で生まれ育った僕には、雪の怖さが実感できない。そこで、僕をすっぽり覆い隠すほどの雪が、屋根から落ちてきたと想像してみる。雪は底面が2メートル×1メートル、高さ2メートルの直方体だと仮定しよう。
 気象庁サイトの「気象等の知識~積雪計/障害事例と対策」ページには、「長期的に積もった雪の比重は、0.2~0.4程度」とある。つまり、雪の重さは2メートル×1メートル×2メートル×0.2~0.4=0.8~1.6トンだ。
 0.8トン(=800キログラム)といえば、スズキのワゴンRといった軽自動車並みの重さだ。1.6トン(=1600キログラム)なら、ホンダのステップワゴンなど、ミニバンクラスの重量に匹敵する。なるほど、こんなに重たいものが屋根の上から落ちてきたら、僕などひとたまりもあるまい。

 今日は立春。北国が豪雪に悩まされる時期も、そろそろ終わってくれるといいのだが……。

—-
※2つのブログランキングに参加中です。下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ

—-


ホーム > タグ > 重さ・大きさ

注意書き
 このサイトはリンクフリーです。個別記事への直リンクも問題ありません。引用については、ルールの範囲内でどうぞ。
 記事に誤りなどがあれば、コメント欄、または書き手についてページ内のメールフォームを使ってお教えいただけると、大変ありがたいです。
 初めてコメントをご投稿いただく場合、管理人の承認が行われるまで表示されないことがあります。時に、承認まで数日かかることもありますので、あらかじめご了承ください。
書き手について、他
検索
過去に書いたこと
ブックマークとRSS

全ての記事(RSS2.0)
全ての記事(Atom)
全てのコメント(RSS2.0)


過去につぶやいたこと
つぶやいたこと

ページの上部に戻る